メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS LeMans 1989「ポルシェ 962C GTI #14」Spark Model 1/43

<<   作成日時 : 2008/08/23 02:25   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


久々のスパーク製品購入は、8月発売されたばかりのKB(国際貿易)モデル。
基本的に日本国内限定販売モデルなので、今時、タバコ広告規制の影響でほとんど欧米先進国では販売不可能な「CABIN」ロゴを堂々貼付済みな、国として非常に民度の低さをアピールする商品。
実際、カスタマイズの手間要らずで嬉しいんですが・・・(^_^;)

Porsche 962C GTI #14 CABIN
Derek Bell - James Weaver - Tiff Needell
LM1989
KBS042 Spark Model 1/43





名称に「GTI」と付いてますが、れっきとした「C1」クラス・マシンです。
この名の由来は一体何なんでしょう?
結構豪華メンバーなドライバー陣による戦績は、21時間339周でリタイヤ。

個人的趣味から云うと、スタイルはかなり微妙 (-_-;)
後輪スパッツ、切り落とされたショートテールと独立型ウイングに、表情がまったく変わったフロント廻り・・・こりゃあ、オリジナルの956/962Cとは別物ですね。


こうして見ると、まるで“走る弁当箱”。
今回のスパーク製品クオリティは、バックミラーが少々垂れパンダ気味なのを除けば、特に問題ありませんでした。
早速、画像撮影後に修正。
将来の劣化が心配なデカールも、概ねズレなく綺麗に貼られてます。



先日購入したエブロのダイキャスト製「956」と較べると、造形面でのレジン製アドバンテージは感じられなく、むしろコストパフォーマンスからすると、最近のスパーク製品(ミニマックス製)の小刻みな値上げは法外な領域に入ったと感じます。
残念ながら予約を含め、今後当分の間、スパーク製品の購入予定なくなりました(T_T)





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
キャビンカラー懐かしいですね。
といっても、私にはキャビン日産R90Vのイメージのほうが強いですが。。。

さて、962GTIですが、レーシングオン誌などから総括すると。。。
ご存知のとおり962系は市販車ですから、売った先すなわちレーシングチームで様々にモディファイされるわけですが、その中でもイギリスのRLRリチャード・ロイド・レーシング(GTIエンジニアリング)のモディファイ(ノーズ形状の見直し、リアウィングの独立、フロントサス変更、モノコック改造など)が非常に秀逸で、ポルシェ本社も認めた改造車という意味でRLRの962Cを962GTIと呼称することになった、という経緯らしいですネ。
350GTS
2008/08/23 17:01
こんばんは、350GTSさん。

いつも情報ありがとうございます m( _ _ )m
資料にしているデータのエントラント名「Porsche 962 C GTi (RLR)/Richard Lloyd Racing」がイコール「GTIエンジニアリング」と言う関連を知りませんでした。お恥ずかしい限りです (^^ゞ
これと同型マシン、日本のJSPCでも走ったんですね。

ボディカラー同様の炎上リタイヤがなんとも・・・。
moonwalker
2008/08/23 18:34
通りすがりです
ロイドさんは今年の春先に飛行機事故で亡くなられました
自身もル・マンで2位になったこともあるレーサーだったのですが。
piquet
2008/12/22 09:19
はじめまして、piquetさん。

>ロイドさんは今年の春先に飛行機事故で亡くなられました
知りませんでした。ご冥福をお祈りします。
情報、ありがとうございます。
また、コメントして下さい。
moonwalker
2008/12/22 12:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LeMans 1989「ポルシェ 962C GTI #14」Spark Model 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる