メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS WRC 2008「スバル インプレッサ WRC #5 ツール・ド・コルス」ixo 1/43

<<   作成日時 : 2009/07/25 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6


いくらラリーに興味が無くとも、クルマ好きなら、2008年限り世界ラリー選手権(WRC)ワークス活動休止したスバル最後のマシンは気になるモノ。
そんなモニュメント的付加価値ついた「#5 ツール・ド・コルス仕様」、7月リリースのイクソ製モデル。
8月中には、同じくイクソ製「#5 モンテカルロ仕様」も発売予定ですが、そっちは4ドア・セダン・ボディの旧型(2007年仕様)で参戦したヤツ。でも、当分見納めだから、予約しました (^_^)v

SUBARU IMPREZA WRC 2008
#5 P.Mills - P.Solberg
WRC 2008 Rd.13 - Tour De Corse
1/43 ixo RAM341





“ハーモニカ”みたいな、リアに背負った巨大ウイングと、ミラー・サイド・ウィンドウが素敵です。
ターマック(舗装路)仕様だから、薄いハイトのタイヤと低めにセットされた車高もお気に入り。

予ねて公言どおり、私、ラリーは興味対象外でほとんど知識持ちませんが、スバルのワークス・マシンは「STI(スバル・テクニカル・インターナショナル)」が製作、レース運営をイギリスの「プロドライブ」社に委託してるだけ、と勘違いしてました。
開発にSTIも多少関与してますが、実質、プロドライブ社に丸投げ?(*_*;

それにしても、すでにWRC活動休止(撤退)してた“スリーダイヤ”にしろ、この“六連星(むつらぼし)”にせよ、「Gr.A時代」全盛誇った日の丸勢は、「WR(ワールド・ラリー)カー」規定導入以後、まったく“蚊帳の外”。
まあ、所詮モータースポーツは旧大陸(ヨーロッパ)の人々のモノですから、F1でホンダ潰しのターボ禁止あったように、高性能市販車大量生産するトヨタ・三菱・スバル優勢を許せず、改造範囲の広い「WRカー」移行したんですよね?
公認車両ベースに、自社製市販車エンジン(2L・ターボ)であれば換装自由、4WD化、リア・サスペンション変更など、結構何でもありにしちゃったから、開発費高騰で活動休止するメーカー続出して、現在は逆効果状態・・・2010年からコスト削減「S2000」規定へ変更されますが、日本車復活あるのか (^_^;)


名手「ペター・ソルベルグ」ドライブする「#5」、2008年WRC第13戦ツール・ド・コルス(フランス)での戦績は、カーナンバーと同じ5位。
ロング・ホイールベースに短い前後オーバーハング、やっとライバル並戦闘力の5ドア・ハッチバック新型インプレッサ投入したのがシーズン中盤、第7戦アクロポリス(ギリシャ)からじゃ遅すぎ。
結局、ソルベルグは、未勝利ながら15戦中11回入賞する粘りの走りで年間6位の座をゲット。新型インプレッサの熟成で、2009年シーズンこそ上位復活を狙う・・・はずが、年末突然にスバルの活動休止発表 (T_T)

以下、WRCニュース抜粋

スバル、WRCから撤退  2008/12/16

スバルは、2009年世界ラリー選手権(WRC)に参戦しないことを決定したと発表した。

スバルのためにチームを運営する英国のプロドライブは、今朝の9:00(現地時間)にこのニュースを公表した。発表によると、この決断は、現在自動車業界に影響を与えている景気悪化を受けて急きょ下された。

昨日はスズキが同様の理由で2009年の参戦取りやめを発表した。

SUBARUワールドラリーチーム(SWRT)は、日本の自動車メーカーである富士重工と英国を拠点とするモータースポーツの専門会社プロドライブが協力して1989年に設立された。以来、チームは世界ラリー選手権のタイトルを6度獲得。その中には、最近のペター・ソルベルグによるドライバーズタイトル(2003年)も含まれている。しかしながら、同チームはこの数年、以前のようにラリー優勝を果たすことがなかなかできずに苦戦を強いられ、2005年のメキシコを最後に優勝から遠ざかっていた。

「スバルやチームだけでなく、世界中の数百万のラリーファンにとっても悲しいニュースである」と、プロドライブ会長のデビッド・リチャーズは語った。

「世界ラリー選手権の象徴であったスバルがいなくなることは、大きな損失である。SUBARUワールドラリーチームは、コリン・マクレーやリチャード・バーンズといった真のチャンピオンを輩出した。そのチームがいなくなるのは、世界中の多くの人々にとってつらいことである。この決定により、プロドライブの歴史の重要な一節が幕を下ろすことになるが、これからわれわれは将来に目を向けていく」

従来、SWRTはプロドライブの業務の多くを占めていたが、今日では同社の売上の20%を占めるにすぎない。プロドライブは、ラリーチームのメンバーをできるだけ社内の他の業務へ配置しなおすと話している。

ドライバーのペター・ソルベルグ/フィル・ミルズ、クリス・アトキンソン/ステファン・プレボの去就、および将来のWRCへの復帰については、まだスバルから何の発表もされていない。

一方、プロドライブはすでにラリーへの復帰について、「2010年は世界ラリー選手権に新しいテクニカルレギュレーションが導入される。これはプロドライブにとって、新しいチームを携えてWRC復帰に向けて準備をし、24年にわたる世界ラリー選手権での経験を生かしてさらなる成功を収めるチャンスとなるだろう」と語っている。

プロドライブはまた、2009年以降もカスタマーチームをサポートすることを約束した。過去15年の間に、プロドライブは47カ国を拠点とする400を越える個人の参戦者やプライベートチームに500台近いラリーカーを販売している。



モータースポーツ界に与えたショックは、ある意味、ホンダF1撤退以上だったことがニュースから分かります。



今時、比較的低価格帯で健闘するイクソ製品の宿命、細部の作り込みはそれなりの我慢が必要です。
たとえば・・・ルーフ・ベンチレターのシャープさ、ヘッドライト・クリアパーツの嵌め込み精度など、些細(?)な部分。
反面、綺麗なメタリックの青/白/銀が美しい塗装、ウイングなどに施されたカーボン柄表現、そして、総体的に十分魅せる実車再現性は素晴らしいと思います。
何より、コンスタントにラリーカー発売してくれるメーカーは他にありません (^^♪

ところが、いつも予約お願いするショップさんから、最近、イクソ製品だけ案内来ないので確認すると、以下のような返事くれました。
「お問い合わせのイクソの件ですが、今後私共では、一部商品を除き、取り扱いを中止しようと考えております。
最近商品の品質が著しく低下しており、販売するに値しないと考えております」


「販売するに値しない」
ええぇぇぇ〜?なんですと〜〜?顧客はそこまで思っちゃいませんぜぇ〜!?
・・・と言うことで、今、真剣に取引先変更考えてます。
もちろん私は、イクソさん存在価値認めてますから (*^_^*)





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

これはカッコイイ!
カラーリングもさることながら、やはりニューインプレッサはフロント周りの顔つきが最高ですね♪
このモデル、ixoにしてはなかなかイイ線行っていますし、最近のixoはヤルネ!…と思っていたら最後の言葉にビックリ(汗)
確かにixoは個体差ありますが、そんなに酷くないのでは…。
ちょっと過剰反応な気がします(^^;
それとも、以前のマルボロF1GTRで痛い目見たのでしょうか?

ともかく、ixo製品の取引先は変えられた方が賢明かと思います。
今後の発売予定ラインナップを見る限り、今ixoを切るのはあまりにも痛いですよ!
私なら発狂しかねません(笑)
ぬっぺほふ
URL
2009/07/25 01:28
こんばんわ。

私が懇意にさせてもらってるショップでも、最近イクソの評判悪いですネ。
数量が安定してるのは助かるが、店頭に並ぶ以上に返品数量が多い、と。
そのショップは出来の良くない商品を棚に並べるのを良しとしないポリシーなので、受入全検を実施しているそうですが、塗装ハゲやデカールの浮き上がりや折れ曲がったまま貼られてる等々、許容範囲を大幅に下回る商品が多く、そういった意味で数量が読めなくなって予約を取り扱わないことにしたそうです。
入荷商品をただ並べるだけの家電量販店をのぞいてみると、確かにモノ凄い商品があったりしますから、私も最近は「イクソ新作は実物を見てから」という方向にシフトしています。
各社値上げのなか、リーズナブルな価格設定と趣味性のあってる人にはツボにくる車種設定でイクソは貴重な存在ですが「安かろう悪かろう」スパイラルに陥っているのが残念です。
業界再編も噂されるなか、表に出せない諸問題もあるんでしょうが、それでも品質面の奮起を期待したいですね。
350GTS
URL
2009/07/25 02:07
こんばんは、ぬっぺほふさん。

2008年WRC参戦したインプレッサをモデル製品化してるのイクソさんだけで比較対象ありませんが、出来としては及第点あげられると思います。

>今後の発売予定ラインナップを見る限り、
>今ixoを切るのはあまりにも痛いです
仰るとおり、縁は切れませんね。
なので、購入ショップ変更しました (^^ゞ
moonwalker
2009/07/26 00:19
こんばんは、350GTSさん。

>塗装ハゲやデカールの浮き上がりや折れ曲がったまま
>貼られてる等々、許容範囲を大幅に下回る商品が多く
出荷時点の品質管理がそんなに酷いとは・・・エンド・ユーザーには知り得ぬ情報です (-_-;)
逆に、ショップさん検品のフィルター通してなお、あれだけの不良品出回るってことは、やっぱ、イクソさんの問題は深刻なのかなぁ?

>受入全検を実施している
信頼の置ける、良いショップさんとお付き合いされてますね。羨ましいです。

>リーズナブルな価格設定と趣味性のあってる人には
>ツボにくる車種設定でイクソは貴重な存在
ええ、これからもガッツリ検品購入して、購入後に不良箇所見つけたら遠慮なく返品交換要求する所存です (^_^)v
moonwalker
2009/07/26 00:30
こんばんは。
いやー、やっぱりターマック仕様は大径ホイールが決まってますねぇ!
当然これも今じゃどこも完売御礼です。
ところでイクソも、安さと引き換えに窮地に立っているようですね。
今の時代、リーズナブルなのはそれだけでもとてもありがたいですが、
やはり品質維持がきつくなってきてるんでしょうか・・・
HIROKI
URL
2009/07/28 22:27
こんばんは、HIROKIさん。

>ターマック仕様は大径ホイールが決まってますねぇ!
いえいえ、グラベル好きのフェンダー・クリアランス余裕ある仕様じゃなきゃ納得出来ない方も多数・・・(^_^;)
お互い、好みに合わせて購入する楽しみが、個人コレクション醍醐味ですね。

>イクソも、安さと引き換えに窮地に立っているようですね
最近、スパーク(ミニマックス社)さんの小回り効かせた商品展開、ダブってませんか?価格は倍近いけど (^^ゞ
09年ル・マンのローラ・アストンマーチン、苦し紛れに両方予約入れちゃいました。出来次第ですが、最終的に手元残すのは1台限りと思います。
とにかく、今後、イクソさんの品質管理向上に期待するしかありません (-_-;)
moonwalker
2009/07/29 02:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
WRC 2008「スバル インプレッサ WRC #5 ツール・ド・コルス」ixo 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる