メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS Rally Monte Carlo 1980「フィアット アバルト 131 #7」ixo 1/43

<<   作成日時 : 2008/11/19 00:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


10月発売イクソの新製品・・・すでに一月近く経過してますが (^^ゞ
戦績も知らず(調べず)、ラリーカーにしては珍しく予約開始とほぼ同時に、ポチッとな。
とにかく、「131 アバルトラリー」大好き!

FIAT ABARTH 131 #7
B.Waldegard - H.Thorszelius
Rally Monte Carlo 1980
ixo 1/43 RAC117





何故か、かなり前上がり(尻下がり)な姿勢が、落ち着かない雰囲気醸し出してます。
せっかくのターマック仕様が台無し!
まさか、これがデフォ?

ボクシーなファーミリーカー然とした平凡セダンボディに、FRP製のバキッと四角く張り出したオバフェンとささやかなエアロパーツが、実に簡潔で素晴らしい。
ただし、見た目とは裏腹に、ベースとなった「131 ミラフィオーリ」のリア・リジット・サスペンションはセミトレの独立に、エンジンは2L水冷直4DOHCを16バルブ化するなど、アバルトによって大手術が施され、競技用「Corsa Series II 」では、ノーマルの112馬力から230馬力までチューンされました。


見慣れたイメージの“アリタリア・カラー”でなく、白地に青と黄のストライプが爽やかな印象。
これは、ドライバーである名手ワルデガルドの祖国「スウェーデン」国旗に由来する、らしい。
350GTSさんのブログ記事に書いてありました (^_^;)

そうそう、肝心の戦績は3位入賞だった、らしい。
ネタ元は上記カラーリングと一緒です。


スウェーデン国旗
旧宗主国であるデンマーク国旗のスカンジナビアクロスを用い、王朝の紋章で使われている色である青地に黄色の十字に変えたもの。12世紀半ば、フィンランドとの戦いの直前にエーリク王が青空を金の十字が横切るのを見たという故事に由来する。青は湖を、黄色は黄金または輝く太陽を象徴する



ドア後のエアスクープ表現や肉厚なルーフ・スポイラーなど、少々物足りない部分もありますが、私が思い描く「131 アバルトラリー」の“無骨な”イメージを、及第点な造形してます。
モデル化されることが希少価値あるクルマなので、かなり嬉しい。
一番気に入ったのは、(多分)クロモドラ製ホイールの再現。これは特筆モノに素晴らしいです (*^_^*)
・・・ありゃ?クルマ本体じゃなかった?





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。

 うちの131も調べてみましたが、やはり若干タレ尻ですね。
ただ、実車の画像を見てみると、分厚いフロントとさらりと薄いリアのコントラストでタレ尻に見えなくもないから、イクソのはその辺を切り取った独自のディフォルメだと思うしかないですかね(笑)
350GTS
2008/11/20 02:11
こんばんは、350GTSさん。
情報“盗用”させて頂きました m( _ _ )m

>うちの131も調べてみましたが、やはり若干タレ尻ですね
そうですか、やはり単なる個体差ではないようですね。

>独自のディフォルメだと思うしかないですかね(笑
そうですね。“ヒップアップ”加工してみようかな (^_^;)
moonwalker
2008/11/21 00:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Rally Monte Carlo 1980「フィアット アバルト 131 #7」ixo 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる