メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ランボルギーニ イオタ/Jota 1970」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2010/03/03 22:46   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8


予約購入した2009年7月発売から半年以上、我が家のガレージ(=保管用ダンボ−ル箱)で惰眠貪り続けた不憫なモデル・・・誰の責任?すべて私の自己責任 (^_^;)
それでも物事には必ず理由があります。詳細は追い追い。

Lamborghini Jota
1970 Rosso-Red
1/43 MINICHAMPS 400-103680





最新技術とクオリティが見えない(見えづらい?)、ミニチャンプス(PMA製)さん期待作「オリジナル・J(イオタ)」に対する私の評価・・・“もう少しがんばりましょう”
まず最初に目が行くフロント・チンスポイラーの許せない厚みと形状。デカイ!張り出しすぎ!
モデル実物を手に取ると、厚みに関する違和感それほどでも無いのに、画像で見るとほぼ致命的ですね。
形状も、もっとボディ・ラインに沿う控え目な実車イメージ優先でデフォルメした方が、より“らしさ”醸し出せたはず。せっかく別素材パーツ組み付けのメリット活かせません。
もう一点はヘッドライト。
ミウラのポップアップ式から固定式に変更されたライトですが、なんと、驚くべき“銀ポチ塗装”手抜き表現です!
あの少々マンガチックな京商製「イオタ SVR」でさえ、ちゃんとカバー奥にプラパーツでレンズ再現してるのに・・・ (-_-;)

それ以外、若干ワイパー・アームの太さが気になるくらいで、均整の取れたプロポーション造形、美しい塗装、精緻な“カンパニョーロ”マグネシウム・ホイールなど“平均的水準”モデルカーです。

最近、PMA母国であるドイツ自動車メーカー純正モデルが、ことごとくミニチャンプス・ブランド離れしてる要因と勝手に思い込み納得してしまう製品レベルの停滞は、顧客を甘く見ている現われなのでしょうか?


それまでレーシングカーを作らなかったランボルギーニですが、“チーフ・テスター”ボブ・ウォレスが中心となり、当時FIAのアペンディックスJ項(車両規定項目)プロトタイプ・クラス車両規則を満たす実験車両として、ミウラをワンオフ改造して作られたのが「J」であり、後にギリシャ文字読み「イオタ」と呼ばれました。

ミウラからの改造は広範囲に渡り、実は、そのままパーツ流用したのはルーフのみ。
サスペンションやステアリング・メカは新しく設計され、強度アップのためシャーシ・センター・セクションの素材変更、拡大したドア下部サイドシルに燃料タンク増設するなど大改造を施し、手叩きのボディパネルも更に薄いアルミが使用されました。
4L・DOHC・V12・横置きエンジンは吟味したパーツ交換により440馬力までチューンされ、ドライサンプ化によるオイルパン撤去でシャーシ搭載位置を変更、低重心化が計られました。

その後、顧客からの要望でランボルギーニ自ら“改造”請け負うなど、世界中に多数の“レプリカ”存在しますが、正真正銘「J(イオタ)」は既に事故で焼失した原型1台限りで現存しません。



残念ながら、実車が持つ躍動感、ワクワク感、非日常をまったく感じさせない、不思議なほど無感動なモデルカーです。
多分、キチンと出来すぎてるせいでしょう。
生産個数も「6,960」と多く、市場もダブつき気味で人気薄・・・ここはひとつ、京商製「イオタ SVR」の派手なアピアランス見習って、ミニチャンプスさんからも「SVR」出して貰いましょう (*^_^*)

P.S.
別件ですが、昨日(3/2)発表された3月発売予定エブロ製品、ピクリとも食指が動かなかったのは久しぶり (^^ゞ





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
J はい…実は AZも 勢いで買っちゃったんです。
そぉかぁ…もう少し(どこか)破綻 している方が 魅力的に見えるのかも知れませんね。と 何だか 納得。
ミニチュアって 難しいデスネ…。
AZ
2010/03/03 23:42
こんばんは、AZさん。

>ミニチュアって 難しいデスネ…
さじ加減ひとつですら、ホント難しいですね (-_-;)
moonwalker
2010/03/04 01:31
こんばんは
ライトは塗りでしたか!
買おうかどうか迷っていたのですが、どうもライトの所が気になっててね
ミニチャンプスはパッケージの蓋が邪魔で正面から見えないし
(HPなどの)写真では分かりにくいし・・・
なんか怪しいな?っと思っていたのですよ
たしかにそれ以外の所は、悪くはないが、どうも実車もそうだけどインパクトに欠ける車
話題性は凄くある車なんだけどね・・・。
Naka
2010/03/04 23:13
こんばんは、Nakaさん。

>ライトは塗りでしたか!
意外に知りたい情報って手に入らないんですよね。
そこら辺を含め、自腹インプレで多くの方に良い点、悪い点をなるべく客観的にお伝えしつつ・・・最後は主観で締めたいと思います (^_^;)
参考になれば幸いです。

moonwalker
2010/03/05 01:10
こんばんは^^


私も、ライト部分を確認したときに”幻滅”しました・・・(苦笑)
ただ、このタイプのイオタって、ダイキャストではどこも出してくれないので、仕方なく(苦笑)買ってしまいましたが・・・。

まあ、ご指摘のスポイラーの厚み等々、いくつか難があるのは確かなのですが、リア周りのボリュームのあるファット感とか、全体的なバランスとしてはまあまあのデキなのかなぁ、なんて思ったりもしています。
ひろ
2010/03/06 18:38
こんばんは、ひろさん。

>リア周りのボリュームのあるファット感とか、
>全体的なバランスとしてはまあまあ
同感です。
見事なリアフェンダーの膨らみは官能的ですらありますし、購入されない方には内緒で密やかな楽しみ・・・(^^ゞ

事実上他の選択肢が無く、オリジナル・イオタ最良モデルでしょう。
moonwalker
2010/03/07 00:52
こんにちは。車は足廻りできまります。PMAはその辺りが凄く上手いと思います。く
Foxy Lady
2010/03/08 13:03
こんばんは、Foxy Ladyさん。

>車は足廻りできまります
確かにタイヤ&ホイールの出来は重要で、この辺りのセンスに欠けるデフォルメだと、某メーカーのJTCC車輌のような有様に (^_^;)
実車でも大切です。特に、見えない部分のサス・セッティング。
moonwalker
2010/03/08 19:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ランボルギーニ イオタ/Jota 1970」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる