メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アストンマーティン V8 ヴァンテージ 2005」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2008/02/15 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





一昔前まで、貴族以外には売らなかったと言われるアストンマーティン。
ドイツ車とはまた一味違う、引き締まった筋肉質なボディシェイプの「V8 ヴァンテージ」のハンドメイド・アルミボディに隠されたその中身は・・・オーソドックスなFRながらトランスミッションをリアデフと一体化した、重量バランスに優れるトランスアクスル・レイアウト(日産GT-Rも同様)を採用し、ボンネット下にフロントミッドシップされた4.3L・V8・DOHCエンジンは、外観に負けない380馬力を絞り出すスポーツ心臓。
今、金額に関係なく好きなクルマ(実車)を1台買えるとしたら・・・ヴェイロンでもエンツォでもロールスでも911でもヴィッツでもなく、もちろん貴族でもない私が、本音で選ぶクビったけな1台が、コレ (*^_^*)

普段あまり買う機会の少ないロードカー・モデルですが、実は、記念品用にプレゼントしたオートアート製1/18「アストンマーティン V8 ヴァンテージ(シルバー)」の出来が物凄く良くて後悔したんです (^^ゞ
前後とも切り詰められた短いオーバーハングが特徴的な、端正と言う言葉以外思い浮かばないスタイルと曲線美!
コレクション上の理由から1/43を物色すると、ミニチャンプス(PMA)から過去色違い発売されており、内訳はグッドウッド・グリーンとブルーメタが各2,016台、イエロー3,333台、ブラックが5,040台でした。
トータル販売台数は多い方だと思いますが、ブラックを除き、現在店頭入手は殆んど期待できないほど不思議な人気があり、「限定ホワイトVer.」も発売予告されてます。
運良く「グッドウッド・グリーン」を発見成功、購入しましたが・・・正直、フォルム&モールドがイマイチ (-_-;)
特に、ミニチャンプスに文句を言いたい最大の不満は、何故、左ハンドル仕様? _| ̄|○
ドイツ仕様が左ハンドルでも、英国車は右ハンドルでこそ“本物”の価値がある!!!

それでも、7本スポーク・ホイールの素晴らしい造形と、後姿が魅力的なグリーンの「アストンマーティン V8 ヴァンテージ」はお気に入りです (^^♪









MINICHAMPS 1/43
Astone Martin V8 Vantage / Goodwood Green




その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「アストンマーティン V8 ヴァンテージ 2005」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる