メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS JTCC 1998「ESSO TOM'S チェイサー JZX100 #37」京商 1/43

<<   作成日時 : 2008/10/29 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


1994年から1998年にかけての5年間で消滅した国内カテゴリー「全日本ツーリングカー選手権(JTCC)」。
その最終年度、ほとんどトヨタ車のワンメイク・レース化したシリーズを制したのは、関谷正徳選手がドライブした、トヨタモータースポーツ部とTRD共同開発の“ワークス”マシン。
奇しくも関谷選手は、初年度シリーズチャンピオンでもありました !(^^)!

ESSO TOM'S CHASER JZX100
#37 関谷正徳
JTCC 1998
京商 1/43





メインスポンサー・キャラ「タイガー」以外“華”を感じないのは、私が鈍感なだけ?
若干ワイド化されてるそうですが、ほとんど外見上は市販車状態に見える何の変哲も無い4ドア・セダン・ボディに、妙な位置から生えた巨大リアウイング・・・カッコイイでしょうか?
ウイング無かったら、このままタクシーとして街中走っても何の違和感ありませんよ、きっと (^_^;)

イギリスのBTCCで成功を収め、FIAが拡大展開を目論んだ、2L自然吸気エンジン搭載4ドアセダン「クラス2 ニューツーリング」規定を導入したJTCCですが、何故か外観以外は改造規定が緩く、ボディ下に隠された骨格も再構築されるなど中身は高度な改造が施されており、非常に分かり難い世界でした。
エンジンも市販車(6気筒)と異なり、300馬力レベルまでチューンされた2L・4気筒・DOHC「3S-GE型」が、バルクヘッドにめり込むようにフロント・ミッドシップされ、コンピューター解析技術が未熟だった当時、剛性確保の為張り巡らされたロールケージの延長は、なんと数10メートルに及んだそうです。
シート位置も重心最適化の為に後退され、ちょうど現在のDTMマシンに近いポジションでドライバーは仕事しました。


ボンネット上のタイガーが睨みを効かすマシンは、見た目の印象とは裏腹に1998年最低重量規定1,000kg(FR車)を下回るほど軽く仕上がり、バラスト調整して走ったようです。

開幕当初のJTCCは、トヨタ(カローラ・コロナ・エクシヴ)、日産(サニー・プリメーラ)、ホンダ(シビック・アコード)、BMW(E36 318i)などがワークス・チーム中心に参戦するなど大変賑わいましたが、やがて観客不在とも言えるレース内容とオーガナイズから人気は凋落、同時期に発足した「全日本GT選手権(JGTC)」へメーカーの軸足は移りました。
そして1997年、念願のチャンピオンを獲ったホンダの“勝ち逃げ!”撤退発表に日産も同調、翌1998年は冒頭にも記した“(ほぼ)トヨタ・ワンメイク・レース”で終焉を迎えました。
他方、JGTCは隆盛を極め、現在の「スーパーGT」へと発展・・・。



ウインドウ三面に書かれた「関谷」の漢字ネームが非常に分かり易いです。
「#37」関谷選手は、7大会11戦中5勝を挙げての堂々チャンピオンに輝きました・・・参加9台位のレースだったけど (^^ゞ

そもそもこのマシンのモデル化自体珍しく、京商さんは上手くニッチを突いた感じ。
20世紀末にしてはちょっと古臭さ漂うJZX100チェイサーは、オリジナルからしてホント地味な存在ですから。
形状は特に問題ないと思いますが、JTCCマシンにしては少々車高が気になるのと、デカールも含めてチープな質感が大問題。
理由は複合的なもので、多分、何か一つを変えればと言うことでは無いと思いますが、せっかくのレア・カテゴリー・マシンのモデル化ですから、更なる品質向上してのシリーズ継続を願います。




その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
moonwalkerさん こんばんは。
このチェイサー、おそらく後にも先にもこれ一台しかミニカーは出ないでしょうね笑 プリメーラの時もそうでしたが、確かに車高が高いんですよね・・・ダイキャストの厚さをあまり薄くは出来ないんでしょうか。この手のレースカーは、車高の低さが命ですし、そこが再現されればそれだけでも買いなんですが。
HIROKI
2008/11/01 23:40
こんばんは、HIROKIさん。

仰るとおりです (^_^;)
なんで車高が・・・謎です。それこそデフォルメ効かせ甲斐あると思うのに?
ただ、質感はともかく、タイガーのタンポ印刷は綺麗な仕上がりなのが救いですよ。
moonwalker
2008/11/02 01:05
こんばんわ

車高が高いのは、単純にロードカーを流用してるからでしょうね。
ロードカーを商品化する祭に、そういやこれって確かレースカーもあったよねぇ?んじゃウイング足してデカール貼って限定で出してみようか的ノリの非常に安直な企画だったんじゃないでしょうか。
レースの歴史をカタチに残そうって気概も自社製品に対する愛もないスね。
大体、この会社はラジコン事業の片手間にミニカーやってる(税金対策?)ようなところがあって、本気で勝負する気があんのか?って商品が多すぎ。
350GTS
2008/11/03 19:56
こんばんは、350GTSさん。

ロードカーVer.に較べると、フロント&リア廻りも結構しっかり変えてますし、リア・オバフェンも手抜かり無く再現してるんですよ (^_^;)
タイヤとフェンダーのクリアランスも画像のとおりですし、ヤル気があればシャーシ側“細工”簡単に思えます。
会社の伝統かな・・・残念です (-_-;)
moonwalker
2008/11/03 22:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JTCC 1998「ESSO TOM'S チェイサー JZX100 #37」京商 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる