メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 第4回日本GP「ポルシェ 906 カレラ6 #8」VS「ニッサン R380A2 #10」

<<   作成日時 : 2007/02/06 19:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

日本GP / 生沢徹コレクション」第三弾は、1967年第4回日本GPでデッドヒートを演じた「ポルシェ 906 #8」&「ニッサン R380A2 #10」、EBBRO製1/43の2台です。

ポールポジションから逃げる生沢徹選手(以下 テツ)「ポルシェ 906 #8」を、ジワジワ追い上げる高橋国光選手(以下 クニさん)の紅い「ニッサン R380A2 #10」。
テール・トゥ・ノーズのまま迎えた運命の18周目S字カーブ、テツが痛恨のシフトミス!
強烈なエンジンブレーキと共にリヤタイヤがロック、スモークをあげスピンアウト!
きわどく追突を避けたクニさんも、堪らずコースアウト。

両車エンジンストール後、先に再スタートしたのはテツのポルシェ。
クニさんのR380は30秒以上遅れてコース復帰、その後鬼神の追い上げを見せるものの、60周レースの最初にチェッカーを受けたのはテツでした。



第4回日本GPには様々な伏線があり、それらを知っていると尚一層感慨深いので、Amazonで買える三栄書房「日本の名レース100選 '67 第4回日本GP」購読をお奨めします。

前年の日本GPでライバルをブロックする悪役に廻り、プリンス自動車悲願の優勝に貢献したテツはその後“退社”、ヨーロッパ武者修行。
海外での活動資金スポンサー獲得の為、日本GPへ旧プリンス(ニッサン)チームから出場するつもりで帰国したテツは、日産自動車から門前払いされます。
メーカー合併によるレーサー過剰、年功序列社会(!)のメーカーチームでは、テツが乗るマシン(R380A2)が無かったのです。




その時、ニッサンはただ門前払いしたのでなく、自社のGP優勝をより確実にする為、
(レースに出なくとも、十分な契約金は払う)
テツのテクニックはやはり認めざるを得ず、他社でライバルにするより“飼い殺し”策をオファーしたのです。




国内のビッグレースに出場しなければ広告価値が無く、スポンサーも獲得出来ません。
途方に暮れるテツに、ある人物が声を掛けます。
親友だった“故浮谷東次郎”の父君、浮谷洸次郎氏です。
当時“ポルシェ・クラブ・ジャパン会長”洸次郎氏の仲介で、ポルシェ輸入総代理店“ミツワ自動車”のショールームに飾られていた(!)「906」に乗る事が出来たのです。
“1年落ち”のマシンでした。




それまで敵だった(笑)ポルシェ陣営に加わり、物量共に強大化するワークスチームに戦いを挑んだテツは見事“第4回日本GP”覇者となり、名実共に時代のヒーローになりました。

レース終了後、TVカメラの前で差し出される大会スポンサー「コカコーラ」を払いのけ、美味そうに「ペプシコーラ」を飲み干すテツ。
今ではF1唯一のコントロール・タイヤに選ばれるブリヂストンが、実質、初めて作ったレーシングタイヤに手を焼きながら(耐久性重視であまりに硬く、グリップしなかった)、インタヴューで褒め称えるテツ。
ミツワ自動車から契約金なしでマシンに乗り、自ら獲得したスポンサーを大事にするプロフェッショナルな彼の態度に、スポンサー達は感激したそうです。




モデル化されているだけで感謝の気持ち一杯ですが、両車とも納得のEBBRO品質です。
「ポルシェ 906 #8」の室内、「ニッサン R380A2 #10」のホイールから垣間見えるディスクブレーキなど、素晴らしい再現性に大満足。

やっぱり1/43は捨てがたい・・・(^^ゞ






その他の話題はインデックス・ページへ


日本の名レース100選 VOL.009 (サンエイムック―AUTO SPORT Archives)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。カレラ6で検索していて、ここに来ました。
カレラ6大好きです。あの「テツ」のシフトミス!エンジンが掛かったのも奇跡ですが、よくオーバーレブ=エンジンブローにならなかったのが奇跡です。
質屋 かんてい局 横浜 港南店 店長
URL
2009/08/19 07:29
こんにちは、店長さん。

テツのシフトミスは、その後も重要な場面で度々起きましたね。
故意と言われた事もあったようですが、オーバーレブで自分がリタイヤする可能性高い分けですから、それはあり得ない・・・(^_^;)

また、コメントお待ちしてます。
moonwalker
2009/08/19 13:31
カレラ6、いいですね。劇的な生沢徹の優勝、酒井正の、同じ車での、クラッシュ、テレビを、くいいる要に、見ました。
田宮模型の、スロットルーカーも、作って
遊びました。今でも持ています、
ミニカーもいいですね。ラジコンマニアなので、富士スピードウェイと、同じ
30度バンクの、サーキットを作る。計画で、います。その時は、叉登場します。
このページありがとうございます。
新松戸の老青年
2012/07/02 12:49
こんにちは、新松戸の老青年さん。
粗い画像&中途半端な内容がちょっと恥ずかしい5年も前の記事にコメント頂き、ありがとうございます。

>30度バンクの、サーキットを作る。計画で、います
食いつきますよ!実に気になる。
続報期待してます。
moonwalker
2012/07/02 14:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第4回日本GP「ポルシェ 906 カレラ6 #8」VS「ニッサン R380A2 #10」 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる