メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS LeMans 1986「ポルシェ 956 タカキュー #7」Spark Model 1/43

<<   作成日時 : 2008/01/19 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



1986年ルマン24時間レースの半分、スタートから12時間目にエンジントラブルの為、196周でリタイヤしたヨーストレーシングのKlaus Ludwig/Paolo Barilla/"John Winter"(Louis Krages)組、
Porsche 956 #7 LM 1986」KB/Spark Model 1/43。

これも国際貿易(KB)特注モデル。



“タカキュー”最後の956。翌年は962Cへスイッチ。

正確に言うと、前年までの“NewMan”ロゴが“Taka-Q”ロゴに変わりました。
ブランドアピールから当時流行のCI(コーポレート・アイディンティティ)へ、タカキューが戦略変更。



テールに描かれたとおり、この年はサブスポンサーにICIが加わりました。

エンジンは前年同様、水冷ヘッドを持つDOHC・フラット6・2.65L・ツインターボ「935/82型」をミッドシップ。
でも、これがトラブっちゃった訳です (^_^;)



タイヤ・メイクが85年のダンロップから、グッドイヤーに変わってます。

その他、85年と較べて見ると、ボディサイド下半分が白塗装に。
白い部分はデカール貼なんですが・・・#7前方、少し欠けてるじゃん!(T_T)



モデルの出来は文句無しなスパーク製956/962Cシリーズ。
これで“タカキュー”ルマンカー、'85・'86・'87の3年連続分揃いました。
と、なると、お次は当然・・・(*^_^*)





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LeMans 1986「ポルシェ 956 タカキュー #7」Spark Model 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる