メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 1995「マクラーレン F1 GTR #8 "Davidoff" 鈴鹿1000km」ixo 1/43

<<   作成日時 : 2009/01/17 15:53   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


むむむ、ヤバイかも。
ブログUPが追いつかないうちに、1月新製品販売開始時期に突入してしまった (-_-;)
そんな訳で、12月イクソから発売された禁断の“タバコカラー”完成品。
イクソさんのレギュラー製品なのに、ボディに大書される「Davidoff(ダビドフ)」は何故“セーフ”なんだろう?

McLaren F1 GTR #8
T.Bscher - J.Nielsen
Suzuka 1000km 1995
ixo 1/43 GTM055





1995年(翌年も)はBPRの1戦に組み込まれ開催された真夏の風物詩「ポッカ 鈴鹿1000km 耐久レース」。
詳細ほとんど不明なんですが、「#8」は2位入賞マシンと言う事で宜しいんでしょうか?

個人的に「マクラーレン F1 GTR」は精悍なショートテールの方が好きなので、少々暗い色調でも迷わず予約しました。
それにしても、日本開催レースに合わせて(多分)カタカナ標記したスポンサー「ケルヒャー」ロゴのセンスには、ガチで如何なものかと・・・(^_^;)


パワーユニットをBMWが提供した縁で「BMW JAPAN」もスポンサードした、なかなか“渋い”カラーリング。
ゴールドに塗られたホイールとのコントラストもバッチリですね。

リアウィンドウ越しに覗くのは、もちろん、彩色再現されたミッドシップ・マウントのBMW-M社製V12エンジン。



比較的リーズナブルな価格設定のイクソ製品ですが、正直、モノによっては怒りを覚えるような造形とめぐり合う不幸もあります。
しかし、幾つかの“奇跡”もまた現実に存在し、そのうちの一つは間違いなく「マクラーレン F1 GTR」でしょう。
今のところ、旧式金型を流用し続ける(?)ミニチャンプス(PMA製)の出来に較べたら、コストパフォーマンス並びに満足度は非常に高いと思います。
また、イクソさんの精力的なリリース予定にも、今後ますます期待感ふくらみます。

次回は、同時発売されたロングテールのルマン仕様。





その他の話題はインデックス・ページへ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。

ああ、先を越されてしまいました(笑)
私もこれは買いましたよ〜。
タバコロゴの件は私もビックリしました。
PMAよろしく「DayOff」でごまかすものだと思っていただけに、店頭で現物を見た時は「あれ!?」となりました(^^;

ケルヒャー…まったく同じ感想でございます(笑)
この辺りは外人さん独特のセンスなのでしょうか…。

当たり外れの多いixoモデルですが、仰る通りF1GTRは満足度高いですよね〜。
何よりixoのF1GTRは、別バージョンがリリースされる度に細部のクオリティが上がっていく点が素晴らしい!
それなのに価格は今までと同じですし、今後のixoにはますます注目ですね(^^)
ぬっぺほふ
2009/01/17 23:38
こんばんは、ぬっぺほふさん。

>PMAよろしく「DayOff」でごまかすものだと
私もそう思ってましたので、嬉しい誤算。
でも、ホントにあれでOKなんでしょうか?

イクソさんの「F1 GTR」は、多種多様なバリエーション展開に期待大ですね。
moonwalker
2009/01/18 01:01
こんばんわ。

ダビドフクラシックのボックスそっくりのカラーリングに、しっかりダビドフのロゴ。
時流に逆らった、まさに奇跡のミニカーですね。
BPRグローバルGTシリーズ第9ラウンド鈴鹿2位のこのマシン。
エントリーはWESTレーシング(=デビッド・プライス・レーシング)で、最終的にドライバー&チームのダブルタイトルを獲得してるんですね。
シャシーナンバーは市販の#27シャシーを改修した#03Rのようですが、これってヨーロッパラウンドやシリーズ外のルマン24hでは、白地に赤のWESTカラーで走っていたんじゃないでしょうか?(ルマンでは助っ人にヨッヘン・マスを迎えてゼッケン49つけて30位DNF)
となると、ダビドフとWESTの関係はよくわからんのですが、日本へのダビドフブランド浸透のためカラーリング変更したってことかもしれませんね。
以上、あちこち調べてつなげた都市伝説ですが(^^ゞ
あ、ドライバーのトーマス・ブシャー博士は、本業は銀行家でスーパーアグリの新スポンサーのひとりと噂されたりしてましたね。
350GTS
2009/01/18 01:48
こんばんは、350GTSさん。

今回も、貴重な情報をありがとうございます m( _ _ )m
ちょうど今、次回の“仕込み”をしていたので、早速、フムフムと勉強させて頂きました。

>最終的にドライバー&チームのダブルタイトルを獲得してるんですね
まったく知らなんだ!そうなんですか。
予想外に、由緒正しいチームとマシンだったんですね。驚きです。

>日本へのダビドフブランド浸透のためカラーリング変更したってこと
>かもしれませんね
多分、そう言う事情なんでしょうが・・・とにかくこの状態で、イクソが正規ラインナップ販売した事が最大の謎ですね。
moonwalker
2009/01/18 02:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1995「マクラーレン F1 GTR #8 "Davidoff" 鈴鹿1000km」ixo 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる