メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士SW 1977「ランチア・ストラトス・ターボ・Gr.5/星野一義」京商 1/43

<<   作成日時 : 2008/10/01 01:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


かれこれ予定から遅れること1年、ほとんど忘れていた8月末に発売されちゃった再販商品。
ホントに単なる再販ぽくて、今の平均レベルからすると「トミカ リミテッド」並クオリティじゃ、おじさんショックです (T_T)
価格を考えるとしょうがないかなぁ・・・。

LANCIA STRATOS Turbo GROUP 5 #539
1977 Fuji Speed Way
フォーミュラーチャンピオンレース・アトラクション/星野一義
京商 1/43





詳しい経緯は不明ですが、1977年ジーロ・デ・イタリアを制した「#539」優勝マシンそのものを日本へ空輸して、同年開催されたフォーミュラーチャンピオンレースのアトラクション「スーパーカーVSレーシングカーショー」に、当時“日本一速い男”星野一義がドライブした異端のグループ5仕様ストラトス。
ドア部にあるネームも「サンドロ・ムナーリ」のまま。

ストラダーレ(公道仕様=市販車)とラリー仕様の縦横比は絶妙ですが、恐ろしく分厚いボディ・ラインと、薄すぎるチョップド・ルーフ(?)・・・コレはちょっと (^_^;)
せっかくのアリタリア・カラーが泣きます。


外箱内側にセットされる、星野一義サイン(印刷)入り背景兼ミニ・パンフ。
スペースは十分あるし、もう少し丁寧な実車解説あっても良いような・・・(-_-;)


そう言えば、先日アリタリア航空は破産申請しましたね。
価格競争と燃料費高騰などが要因とは言え、イタリア政府が株式の49.9%所有するナショナル・フラッグでも淘汰される、そんな厳しい時代に生きながら、せっせとミニカー蒐集に励む私の存在価値とは・・・ (?_?)

親会社フィアットが「131・アバルト・ラリー」でWRC参戦する“オトナの事情”で、ランチアは行き場を失ったストラトスの活路をサーキットに見い出し、ラリー用2.4L・V6・エンジンのヘッドを3バルブ化、クーグルフィッシャー製フューエル・インジェクションとKKK製ターボを組み合わせ、最高出力530馬力を絞り出すチューンを施しました。
そして、名手サンドロ・ムナーリのドライブでジーロ・デ・イタリア優勝した「#539」は、先鋭的な空力モディファイと高速安定性を増す為のホイールベース延長により、オリジナルからかけ離れた異形の外観へ変貌を遂げたのです。



再販でなく、新規金型による製品企画は京商さん社内で無かったんでしょうか?
“抜けてない”フロント・カウル上面スリットや、京商さん名物“厚塗り”塗装が惜しいです・・・せっかくの珍車なのに。

こうなったら、あと出しジャンケン上手なhpiさんに期待して、気長に商品化を待ちましょう !(^^)!
無理かなぁ・・・。





その他の話題はインデックス・ページへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
moonwalkerさん こんばんは。
やはりこれは単なる再販品でしたか。店で目にしたとき、価格が値上がり前と変わってなかったのでどうかなとは思っていたんですが。しかし出来はどうであれ人気商品のようですねこれ。売り切れの店舗も少なくないようです。

>あと出しジャンケンが上手なhpiさんに期待して
確かに!笑 hpiは商売うまいですからねぇ、ストラトスターボが人気と見るや、出してくる可能性はあります。
HIROKI
2008/10/01 23:58
こんばんわ。

moonwalkerさんも買われておりましたか。
お互い、ストラトスとかアリタリアとか聞くと、自然に反応してしまう世代とゆーことでしょうか(笑)
私的には「厚塗り」はそれほど気になりませんでしたが(Mr.クラフトのボテ塗り完成品で毒されましたかね)、フォルムの解釈の古さはいかんともしがたいですね(原因はフロントウィンドが傾斜しすぎ、ですかね)
まぁ、もともと1999年に発売された製品の焼き直しですから。
因みに、品番から見ていくと新品番が設定されて純粋な再販ではないですね。
03141Aが、アリタリアカラーでジーロデイタリア走った車輛そのもの。
03141Bがピレリカラー#10号車(参戦レース不明)
それで今回の03141Cが、Aのマシンに富士仕様としてフロントウィンドとリアサイドに貼られたビクトリーサーキットクラブ(VICIC)のステッカーを再現、ということですね。
どうせなら、アリタリアを2回出すなら1976ジーロのマルボロカラーの#598号車が欲しかったところですが、今のところは商品化されるだけよかったと思うことにします(^^ゞ


350GTS
2008/10/02 01:16
こんばんは、HIROKIさん。
ブログ拝見してますが、更新再開された様で何よりです。

マニアには歴史的価値でツボかも知れませんが、今となっては、リアルミニカーの基準から云うと・・・正直???なクオリティですよね (^^ゞ

>hpiは商売うまいですからねぇ、
>ストラトスターボが人気と見るや、
>出してくる可能性はあります
はい、駄目モトで期待してます (^_^;)
moonwalker
2008/10/02 01:22
こんばんは、350GTSさん。

>お互い、ストラトスとかアリタリアとか聞くと、
>自然に反応してしまう世代
御意。まったくそのとおりです (^^ゞ

>もともと1999年に発売された製品の
>焼き直しですから。
>因みに、品番から見ていくと新品番が設定
>されて純粋な再販ではないですね
ご指摘のとおり品番も違いますし、VICICのステッカーを新造してますね。
しかし京商さん、ちょこっと手を入れての付加価値商売上手過ぎ!
300台限定でH.I.B.もどきのまっ黒Ver.まで出すとは・・・┐(´∇`)┌
moonwalker
2008/10/02 01:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
富士SW 1977「ランチア・ストラトス・ターボ・Gr.5/星野一義」京商 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる