メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS DTM 2005「アウディ A4 #18 カペロ」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2007/09/01 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



シングルフレームグリル導入前、A4マスクはこんなでした。
ちと、古臭いか?
ちなみに、基本的ボディラインは07年型も変わりません。

ドイツを代表する重電機企業シーメンスが2005年スポンサードした、
Audi A4 DTM/DTM 2005-R.Capello #18」MINICHAMPS 1/43。



DTMでは、参戦メーカーからすべて新型マシンが供給されるわけでなく、3年落ちのマシンまで各メーカー同数(最新型4台/1年落ち4台/2年落ち2台等)を出走させます。
このマシンは、ひとつ型落ちの04年型でした。

05年型と(グリルを除き)外観上最大の相違点は、サイドスカート前半、整流板(?)の有無。
フロントタイヤ側にザックリ抉られたもの凄いエア・アウトレットの存在は、市販車と同じ位置にドライバーズシートを置いたら、正座するしか足の置き場が無い状態 (-_-;)



やはりトカゲルックですが、05年型とは微妙に形状が異なります。
較べて見てください。



ドライバーだったリナルド・カペロは2005年シーズン限りでDTM参戦を止め、アラン・マクニッシュとのコンビで「アウディ R10 TDI」を駆り、見事2006年ALMS(アメリカン・ルマン・シリーズ)チャンピオンを獲得しました。
また、2004年には、チーム郷・エントリーの「アウディ R8(荒聖治/トム・クリステンセン/リナルド・カペロ組)」で、ルマン24時間レースに優勝しています。



右リアウィンドウ部分に設けられた燃料給油口も、05年型以降と位置が若干異なります。



最初はMBのCクラスDTMマシンに興味持ったのですが、A4も段々と・・・(^^ゞ

DTMでは2005年から「MB vs AUDI」一騎打ちが続いてます。
え?それ以外は無いのか、と?





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DTM 2005「アウディ A4 #18 カペロ」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる