メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS LeMans 1999「メルセデス CLR #4」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2008/12/23 01:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4


ある意味、前回の続きです。
予選&決勝で都合三度ルマンの空へ舞い上がった、美しい外見とは裏腹に、明らかに重大な空力的問題を抱えたメルセデスの1999年ルマン用ウェポン。
実車の悲劇性はともかく、スパークから11月再生産販売されたデカール未貼付の人気車種で、識別用に赤く塗られたミラーが「#4」の証。

Mercedes CLR #4
Mark Webber/Jean-Marc Gounon/Marcel Tiemann
Le Mans 1999
Spark Model 1/43 S0994





前年マシン「CLK-LM」も異様に“ペッタンコ”でしたが、更に極限まで低められた“薄い”ボディ。
一目だけだと、そんなに変わってない印象、かな?

メルセデスのルマン参戦は、血塗られた歴史でもあります。
最初の撤退を決めた1955年の大惨事に引き続き、1999年もマシンが空中に舞い上がると言う、実にセンセーショナルなアクシデントでした。
強固な現代のレーシングカー・シャーシに守られ、いずれも奇跡的にドライバーは軽傷で済みましたが、全世界にショッキングな映像がTV中継され、AMGメルセデス・チームは途中棄権しました。
以後、再びメルセデスはルマンの地から遠ざかったままです。



左「CLK-LM #35 LM1998」、右「CLR #4 LM1999」。

2台並べると結構違いに気付きます。
前述した、「更に極限まで低められた“薄い”ボディ」の意味がお分かり頂けると思います。
個人的にはCLK-LMを「ワラジ1号」、CLRを「ワラジ2号」と呼びます。


「CLR #4」のデカール未貼付について確たる事情は知りませんが、例によってACOの版権料絡みでしょう。
ただ、早くもデカール乾燥剥離の兆候を見せる「CLK-LM #35」を引き合いに出すまでも無く、その手の心配一切無しに保管可能のみならず、オリジナルのボディ・デザインをじっくり鑑賞出来るのが嬉しい限りです (*^_^*)


一応、非公認で台座裏に添付されたデカールは、購入者が自己責任で貼付選択可能な、早い話“オマケ”存在。
ここいら辺も、オトナの事情です。


「#4」は二度離陸し、“パイロット”を担当する羽目になったのは、いずれもマーク・ウェバーでした。
一度目は予選2日のインディアナポリス・コーナーで、次は決勝当日朝のウォームアップ・ランにミュルザンヌのストレートで華麗に舞いました (^^ゞ
さすが二度目のダメージは修復不可能で、「#4」は決勝レースに出走していません。
完璧に機能すれば路面に張り付いたように走る「ベンチュリー・カー」も、いざコントロールを失うと恐ろしい・・・。

僚車「#5」「#6」の2台出走しましたが、三度「#5」が宙を舞い、AMGメルセデス・チームは世界的信用失墜を手土産に、ルマンから棄権&撤退したのです。



“スリー・ポインテッド・スター”が埋め込まれた立派なグリルと、市販車然としたテールランプを持つプレーン・カラー「CLR」は、存在しないストリート仕様に見えるくらい現実的完成度の高いマシンだと思います。
失敗作でもメルセデス・クオリティ(品質)?

スパークさんの仕事は、丸味を帯びながらエッジの効いた面構成、ダクトの薄い肉厚、シャープなスポイラー類など、レジン製メリットを十分活かしています。
デフォルメ具合も良い塩梅ではないでしょうか。

更新ペースが間延びしてますが・・・年末過密発売スケジュールの余波で、購入した商品の撮影が追いつかない。
いや、撮影する時間が無い (T_T)



その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。

 いや〜デカールレスにすると、よりキョーレツなマシンに見えますね。
 当時の走行シーンを思い出すと、路面のアンジュレーションにモロ影響されてフロントが上下にバタついてましたよね。それでベンチュリ効果が破綻して一気にダウンフォースから開放されて宙を舞った、と。
ポールリカールみたいにフラットな路面だったらよかったのに、いかんせん公道含みのサルテでは、サスのセッティング変更くらいじゃどうしようもなかったんでしょうね。
(確か、決勝に向けて突貫工事でフロントにカナード追加したんじゃありませんでしたっけ?)
突き詰めた理論上の空力特性は「過ぎたるは及ばざるが如し」を地でいってますね。
眺めている分には、非常に美しいマシンなのに。

そいえば、このマシンのご先祖CLK−GTRのホモロゲ用市販車。
確かTKが持ってたはずですが、アレどうなっちゃったんでしょうね?
350GTS
2008/12/23 02:55
こんにちは!

なるほど、「大人の事情」とやらはコレでしたか!
店頭で見かけた時はデカールいずこ!?となりましたが、非公認添付だったとは(^^;
元々マーキングの少ないモデルだからこそ成せる技ですね〜。

しかし98モデルと並べると、その薄さが際立ちますね〜。
ボンネットも異様に低いですし、フロントマスクの位置も…(汗)

ちなみに某ショップのハンドメイド完成品にもこのCLRがあるのですが、実は商品名に「空飛ぶベンツ」とあるとか…(笑)
ぬっぺほふ
2008/12/23 14:38
こんにちは、350GTSさん。

>確か、決勝に向けて突貫工事でフロントにカナード
>追加したんじゃありませんでしたっけ?
スパーク製「#5(青ミラー)」「#6(黄ミラー)」は、決勝仕様のノーズ左右各2枚カナード追加再現されてますね。
ウォームアップ・ランでのテイクオフ後施された、やっつけ仕事 (^_^;)

>このマシンのご先祖CLK−GTRのホモロゲ用市販車。
>確かTKが持ってたはずですが、アレどうなっちゃったん
>でしょうね?
フェラーリ以外にCLK-GTRまで所有してたんですか!?
知りませんでしたが、とっくの昔に現金化されたんでしょうねぇ〜 (-_-;)
以前、赤坂の某並行物外車屋さんショールームで実車を見たことがあります。
さすがに乗り込む勇気はありませんでした。
価格は「ASK」とありましたが、相談したら幾らだったのかなぁ?

moonwalker
2008/12/23 16:03
こんにちは、ぬっぺほふさん。

>商品名に「空飛ぶベンツ」とあるとか…
そりゃあ、洒落になりませんね。
確かに1999年は死者出てませんが・・・でもねぇ (-_-;)
ぬっぺほふさん、最近hpi製品をお得に蒐集されてるようで、本当に羨ましいです。
moonwalker
2008/12/23 16:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LeMans 1999「メルセデス CLR #4」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる