メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フェアレディ Z Ver. nismo 2007 Z33」EBBRO 1/43

<<   作成日時 : 2008/06/11 00:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


珍しく購入した現行型国産市販車、エブロの5月発売新製品。
でもね、一応カタログ・モデルだけど、単なる“吊るし”じゃない、日産&ニスモ共同企画によるオーテック製作の特別な「Z」。

NISSAN FAIRLADY Z
Version nismo 2007
EBBRO 1/43





エブロさんから「シルバー」「ホワイト」「レッド」3色発売されたんですが、実車カタログ・イメージカラーらしき「シルバー」をチョイス。
画的にも映えそうだし (*^_^*)

スーパー耐久/SUPER GTからフィードバックされた“マイナス・リフト”発生するロングノーズ、ディフューザー整形大型リアバンパーとリアウイングによる「エアロ・チューン」が外観的特徴ですが、さらに凄いのが中身。
エンジン関係は耐久性を考慮したVQ35HR型ノーマル・エンジン(V6 DOHC 3.5L 313馬力)+抜け重視の低排圧マフラー換装基本のライトチューンながら、超ハイグリップタイヤ(ポテンザ RE-01R)性能を活かすボディ強化を目的に、次の4項目で剛性アップ。
1.溶接点数増加
2.補強バー追加
3.補強パネル追加
4.YAMAHA製パフォ−マンスダンパー追加
もちろん、この他にサスペンション・リセッティングが施されます。
詳細は「nismo HP」で・・・私は日産の営業マンか?(^^ゞ


S30、S130以来復活したボンネット“パワーバルジ”が、2007年型以降の特徴。
プレスライン2本溝だった初期型より、力強さが断然違って見えます。
よく見ると、リップスポイラー張り出しも結構大きい。

今、一番“Zらしい”「Z」の姿 (^^♪



標準型Zと較べると、段違いの迫力。
特に後方からのアングル、メッシュ部分とディフューザーを組み合わせた大型リアバンパーは圧倒的な差を醸し出します。
エブロの出来は画像からご判断頂くとして、前述「メッシュ」が本物、或いは抜けていれば、もっと満足度高かった筈。

個人的意見ですが、Zの存在価値を考えると「Ver. nismo」程度の外観は最早必須、と思います。
あああ〜、それにしても、本物欲しい!(T_T)





その他の話題はインデックス・ページへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「フェアレディ Z Ver. nismo 2007 Z33」EBBRO 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる