メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ランボルギーニ レヴェントン」AUTOart 1/43

<<   作成日時 : 2009/05/06 20:35   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4


あり得ない形に進化した、「ムルシエラゴLP640」ベースの超絶ロードカー。
仮に街中で見掛けたとして、私は凝視するより先に目を逸らしそうな予感します・・・だって、絶対“カタギ”が乗るクルマじゃないもん (^_^;)
2007年フランクフルト・モーターショーで発表され、2008年12月初旬、公約どおり20台デリバリー完了したサンタガータ生まれの猛牛を、オートアート(Aa)さんが財布に優しい価格で4月発売。

Lamborghini Reventon
GREY (Gray)
AUTOart 1/43 54596





非現実感漂うデザインは、「ガヤルド スーパーレジェーラ」のメタリックとは異なる半透明(半光沢?)グレー塗装の効果もあり、このまま「バットモービル」として映画に使えると思います。

リーズナブルな価格設定で商品提供してくれるAaさんですが、幾つか惜しい不満点も。
まず、ステルス戦闘機を連想させるノーズ先端は、もっとエッジを強調した鋭角仕上げでなけりゃ。
そして、ボディサイドのエア・スクープとアウトレット。貫通状態で冷却器をプラパーツ再現して嵌め込むか、それらしく細工して欲しい。
あと、実車でも妙なホイールの造形、もう少し丁寧に作ってください。無理?


下記項目は、ランボルギーニHPから引用。

車名「Reventon(レヴェントン)」の由来
レヴェントンという名称は、ランボルギーニの伝統を受け継いでいます。
レヴェントンは、ドン・ロドリゲス家が所有していた闘牛の名前です。
レヴェントンは、もっとも有名な闘牛のリストに名を連ね、1943年に名高き闘牛士フェリックス・グズマンと死闘を演じたことで知られています。


パワートレインについて
ムルシエラゴLP640 に採用されたテクノロジーは、変更せずにそのまま使用しています。
LP640 に搭載されているエンジンは、従来の6.5 リッターV12 エンジンです。
レヴェントン専用に、ランボルギーニによる保証の下、エンジン出力を驚異的な650HP(478kW)/8,000rpm に引き上げています。最大660Nm の強大なトルクは、アクセルをごく軽く踏み込むだけで強烈な推進力を生み出し、どの回転数からでもパワフルな加速を実現しています。
ロボタイズドe ギヤは、どの熟練ドライバーよりも素早く変速を行います。さらに、フルタイム・ビスカス・トラクション4WD システムは、すべてのエンジン・パワーを余すところなく路面へと伝達します。
オリジナルのムルシエラゴLP640 と同様に、レヴェントンの0〜100km/h 加速はわずか3.4 秒、最高速度は340km/h 超です。




実車販売価格は、税抜き100万ユーロ・・・邦貨換算、驚異の1億6千万円!(当時レート)
それにもまして、生産台数20台ポッキリだから、世界中の富豪が争奪戦繰り広げたに違いなく、東京にも1台居るらしいですが、残念ながら、未だお目に掛かる機会ありません。

でも、現実の話、立体駐車場に入庫出来ないし、コンビニやスーパーの買物にも使えないし・・・芸術性は認めても、クルマとしての価値(実用性)低過ぎるなぁ。元々関係ない次元の話でした (^^ゞ





その他の話題はインデックス・ページへ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。

待ってましたレヴェントン!
相変わらず美しい写真を撮られますね〜。
実車のフラットなイメージがビンビン伝わってきます♪

モデルは「あと一歩」という感じでしたね。
全体的な造型はなかなかイイ線行ってただけに、細部のクオリティはマテルぐらい妥協せずに頑張って欲しかったなと思います。
フロントの造型は…ダイキャストではこれぐらいが限界なのかも?(^^;
ぬっぺほふ
URL
2009/05/06 23:04
こんばんは、ぬっぺほふさん。

やっとUPしました (^^ゞ
いえ、あの、些細な問題が僅かにあるだけで、コストパフォーマンス高く、概ね満足してますよぉ。
「ガヤルド スーパーレジェーラ」と「レヴェントン」、この2台は特別なランボですね。
moonwalker
2009/05/07 00:37
こんにちは。
マテルではノーズの野暮ったさが目立っていた分、
こちらの方が幾分バランスがいいようには見えますが、
確かにイメージの上でももう少し尖ったデフォルメをした方が
見栄えがしそうですね。
とはいえ、程よい価格で程よいクオリティのものは、
消費者にとっては嬉しいことですね!
HIROKI
2009/05/08 13:52
こんばんは、HIROKIさん。

>もう少し尖ったデフォルメをした方が
そうなんです。実車画像を見ると、ノーズ周辺もっと鋭角処理されてるんですよねぇ、惜しい (^_^;)
でも、価格は納得。
moonwalker
2009/05/08 20:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ランボルギーニ レヴェントン」AUTOart 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる