メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポルシェ 911 GT3 RS Type997」AUTOart 1/43

<<   作成日時 : 2008/07/26 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


評判芳しくなかった「996」の“涙目”から、911本来の“丸目”に戻した現行「997」。
その中でも2006年秋に登場した、最もスパルタンな軽量スポーツ仕様「GT3 RS(レン・シュポルト)」は大のお気に入りです。
BMW 2002 ターボ」の出来があまりに良かったので、オートアート製モデルの購入決断しました。

Porsche 911(997) GT3 RS
Silver / Orange
AUTOart 1/43





ホイール/ボディストライプ同色オレンジに塗られ再現された、とっても目立つブレーキ・キャリパーがチャーム・ポイント (^^♪

「GT3」より44mm拡大されたリアフェンダーとそのインサイド、前後サスペンションも大幅にセッティング変更されました。
実車はマテリアル変更により、更に20kgの軽量化に成功。
3.6L水平対向6気筒DOHCエンジンのスペックは、ハイレスポンスな軽量フライホイール換装以外、415馬力の最高出力など基本同一。
ただし、6速マニュアル・ミッションを更にクロスレシオ化するなど、加速性能は1/10秒単位で微妙に向上しています。


このボディにシルバー・カラーは地味すぎますかね (^^ゞ
オレンジに黒帯Ver.の方が良かったかも。

そう言えば、最近になって自動車評論家の先生たちが口を揃え、ノーマル「カレラ」や「ターボ」以外のスポーツ仕様911“乗り心地酷評キャンペーン”始めましたね (^_^;)
これも、乗り心地と走行性能を高い水準で両立させた「NISSAN GT-R(R35)」が新たなベンチマークとなり、過去の“911マンセー神話”呪縛から開放された証しでしょうか。



オートアート製1/43「911(997)」、出来具合は可もなく不可もなく及第点です。
なんか特徴に乏しいと言うか、デフォルメなどの個性が感じられず、結果、少々インパクトに欠ける感じ (-_-;)
レーシング仕様なので直接比較はハンデあるけど、ミニチャンプス製「ポルシェ 911 GT3 2006 #96」ガルフ・カラーはすごくカッコよく見える。

結構、オートアートに対する期待が大きく、高望みしすぎたようです・・・反省。





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
おぉ、これが噂のGT3 RSですか!確かに、オートアートのはこれといって特筆すべき部分がないんですよね。買った後にときめきというか満足感があまりなかったです笑
せめて重量感がもっとあれば、それだけでも印象が変わると思います。RSはわかりませんが私の持っているGT3は軽すぎます・・・
HIROKI
2008/07/26 23:53
こんばんは、HIROKIさん。
毎日蒸し暑いですね。

>私の持っているGT3は軽すぎます・・・
それは禁句!(^^ゞ
コレも同じですよ。

カッコは色の影響も大だと思います。オレンジの方がもっとらしかった筈。
でも、オートアート製品は良い出来ですね。
moonwalker
2008/07/27 01:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ポルシェ 911 GT3 RS Type997」AUTOart 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる