メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS F1 1976「Tyrrell P34/DFV #3 Swedish GP」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2010/05/11 01:34   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8


F1界に衝撃デヴュー果たして4戦目、ついにスウェーデンGPで初優勝&1-2フィニッシュするに至った空前絶後の6輪マシンを、新興ブランド「TrueScale Miniatures(TSM)」がSpark Model/MINIMAXにOEM発売した記念碑的モデル。
ジョディ・シェクターが操った「#3」は、1976年スウェーデンGPでポール・トゥ・ウィンしたマシンを再現しています。


TSM専用外箱は、オトナっぽくシックで地味なデザインです。

台座&クリア・ケースは、レーヴ・コレクション/スパーク標準サイズなので、前後の空きスペースから、昔のF1マシンが如何にコンパクトだったことを再確認。




まさに“異形”のF1マシンを忠実に再現したスパークさんですが、前後して展開される営業戦略にまんまと踊らされるご同輩が、日本全国に一体何人いることか・・・(-_-;)
この件については、今後の記事で追い追い明らかに。

すでに350GTSさんがブログで評価(ドイツGP仕様)されてますが、エンジン、ミッション、サスペンションの“メカ部分”の追求と省略が、1/43スケールF1マシンとして絶妙だと思います。
肉抜きされた薄板2枚で構築される繊細なウイング・ステーもさることながら、ウイングとの結合部周辺の再現は、今までのミニチャンプス/PMA製ではハナから問題にもされなかったでしょう。
そして、ミッション&デファレンシャル・ボックス両脇のインボード・ディスク・ブレーキ(残念ながら非可動)や、リアサスのアンチ・ロール・バー(スタビライザー)再現は涙目モノの工作技術で、省略と書きましたが、嬉しいことに見せ所のキモは抜かりありません。

ティレル側が要求した“9インチ”径に対して、グッドイヤーが回答提供した“10インチ”径フロント・タイヤの空気抵抗低減効果も、直前の“スポーツカー・ノーズ”に7割方隠れるモデルを目の当たりにすると、ハッキリ認識する事が出来ます。
横からのプロフィール、まるで“蒸気機関車”を連想させませんか。


それまで比較的オーソドックスで手堅いマシン設計のイメージ強かった、ティレル・チームの“チーフ・デザイナー”デレック・ガードナーが長年温めたアイデア・・・それは、前輪に小径タイヤを採用して、ボディ・カウル表面の空気を綺麗に流すこと。すなわち、空気抵抗の低減でした。
フェラーリを除く殆んどのF1チームが「DFV」エンジンを使用していた当時、ガードナーの試算上、高速域での効果は約40馬力のパワーUPに匹敵すると見積もられましたが、前年(1975年)秋に行われた発表会でベールを脱いでから実戦登場まで、レース関係者を含む世間の大多数が“客寄せパフォーマンス”半信半疑だったことは、言うまでもありません。
本来であれば、ティレルのマシン命名則から「008」になるべきはずが、総帥ケン・ティレルの反対(不信感?)で、チーム内呼称「P(プロジェクト)34」がそのまま正式名となり、3シーズン使用で戦闘力低下著しい「007」に替わり、急遽「Rd.4 スペインGP」から、「#4」パトリック・デパイエ用1台が実戦投入されました。

現実的には、他のF1マシン同サイズの巨大なリア・タイヤが依然剥き出しのままでしたから、最高速が異常に速かった記録は残されていません。
むしろ、4輪化によってフロント・グリップが増大、小径ながらブレーキ・キャリパー倍増によるストッピング・パワー強化の2点が、効果的な武器になりました。実践的に云うと、他のマシンより遅いブレーキングが可能となり、旋回性能が向上して曲がりやすいマシンだったようです。
その素性は、スウェーデンGP優勝前、ストップ&ターンを繰り返す中低速コース「モナコGP」で達成した“2-3フィニッシュ”が証明済みでした。



実戦登場から2シーズン、“シックス・ホイラー”「P34」は1977年まで使用されますが、結局、優勝を記録したのは、このモデルが挙げた1勝だけなので、TSMさんは実に“美味しい”モデルの版権押さえました。

過去の記憶では、そんなにヴァリエーションあったように思えない「P34」ですが、実はとんでもない展開に・・・(^^ゞ

Tyrrell P34/Ford cosworth DFV
#3 Jody Scheckter
1976 Swedish GP Winner
1/43 TrueScale Miniatures/Spark Model TSM10439






その他の話題はインデックス・ページへ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
自分はレーヴ・コレクションのを買いましたが
こちらも目が離せませんね。
後からいろんなモデルが出るのは分かっていても
待っていられないのがコレクターの心境・・・。
このモデルの驚く事は、その細かさ。ウイング・ステーも勿論シビレました。
あとフロントの何と言うのでしょうか?下のスポイラーとを繋げるパーツ(5つ)も
細かく再現されてますよね。
こうして1/43スケールの現行のF1と比べると実に小さかったのが分かりますね
いやぁ〜、しかしスーパーカー世代からすれば6輪タイレルは特別ですよね
子供心に6輪はなんともヒーロー的な存在でした(笑)

Naka
2010/05/11 23:15
こんばんは、Nakaさん。

細部までミニマックスさん、上出来な仕事してますね。
んなモンで、当然他にも・・・(^^ゞ

“6輪たいれる”は、やはり少年時代に受けたタミヤさんの刷り込みが効いてると思います(*^_^*)
moonwalker
2010/05/12 01:44
こんばんわ。

スパーク営業戦略に見事に踊らされてる1人です(笑)
同時代の他車に比べて決して大好物ではなかったはずのP34ですが、気がつけば、76年77年ひっくるめてすでに5台、さらに今後リリース予定の76年日本仕様も予約済み。
その他007、018〜020、PMAの012も含め瞬く間に勢力拡大。
あとは、名機DFV系最後の優勝車011が出ればなぁ〜などと、もはやP34祭りというよりティレル祭り状態です。
今、何故ティレルなのか?と問われれば、ひとえにどれもが個性的で全てがカラバリといえなくもない現代F1マシンへのアンチテーゼ、ということでしょうか。
350GTS
URL
2010/05/12 02:02
こんにちは。

P34、スーパーカー世代の私としては もう欲しくて欲しくてウズウズ。
どのバリエーションでも良いので、何度ネットショップでポチろうとした事か。
でも、最後の最後に必ず出るであろうスーパーカー少年のキラーアイテム、「たいれる」「しぇくたあ」の日本GP仕様。
それだけを信じて、(と言うか複数買うお金が無い・・・)1台も購入せずに今まで来ましたが・・・。
予約が始まった時は大げさでは無く狂喜乱舞でした^^

しかし、サンプル見るとレインタイヤを履いていない模様・・・。
商品化された時はレインを履いていると良いのですが・・・どうでしょう。
とにかく早く手元に欲しい1台です、P34。
通りすがりの侍
2010/05/12 09:43
こんばんは、350GTSさん。

>P34祭りというよりティレル祭り状態です
ブログ拝見してると、なんかもの凄いことになってるようですね。
無事コンプリートされることをお祈りします (^^ゞ

>何故ティレルなのか?〜略〜現代F1マシンへのアンチテーゼ
ここは素直に、ディティールに優れ、適正価格で提供してくれるメーカー出現を感謝致しましょう (^^♪
moonwalker
2010/05/12 21:27
こんばんは、通りすがりの侍さん。

>キラーアイテム、「たいれる」「しぇくたあ」の日本GP仕様
そうそう、やはりコレは外せませんね。
「たいれる」は、私も予約しました。

>サンプル見るとレインタイヤを履いていない模様
多分、大丈夫ですよ・・・根拠無いけど (^_^;)
私も期待してますから。
moonwalker
2010/05/12 21:31
moonwalkerさん、今晩は。
6輪たいれると言えば、スーパーカー世代の刷り込みはほぼ完璧ですよね。
自分も待てずにドイツGP仕様を購入、ラストレースの日本GP1977仕様、唯一の勝利のこいつも続けて購入しました。
でも、日本GP1976が出るとなると悩みますよね。コクピット周り形状やリアウイングの仕様違い、雨対策のカウルつなぎ目のテープの色違い、といった#3と#4の差別化もきっちりされているので、2台揃えるのが“漢”でしょうし・・・。
レインタイヤの件は、この仕様だけのためにレインタイヤを作りたくないのかもしれませんね。どの時点かは忘れましたが、この仕様でスリックも履いたはずなので、間違いとは言えないようですし。
テルタイン
2010/05/13 23:14
こんばんは、テルタインさん。

“シックス・ホイラー”は現時点で「#3」3種購入しました。あと、予約1種待機中です (^^ゞ
レインタイヤの件は、きちんとレーヴ・コレクション/KBとしてオーダー出してるようなので、大丈夫そうですよ (^_^)v
ソースはKBのHPです。
moonwalker
2010/05/14 19:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
F1 1976「Tyrrell P34/DFV #3 Swedish GP」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる