メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「BMW M3 E92 2007/Linea Giallo」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2010/04/11 02:56   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


前々から気になっていた、ミニチャンプス(PMA製)の“イロモノ”「Linea Giallo(黄色ライン)」シリーズ。
6車種発売されてる中で、一番黄色が似合いそう・・・昔憧れた「E36 M3」の“ダカール・イエロー”が、あまりにも鮮烈な記憶として残っているから、きっと似合うと断定購入しました (^^ゞ


通常より一回り以上大振りなパッケージ&台座。

シンプルで洒落たデザインの外箱も、見事にまっ黄っ黄 (^_^)v




このモデル、とにかく黄色い塗装“売り”ですが、実車の特徴を上手く捉えた造形が素晴らしく、ミニチャンプスのBMWモデルに多く見られる“ボンネット開閉ギミック”ハンデ背負いながら、ボンネット・ラインおよび“キドニー・グリル”を崩さず纏めたプロポーションは、評価出来る仕事内容だと思います。
精緻なHIDヘッドランプ、特徴的な2本ステー「M エアロ・ミラー」、高品質なメッキが施された「18インチ M ライト・アロイ/ダブルスポーク・スタイリング219M」ホイールなど、「E92 M3」に欠かせない重要パーツが忠実に再現されています。

肝心の黄色塗装も厚ぼったさほどほどにムラも無く、ひさびさにミニチャンプスらしい品質を感じさせてくれました。
予想どおり、個人的には十分満足な買物。



全長10cm強の「1/43」モデルカーにボンネット開閉ギミックが必要とは思えませんが、いざ開けてみると、なんだか少し得した気分になるのも事実 (^^♪

ただし、不鮮明な画像以上に平板で大雑把な作りの“エンジン&補機”には、まったく感動出来ません。


2007年デヴューした現行型「M3 E92」は、お決まりのモデルチェンジ毎ボディ拡大を継承して、全長は4,620mmまで延び、重量は1,650kg(M DCT/6速MTは1,630kg)に達しました。
車輌重量に関しては、最早ライト級とは言え無いまでも、アルミ製ボンネットや樹脂製フェンダーなどにより、軽量化が図られた結果とも言えます。
また、先代「E46 M3 CSL」で試行された“カーボン・ルーフ”の採用は、軽量化と同時に“低重心化”にも貢献しています。

最大のトピックスは、M3伝統のインライン(直列)・エンジンと決別、初めてV型8気筒を搭載したこと・・・ALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)参戦用ホモロゲーション・モデルの「E46 M3 GT-R」は特例ですね。
4L・V8・DOHC「S65B40A型」は、8,300回転で420馬力を絞り出す、典型的高回転型エンジンです。
従来の、緻密でスムーズな理想的フィールを持つ直列6気筒エンジンを捨ててまで、ライバル(ポルシェ911など)に太刀打出来る排気量拡大(更なるマルチ・シリンダー化)が必要でした。

余談ですが、4L・V8は現行DTMのエンジン規定と一致する為、BMWのDTM復帰説が期待も含め噂されてます。



E36の“ダカール・イエロー”は、固ゆでした玉子の黄身のように薄い色味でした。
対して、ミニチャンプスの「Linea Giallo」に塗られるのは、半熟玉子のような濃い目の色付けです。
張りのある面構成で魅せる「E92 M3」には、陰影が分かりやすい“濃い目”が意外に似合う事を新発見しました。

“黄色”が似合うかどうかは別に、E92型M3実車購入して乗るとしたら・・・クーペでなく、やっぱ、実用性と“羊の皮を被った狼”度から、リムジン(4Dr.セダン)選ぶだろうなぁ (^_^;)

BMW M3 E92
2007
Linea Giallo No.4
1/43 MINICHAMPS 436 026320






その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
この鮮やかな黄色、ショップで見かけるたびに気にはなってました。
ほんとだったらシルバーが欲しいところですが、ディーラー特注のあの大箱がイマイチ気に入らず・・・
でも、こっちだったら黄色でも欲しいって思っちゃいます。
ボンネットのギミック、結構心躍るんですが
最近のMパワーはカバーで隠れちゃって再現の意味が見当たらないですね(^^;
グラマラスなボディと足元を引き締めるホイール、いいですなぁ♪
HIROKI
URL
2010/04/12 00:16
こんばんは、HIROKIさん。

>最近のMパワーはカバーで隠れちゃって再現の意味が
そうですね、仰るとおりだと、私も思います。
やはりエンジンルームで幅を取るV8やV10より、細身の直6の方が画になります。
最新の“高級車”は、みんなエンジンルーム内を綺麗にカバーしちゃうから、それこそ1/43モデルカーのギミック必要性薄く感じます。
moonwalker
2010/04/12 01:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「BMW M3 E92 2007/Linea Giallo」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる