メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポルシェ 911 GT3 2009/997 2nd.」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2010/02/12 21:57   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8


昨年末発売された、ミニチャンプス(PMA製)通常箱。どうも、最近黒いモデルの購入率高い気がする (^_^;)
それはさて置き、公道からサーキットまで守備範囲こなす、日本で正規購入可能なNA(ノーマル・アスピレーション=自然吸気)エンジン搭載の最速911が、「GT3」。

Porsche 911GT3 997 2nd.Generation
2009 schwarz - Black
1/43 MINICHAMPS 400-068020
1 of 1,536 pcs





残念なことに、実車“無償”オプション「クラブスポーツ・パッケージ」の室内ロールバー組み込まれず、重要な追加オプション「PCCB(ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ)」も、ブレーキ・キャリパーが“黄色”に着色されて無いことから未装着明らか・・・PMAさん、サービス精神あまりないようです。
その代わり、軽量化に導入されたセンターロック式専用ホイールの繊細な出来具合、丸型フレームに納まるHIDライトの素晴らしい表現など、総体的な満足度は期待を裏切りません。

それにしても、昨今の世界的不況影響は深刻で、こんな人気モデルでさえ、生産個数たった「1,536」ですよ。
後々カラー・ヴァリエーション発売するにせよ、つい3.4年前とは隔世の感あります。
パイが小さくなっても、どうしても食べたい者(マニア)同士の奪い合い激化、完売市場に飢餓感漂っちゃいます。
ま、それこそ、メーカーさん思う壺ですが・・・(-_-;)


公道走行可能な911シリーズ最速は「GT2」です。
「911 ターボ(4WD)」から、走行安定性低下を承知でFWD(フロント・ホイール・ドライブ)機構切除して2WD(RR=リアエンジン・リアドライブ)化。逆に、エンジンパワーを強化(旧3.6LVer.比、480馬力から530馬力へ)する“悪魔の契約”して得た存在価値は、アウトバーンやサーキットでこそ真価発揮する、強烈な加速性能(0-100km/h加速3.7秒!0-1km加速20.7秒!)に尽きます。

対する「GT3」の持ち味は、サーキットやワインディング・ロードでの身軽さと(GT2比、−85kg)、ハイパワー(435馬力)&コントロール性重視したNAならではのエンジン特性、そしてRR(2WD)のトラクション性能と操縦する楽しさ。
本気でポルシェが磨きを掛けた、気筒当り600cc超えるビッグ・シックス(水平対向6気筒・DOHC・3.8L)の許容回転数は、なんと8,500rpmまでOK!

海外自動車専門誌で、我が「ニッサン GT-R(R35)」と比較テストされる機会多い「911 GT3」。
メカニズム類似性なら「911 ターボS」あたりが最適と思われますが、R35の総合性能は遥かに優秀すぎて(?)、よりサーキット志向な「911 GT3」引っ張り出さないと勝負にならない。
実際の話、複数雑誌で、街乗り&サーキット走行とも「ニッサン GT-R」が評価上回りました。まぁ、ギリギリ公道走行(ナンバー取得)可能なレーシング・チューンVer.「911 GT3 RS」存在しますけど。
それでも、911の最高峰スポーツ仕様が「GT-R SupecV(1,575万円)」と変わらぬ価格(日本価格1,776万円)で購入可能な上、日常的に公道走行出来るなら・・・「911 GT3」欲しい!(*^_^*)



衝突安全性や環境負荷対策のエンジン・ルーム拡大対応する為、996型からフル・モデル・チェンジした911シリーズですが、遠目に分かる外観、シルエットはもちろん、アイデンティティーであるRRを引き続き採用するなど、頑固なまでにイメージ踏襲しています。
しかしその反面、セミトレからマルチリンクへのリア・サスペンション形式変更、トーションバーからコイルへのスプリング変更、機械(ワイヤー)式クラッチから油圧式への変更、空冷エンジンの水冷化など、誕生から47年間たゆまぬ進化と、飽くなきモータースポーツへの挑戦続けて来ました。
その結果が、現在の名声に繋がる訳です。

過去のブログ記事振り返り、圧倒的にポルシェ中心とするドイツ車モデルカー多いと、つくづく感じます。
でも、それには相応の理由があることにも気付かされました。
国産車で歴史とエピソード思い浮かぶのは・・・やはり、スカイラインぐらいでしょうか (^^ゞ





その他の話題はインデックス・ページへ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

このモデルは見事に買い逃しました…。
発売日にショップへ走ったのですが時既に遅し、現物すら見ることができませんでした(^^;

それにしても問答無用の格好良さですね♪
リムのみシルバーで、あとは全てブラック。
私好みのCOOLな空気感漂うこの仕様は、やはりGOOD!
購入できなかった事が悔やまれますorz

ポルシェのモデルカーは私も多いですね。
もっとも、私の場合は歴史的背景よりもクルマそのものに惚れ込んでしまう事がほとんどですが(^^;
ぬっぺほふ
URL
2010/02/12 23:05
こんばんは、ぬっぺほふさん。

>見事に買い逃しました
各ショップへの入荷日から完売になるまで、非常に早かったですね。
メーカーHPの発売スケジュール確定後、あわてて予約しましたが無事20%OFFで入手出来ました・・・昨年の話ですが (^^ゞ

>リムのみシルバーで、あとは全てブラック
そう、とてもCOOLなんですが、ボディサイドに「GT3」ストライプあしらっても良いような、無いと寂しいような。
そろそろ、黒いスポーツカーから足を洗いたい心境です。

>歴史的背景よりもクルマそのものに惚れ込んで
私も同じです。
基本、クルマが気に入った後に歴史とドラマを知る。そして、ますます愛着が湧く・・・好きなクルマを、いっそう身近に感じられますね。
たとえ、実車に手が出せなくとも (*^_^*)
moonwalker
2010/02/13 02:44
こんにちは。
この車、黒ってちょっと想像できなくてカラバリ待ちです・・・が、
「カラス」状態のこれもなかなか渋いですね!

僕は逆で、持ってるポルシェのミニカーは少ないことに
最近気付きました。
海外スポーツカーの中ではかなり好きなほうですが、
自分でも意外でしたね。
デビューから変わらぬスタイリングですから、
歴代モデル化されたものを並べるとさぞかし壮観でしょうね(^^

それにしても、PMAのカラバリ戦略はなんとかして欲しいです・・・
HIROKI
URL
2010/02/13 17:26
こんばんは、HIROKIさん。

>「カラス」状態のこれもなかなか渋いですね
地味な色からの脱却目指したいと思います (^_^;)

>僕は逆で、持ってるポルシェのミニカーは少ない
私もそれほどでも無いです。
ただ、DTMマシン蒐集もあり、ドイツ車の比率が高いのを自覚しました。
好みで偏り出るのはあたり前ですね。

>それにしても、PMAのカラバリ戦略
他のメーカーさんも同様、今の時代、1モデル一挙大量生産しても在庫の山・・・ダイキャスト金型の耐久性メリット活かし、一定期間毎にカラバリ増産して稼ぐ方法しかないでしょう。
肝心なのは、消費者が賢く立ち回ることですね (*^_^*)
moonwalker
2010/02/14 00:08
moonwalkerさん、こんにちは^^


私は昨日、”RS”を入手しました。ウイングステーが、カップカーのようによりレーシーな造りになっていたり、エキゾースト径も太めになっていたりで、コンペティティブな要素がアップしていますね。それこそ、このままスリックタイヤを履かせれば、即、レーシングカーの出来上がり!ってな感じです(^_^)

こちらで紹介されているGT3”2nd”ですけど、私は、以前、ディーラー箱のレッドを買いました。まさか、こんなに早く通常版がリリースされるとは思っても見ませんでしたが・・・(^^;;
ちなみに、今回購入した”RS”の方が”2nd”よりも安かったんですよ(約700円ほどですが・・・)。ちょっと意外でしたが・・・(苦笑)。まあ、何にしても、この時期にディーラーモノを若干でも安く提供してくれるのが有り難いです・・・(f^_^;)
ひろ
2010/03/10 17:55
こんばんは、ひろさん。

実車「GT3」が“サーキット走行を楽しめる”ロードカーなら、「GT3 RS」は“公道も走れる”サーキット生まれのロードカーですね (^_^;)
私は、どうもその中途半端なキャラが苦手で、さらに過激なサーキット専用仕様「RSR」に興味が向いてしまい、ブログではまだ未公開2007&2009仕様がUP待です。

かなり値頃に入手された「RS」、羨ましいです (*^_^*)
moonwalker
2010/03/10 20:05
moonwalkerさん、こんにちは。


そうですねぇ。”RS”って、軽量化のために吸音材を全て取り払っている関係で、車内音がとんでもなく五月蝿いようなので、実用性の点では確かに”中途半端”な側面もありますね・・・。もっとも、そういったエンジン音がたまらなく好きなマニアにとっては、それこそ五月蝿いくらいの車内が”至福の空間”になるのかもしれませんが・・・(苦笑)。
まあ、売る側からしてみれば、街乗りのデイリーユースとしてではなく、「公道も”一応”走れますよ・・・」程度の意味合いで言っているんでしょうけどね(f^_^;)


あと、「RSR」もカッコイイですよね。確か、このRSと同時期に2010仕様のRSRも発表されていましたね。そろそろディーラー箱でRSRも出てくるのかな、と。
それと、「newターボ」と「ターボS」も心待ちにしているんですけどね。ショップの店長に尋ねてみたんですが、まだドイツ本国のディーラーからもアナウンスが無いとのことで・・・。

それにしても、ポルシェって、ボディ全体の基本的デザインをデビュー以来頑なに堅持しているのがスゴイですよね。現代の目でみれば、決して空力面で良好とは言えないウインドー周りも変えていませんし・・・。そういったある種の頑固さみたいな普遍のデザインポリシーにポルシェの魅力を感じます。
ちなみに、911シリーズと私は”同い年”なので(苦笑)、そういった点でも特別な想いみたいな感情がありますね。911も私も、”いい歳のオッサン”ですね(笑)。
ひろ
2010/03/11 18:15
こんばんは、ひろさん。

仰るとおり「RS」の意味がサーキット走行を目的とした軽量化&チューンUPですから、本籍公道の「GT3」に対して、「GT3 RS」の本籍はサーキットと言えますね (^_^;)

お互い体を労わりましょう (^_^)v
moonwalker
2010/03/11 21:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ポルシェ 911 GT3 2009/997 2nd.」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる