メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS LeMans 1973「マトラ・シムカ MS670B #11」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2009/07/22 01:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6


1972年にル・マン初優勝した「マトラ・シムカ」が、見事、翌1973年連覇達成したマシンを、ミニチャンプス(PMA製)さん「LE MANS COLECTION VINTAGE」ラインから6月発売されたモデル。
鮮やかなフレンチ・ブルー、夏向きです (^^♪

Matra-Simca MS670B Equipe Matra-Simca Shell
#11 Henri Pescarolo - Gerard Larrousse
24h Le Mans 1973 Winners


1/43 MINICHAMPS 400-731111
Unlimited Edition





理由は定かでありませんが、不人気商品のようで、市場では大幅値引き多数販売中 (^_^;)
個性溢れる“ナマズ顔”、私は嫌いじゃありません。

世界メーカー選手権から“強すぎるポルシェ917”排除するFIA思惑で、1972年導入された3Lプロトタイプ規定は勢力図を大幅に塗り替え、兵器/航空産業を中核とするフランスの複合企業「マトラ」は、当時のF1用3L・V12エンジンをスポーツカー・レースにデ・チューン(約450馬力)して持ち込み、この年のル・マンで22年ぶりのフランス車優勝を飾る大成功収め、1973年のアンリ・ペスカローロ/ジェラール・ラルース組「MS670B #11」は、355周4853.945km走破してル・マン2連勝しました。

フォークランド紛争で一躍名を馳せた「エグゾゼ・ミサイル」、あれも優秀な(?)マトラ社製品 (^_-)-☆


スタイル的には、ショート・テールの1972年ル・マン優勝マシン「MS670」の方が、バランスよく見えます。
また、1974年型「MS670B」の近代化(?)されたゴッツイ顔は・・・なんだかなぁ。

現在は自らの名を冠したマシン「ペスカローロ」オーナー“髭のおっさん”アンリ・ペスカローロは、マトラ・ドライバーとしてル・マン3連覇に貢献しました。
1972年の相方は「グラハム・ヒル」、その後2年連続して「ジェラール・ラルース」。知る人ぞ知る、豪華ラインナップ。
自動車分野でシムカと業務提携したマトラは、2年連続メイクス・チャンピオンシップ獲得した1974年を最後に、スポーツカー・レースから撤退します。



モデルカーとしての魅力は、正直、微妙 (-_-;)
造形や適度な省略は問題ないと思いますが、やはり、タンポ印刷と併用するデカール多すぎ。重要なゼッケンやサイドの“帯”とか、表面積に占めるデカールの割合、明らかにタンポ印刷を上回ってます。
昔の“レーシングカー”らしい、13インチ・ホイールの出来は素晴らしい。
結局、“フレンチ・レーサー”マトラを好きになれるか否か、それが一番問題でしょう。

カタマラン・ボートに似た「MS670B」テール形状など、個性的スタイルが多かった1970年代マシン。
そう言えば、エブロさんから懐かしの「富士グラチャン」マシンがリリースされましたね (*^_^*)





その他の話題はインデックス・ページへ



Le Mans NOSTALGIA 3 [THE SPEED MERCHANTS] [DVD]
ユーロピクチャーズ
2003-07-10
スポーツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「マトラ・シムカ」名前が懐かしいですね。
当時、なけなしの小遣いで雑誌を買っては、むさぼるように読んでいた事を思い出します。
歳がばれてしまいますね。また、買ってしまいそう。
taka52334
2009/07/23 01:49
こんばんは、taka52334さん。

>なけなしの小遣いで雑誌を買っては、むさぼるように読んで
同じです (^^♪
お金持ってませんでしたから、もっぱら本屋さんで立ち読み。
どうしても欲しいオートスポーツ誌(月1回発行!)、厚目のオートテクニック誌を数ヶ月に一冊買えたかなぁ・・・。

昔のレーシングカー、みんな小さかったんですね。
ボリュームの点では、R35GT-Rなんかの方が遥かにデッカクて、しみじみ隔世の感 (^_^;)
moonwalker
2009/07/23 20:22
たびたび失礼します。
後日談です。「買ってしまいそうです」と書きましたが、
翌日、よく考えてみると、以前、数台まとめて買った時に買っていました(^_^;
奥方にばれるのが怖い為、すぐにしまい込んだのです。

話は変わって、以前登場した「hpi ル・マン1998 ポルシェ 911 」。
私も所有していますが、外れやすいリアカウルで取り扱いに不満がありましたが、今日、入手したテストカー仕様は改良されています。
ボディ側へ差し込むようになっていて、逆さにしても外れません。
カーボンケブラーのボディも質感があって最高です。お勧めです。
ただ、私個人の好みはリアカウルを外した大箱の方が好きですね。
taka52334
2009/07/25 20:18
こんばんは、taka52334さん。

>以前、数台まとめて買った時に買っていました
私も仕舞い込んだ物を忘れて、買い直した経験が (^^ゞ
気づかれて良かったですね。

>「hpi ル・マン1998 ポルシェ 911 」
>中略
>今日、入手したテストカー仕様は改良されています。
>ボディ側へ差し込むようになっていて、逆さにしても外れません
あれ?
hpi製「911 GT1-98 #26」、“爪”付いてますよね?
私の個体は、過去記事「コメント欄」に書いたとおりですが・・・生産ブロックで違いがあるんでしょうか (^_^;)
moonwalker
2009/07/26 01:24
おはようございます

すみません。私の勘違いでした。爪が無いのはJaguar XJRでした。
お騒がせしました。
でも、爪があっても甘くて、すぐ外れるんですよね。
今回のテストカーはキッチリはまります。
リアウイングは相変わらずゆるいです。個体差ですかね。
これらが解決すれば、私的にはhpiは満点なんですが。
( コメントをする場所が違って、すみませんm(_ _)m )
taka52334
2009/07/26 10:06
こんにちは、taka52334さん。

>爪が無いのはJaguar XJRでした
「911GT1」以前のhpi製カウル分離モデルは“置くだけ”でしたもんね (^_^;)
リアウイングは諦めましょう。

関連派生した話題のコメントですから、これからもどうぞお気兼ねなく (*^_^*)

moonwalker
2009/07/26 17:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LeMans 1973「マトラ・シムカ MS670B #11」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる