メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「NISMO GT-R LM Silver/Plain Color Model」hpi 1/43

<<   作成日時 : 2010/05/14 23:54   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4


3月26日発売「2010年5月号」をもって休刊された「ミニカーファン」誌を惜しみ、hpiが発売した“メモリアル・モデル”。
hpi・Webショップ限定で、4月24日12時発売開始。“銀”は30分で完売、“黒”も追って完売しちゃいました (^_^;)
ロードカーとは一味違う、レーシングVer.の架空プレーン・カラー・モデル・・・33Rって、こんなにカッコ良かった?


「ミニカーファン Special Thanks!MINICAR FAN」
いつもの外箱の中に特製インサート・カードがセットされたパッケージですが、ミニカーファン誌に対する思い入れは、正直、あまりないです。
中途半端な記事の掘り下げと曖昧な速報性が物足らず、購入したのは「ル・マン別冊」1度きり。

ピントを文字に合わせた分、手前のモデルカーが少々ボケ気味なのはご愛嬌・・・。


すっかり定着したレーザー彫刻文字のプレート。

最近、hpi製モデルの台座表面がザラザラ(シボ?)加工になりましたが、タイヤ・ゴムの癒着防止に効くなら嬉しい。




いつもながら拙い画像ですが、普及価格帯ダイキャスト・モデルの常識を超えた、この切れ味鋭いモデリングを感じ取って頂けるでしょうか?
腰下の一部分割ラインの粗さが少し残念ですが、全体として素晴らしいクオリティを達成してます。
hpiは、またしても自らハードル上げましたね。

シャープなエッジを崩すこと無く、均整の取れたバランス感覚で纏め上げた造形力が、まず素晴らしい。
その上で、ダイキャストに拘らず、薄く仕上げたルーフを実現した技術力が凄い。
ムラ無く艶やかに塗られた“ジェット・シルバー”の輝きが美しすぎる。
と、まあ、書いてる本人が恥ずかしくなる賛辞ばかりですが、見た目ありのままでしょうがありません。

ブラック&シルバーの各色300台限定販売、税込6,000円(送料+代引き手数料含む)ポッキリのメーカー直販商品は、相当にお買い得でした。


1996年ル・マン24時間レースに日産が送り出したGT1マシン、それは、栄光と伝統に彩られた“スカイライン”の名を外した「NISMO GT-R LM」でした。
規定でヴァリエーションに4ドア・ボディを持つクルマは「GT1」として認められず、「スカイライン GT-R」では出場出来ない事情もあり、「スカイライン」の車名を外し、BCNR33をベースに切った貼ったの大手術を断行して生まれたのが「NISMO GT-R LM」です。

主な改造点は、4WDからFRへ、サスペンション形式の変更、エンジンマウント位置の後退、ロールバーを利用したボディ剛性の大幅強化です。
耐久レースで最も重要なのは信頼性=壊れ難さです。複雑で重量の嵩む4WDは不必要と判断されました。
また、セッテイングやレイアウト、タイヤ&ホイール・サイズに制約を受けやすいマルチリンクのサスペンションは、より自由度と信頼性に勝るダブル・ウイッシュボーンに変え新設計されました。
同様に、運動性向上と低重心化の為、「RB26DETT」エンジンはコクピット側へめり込むよう搭載され、その影響でドライバーズ・シートはセット・バックされています。
張り巡らされたロールバーはモデルでも忠実に再現されてますので、画像で確認出来ます。

以上のような背景から生まれたレース仕様を、架空の公道仕様風モデルとしてhpiが営業戦略上リリースしましたが、何故か「ブラック」にはエアロ・ミラー装着し、「シルバー」にはノーマル・ミラーで差別化してます (?_?)


これが正真正銘の「NISMO GT-R LM ロードカー」実車画像。
2つ設置されたレカロ・シート、ロールバーの無い室内空間、左サイドから消えたエキゾースト・パイプ、そして“小振り”なリアウイング姿。カッコの良し悪しは主観の問題ですが、私は・・・hpiさんがモデル化した仕様の外観でも、現代なら十分公道走行可能ですね。

ホモロゲーション(公認)取得の為に1台だけ製作され、イギリスで一般車輌として登録されましたが、その後日本へ里帰り、現在は神奈川県座間市の日産保管庫で眠っています。



5月20日ごろ、ル・マン参戦モデルもリリースされるようです。
静岡ホビーショー会場では、予想どおり「NISMO GT-R LM ロードカー」も参考出品されましたが、果たして、ガンメタやホワイトの売れセン確実な今後の積極的ヴァリ展は・・・量産可能なダイキャストでのモデル化選択したhpiの、更なる利益率向上を狙う本気が垣間見えます。
比較の為にも、買わなきゃダメかしら (^^ゞ

NISMO GT-R LM
Silver/Plain Color Model
Special Thanks!MINICAR FAN/Limited Edition 300pcs.
1/43 hpi-racing 8166l






その他の話題はインデックス・ページへ



ミニカーファン 2010年 05月号 [雑誌]
エイ出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



MS-models Vol.2 (SAN-EI MOOK)
三栄書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

おお、早速登場ですね♪
写真からでも分かるシルバーの粒子の細かさ、ダイキャストとは思えないシャープなボディライン、やっぱりhpiさんGJな仕上がりです!

それにしても、同車種ながらシルバーは黒とは雰囲気が全然違いますね。
NISMO GT-R LM Road Carを思い起こさせるこのシルバー、うーん、何だかこっちも欲しくなってきました(^^;

さて、そのNISMO GT-R LM Road Carですが、hpiから発売予定のモデルはレジンでほぼ決定のようですね。
JTCCのプリメーラやEG6もレジン、どうやら海外でウケの悪い日本国内イベント参戦車や、国内でしか需要の見込めないマイナー車は少量生産のレジンという運命にあるようです…。
ぬっぺほふ
URL
2010/05/15 00:36
こんにちは、ぬっぺほふさん。

ブラックのカッコ良さはぬっぺほふさんのブログ記事で確認しましたが、よりロードカー風なシルバーも中々ですよ (^^♪

>NISMO GT-R LM Road Carですが、hpiから発売予定の
>モデルはレジンでほぼ決定のようですね
MIRAGE・ラインから参考出品していると言うことは、やはりレジン・・・せっかくダイキャストの“金型”持ってるのに、また1万越えで出す気なんでしょうか?(-_-;)
moonwalker
2010/05/15 14:45
moonwalkerさん こんばんは。
いや〜惚れ惚れしますね。
購入予定のレース仕様2種に期待が持てます(^^)
EBBRO品とは大違いですね。。。
kenken
URL
2010/05/16 22:59
こんばんは、kenkenさん。

>購入予定のレース仕様2種に期待が持てます
2台とも購入ですか・・・財力に余裕が無いもんで、私は「#23」のみ予約しました。
羨ましいです (-_-;)
moonwalker
2010/05/17 02:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「NISMO GT-R LM Silver/Plain Color Model」hpi 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる