メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 1975「911 ターボ」EBBRO 1/43

<<   作成日時 : 2007/11/25 00:29   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0



ポルシェ初の超弩級スーパーカー、通称“930ターボ”、
Porsche 911 Turbo 1975」EBBRO 1/43。

11月新製品2色からブラウン(茶メタ)をチョイス。
何故か、特徴的なリアフェンダー前プロテクターが無い・・・仕様?



一世風靡した“ポルシェ・パターン”アルミ鍛造ホイールが懐かしい (T_T)
伝説のピレリP7は、元々このクルマ用に開発された、超扁平高性能タイヤの先駆けでした。

1973年フランクフルトショー・デヴュー。
75年市販開始された注目の心臓部は“空冷水平対向6気筒3Lターボエンジン”、最高出力260馬力・・・冒頭、超弩級スーパーカーと書きましたが、現在の「スバル インプレッサWRX STI(308馬力)」以下 (^^ゞ
それでも、どちらかと言えば切れ味鋭い“ライト級”スポーツカーの代名詞だったポルシェが、初めて“(ジュニア?)ヘビー級”挑戦したのが“930ターボ”。



対米輸出用大型バンパー装備「930型」ボディを基本に、景気よく張り出したオバフェン&リアスポ。

今でも結構インパクトあるスタイルだと思います (^^♪



太いシングル出しマフラーが印象的な後姿。

この角度から見ても、エブロさん良い仕事してます。



恒例の反則技、裏側画像。

935ほどでは無いにしろ、一応表現してます。
銀色のクランクケースど真ん中ネジはご愛嬌として、エキゾースト&マフラー(無彩色プラパーツ)取り回しが良く分かります。



当時の、ハッタリばかりでひ弱なイタリアンスーパーカーと一線を画す、質実剛健な逞しさを見事に再現。
これぞ、アウトバーンを200km/h以上巡航でぶっ飛ばす、ドイツ流“ビジネスマンズ・エキスプレス”。

レーシングカーの派手さは無くても、記憶に残したいコレクションの1台、かな (*^_^*)





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1975「911 ターボ」EBBRO 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる