メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS DTM 2007「AMGメルセデス Cクラス #1 シュナイダー」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2008/08/27 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ミニチャンプスから8月発売された待望のDTM新製品、帝王「ベルント・シュナイダー」2007年シーズン・マシン。
前年度(2006年)DTMチャンピオンの証、栄光のゼッケン「#1」がカッコよすぎ!(*^_^*)

Mercedes C-Class #1
DTM 2007
Team AMG-Mercedes
B.Schneider
MINICHAMPS 1/43 400-073701





見事なまでの“銀ピカ”ボディは、正直、同時リリースされた緻密で驚嘆する転写技術の全身カーボン柄仕様「DTM2007 C-Class #1 ハッキネン」より良いかも・・・(^^ゞ
一部デカール貼(ゼッケン&サイドスカート・ロゴ等)以外、タンポ印刷を駆使したグラフィックも驚異の一言。
ますます進化してます、ミニカーの世界。

オリジナル車種の原形を残しながら、最新の空力デバイスを施された現在のDTMマシン(1年前だけど)の過激で魅力的な姿が良く分かります。
ドイツおよびEU圏内で、F1に次ぐ人気モータースポーツである理由の一つでしょう。


今年44歳の帝王「シュナイダー」は、2006年、2戦で勝利を飾ると共に、自身5度目(!)となるDTMシリーズ・チャンピオンに輝きました。
40を超えるDTM通算勝利数はダントツNo,1であり、今季から初挑戦中の元(?)F1パイロット「ラルフ・シューマッハ」が未勝利なのは言うに及ばず、元ワールドチャンピオン「ミカ・ハッキネン」でさえ3シーズンで2勝を挙げるのみでしたから、その偉業をご理解頂けると思います。

ドライバーの速さだけでなく、F1以上に緻密で迅速なピットワーク(レース中2回のピットイン&燃料補給義務あり)、メーカー・チーム(メルセデスvsアウディ)同士の暗黙のオーダーと連係プレー、そして箱車だから可能なギリギリのラフ・プレーなどが複合的に絡み合う、高度な戦術と作戦無くして勝てないスプリントレースの世界は、TV映像ですら一度観たら病みつき間違いなしです。
具体的一例を挙げると、給油とタイヤ4本交換のピットストップ静止時間、トップチームはなんと3秒フラット!前回7/27「Round7 ニュルブルクリンク」でエクストロムのアウディ・チームが記録してました。どのチームも、ミスが無ければ4秒前後が普通です。これは、給油量に違いがありますが、F1の1/2以下の静止時間です。
DTMと較べると、ホント、SGTが耐久レース並みにノンビリ見えちゃいます・・・それはそれで良いけれど (^_^;)



ミニチャンプス(PMA製)のDTMシリーズは毎度ながら力作で、ホントに感心します。
ボンネット上に描かれた“破れて露出したV8エンジン”素晴らしい!そして、細々再現された室内にも大満足。
だからこそ、フロントグリル桟奥の墨入れして欲しかったぁ〜 (T_T)

多くのWebショップで、「DTM2007 C-Class #1 ハッキネン」より先にSoldOutしたのが分かる逸品。





その他の話題はインデックス・ページへ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
言われてみればライト周りはこちらの方が良いかも・・・
微妙な角度の問題かな?

さて、ライトと言えばアウディA4の新型も気になりますね〜
楽しみです。
naka
2008/08/27 01:33
こんばんは、nakaさん。

微妙にボディカラーとのマッチングのせいだと思いますが、ライト周辺がスッキリ見える気が・・・(^_^;)
ポリッシュ・シルバーの#1もかなりイケてるので、コレクション如何でしょう?

>ライトと言えばアウディA4の新型も気になりますね〜
LED睫毛をどう表現するのか、待ち遠しいですね〜 (*^_^*)
monwalker
2008/08/27 02:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DTM 2007「AMGメルセデス Cクラス #1 シュナイダー」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる