メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS LeMans 1998「メルセデス CLK-LM #35」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2008/12/13 00:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


別に画像を加工した訳でなく、元からペッタンコな姿かたち (^^ゞ
1998年ルマン24時間レースにAMGメルセデス・チームからエントリーした、DTM(ITC)マシンでお馴染み「D2」ロゴがキマッテる、スパークから11月に待望の再販された完売アイテム。

Mercedes CLK-LM #35
Bernd Schneider/Klaus Ludwig/Mark Webber
Le Mans 1998
Spark Model 1/43 S0161





私、個人的に“ワラジ1号”と呼んでます (*^_^*)
「草鞋」と書くアレです。
最早、“平べったい”などと言う形容レベルを遥かに通り越したボディ・シルエットしてます。
前回「スカイライン ターボC」同様、“異形のレーシング・マシン・ランキング(?)”あれば、上位間違いなし!

実車は、「メルセデス・ベンツ C11 #31 LM1991」と同じ形式番号の「M119型」V8を搭載。但し、ターボチャージャーを外して排気量を6Lに拡大したGT1仕様での参戦でした。
シュナイダー/ルドウィック/ウェーバー組豪華ドライバー・ラインナップにも拘らず、わずか2時間19周、エンジントラブルでリタイヤ・・・チームメイトのJean-Marc Gounon/Christophe Bouchut/Ricardo Zonta組「#36」も、3時間31周でリタイヤ(エンジントラブル)しました。


この角度から見るカッコ良さは格別。
勝手な思い込みですが・・・ドイツの論理的合理主義&バウハウス的デザイン哲学が融合した、“問答無用”な無骨さが気に入ってます。

「GT1」カテゴリーって、実にあだ花的存在だったと思います。
殆んど「Cカー」に近いのに、建て前として、ロードカーとして実用に耐えない市販車の体裁をとる。
FIAの歴史上数多有る、そして、今現在も続く愚行の一つ。



スパークのモデルですが、造形的には文句なしです。
ところが、個体差でしょうか、ゼッケンを含むデカールの所々に“貼り皺”が・・・_| ̄|○
これ、非常に製品全体のクオリティに影響します。イメージダウン必至。
レジン製モデルの宿命と、諦めるより他無いんでしょうか。
デカールが無かったら・・・。





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ〜。
そうそう、このワイド&ローなボディ!
前後にMercedesの面影を残しながらも、もはや別物のマシンというのが最高です(^^)
このCLK-LMは個人的にかなり思い入れのある車なので、これは即買いだろうと店頭で品定めしてみたのですが…デカールが全部ダメダメでしたorz
シワがあったりズレていたりと、首を傾げざるを得ないクオリティのものばかり…。
このモデルに関しては、デカールのハズレが多いです(T_T)
もう少し別のお店を回ってから決めたいと思います…。
ぬっぺほふ
2008/12/13 01:38
こんばんわ。

いや〜いいですネ、CLK!
偶然にも、私のアルファ155に続く「ミニカー手に入らぬなら作ってしまえプラモデル」企画第3弾の候補だったんですよ。
紆余曲折を経てセリカST185になったんですが、こうしてみると立体として手元に置いておきたくなりますね。
やっぱキットを買っておこうかなぁ(笑)

「GT1」カテゴリー。
本来の目的のままなら、マクラーレンF1GTRをはじめ各国のGTカーが棲めるカテゴリーとなって、隆盛を極めたかもしれませんね。
ダウアーが、962Cに安全装備をくっつけGTだって言い張ってルマンに持ち込んで(ダウアーポルシェ962LM)優勝してしまった時点で、ヘンにひねくれてしまいましたね。
勝つためには、規定を拡大解釈して、ときにはヘリクツで説きふせるのは方便とはいえ、後に「しまった、やりすぎた」と騒いでもあとの祭りってことが多すぎますねぇ(-_-;)
350GTS
2008/12/13 02:57
こんにちは、ぬっぺほふさん。

>このモデルに関しては、デカールのハズレが多いです(T_T)
悲しい事に、巷で行き交う情報の多くでは、どうもその様ですね。
デカール問題さえ無ければ、無ければ・・・と言う事で、スパークさんの“大人の事情”が思わぬ良い結果を生んだ次回ネタへと続きます (^_-)-☆

moonwalker
2008/12/13 13:41
こんにちは、350GTSさん。

>「ミニカー手に入らぬなら作ってしまえプラモデル」企画
>第3弾の候補だったんですよ
おおおお、またひとつ楽しみが増えました。
期待しててイイのかな !(^^)!

>規定を拡大解釈して、ときにはヘリクツで説きふせるのは方便
そうですね、レギュレーションの網を破るべく、日夜頭をフル回転させる技術者を責めるのも酷な話ですが、やり過ぎはイカンです (-_-;)
ま、でも、後になってモデル化されたマシンをじっくり楽しむ事が出来る訳ですから、負であっても良い遺産なのかなぁ・・・。
moonwalker
2008/12/13 13:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LeMans 1998「メルセデス CLK-LM #35」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる