メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Mercedes-Benz SLS AMG GT3 Presentation」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2010/11/21 21:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


発売を楽しみに待っていたスパーク/ミニマックス製の注目モデル。
ロードVer.があれだけカッコイイんだから・・・と、レース仕様への期待がワクドキ高まる中、商売上手な予想外の早さで10月リリース!
正直、今、心に沈殿するモヤモヤはなんだろう (-_-;)




フロント・ノーズ左右のカナードは1枚ですが、実車はテストカーで“2枚刃”へ進化して迫力を増すなど、外観的な今後の変化、あるいは量産型での変貌を楽しむ“物差し”として、コレクション価値は大いにあると思います。

また、特徴的なガル・ウイング・ドアを上方に開くなど、実車であれば意図的に派手な表情も演出可能ですが、1/43スケールのプロポーショナル・モデルでは、当然のことながら造形センスと質感(主に塗装品質)勝負です。
リーズナブルに満足度の高いレジン・モデルを数多く送り出した、スパーク/ミニマックスさん製品には珍しく厚塗りを意識させる塗装と、それが殊更強調される原因の、未消化とも思える荒削りな造形が暴露したのは残念の一言。
“白”が難しいのを承知の上で、どうか同じ失望感を繰り返さないクオリティUPをお願いします。

結論として、プレゼンテーション・モデルの存在意義である基本造形の美しさ、それを活かす塗装(色)品質に力不足を感じる、実に惜しい製品・・・ただし、これらはスパークさんだけの責任で無いことは、その後にメルセデスらしく銀塗装されたテストカー、シルバー・ポリッシュ仕様ショーカーの見栄えを較べれば明らか。
むしろ、今後登場するであろう「GT3」実戦(カラーリング)ヴァリエーションが楽しみと考えるべきかも知れません。
そして、ホンの少し原型のブラッシュアップを。

厳しい評価は、事前の期待が妄想的に膨らんだ私の責任も大、かなぁ (^_^;)


2010年3月にメキシコで“展示(Presentation)”された初公開最初期モデルは、プレーン過ぎて寂しい白一色のカラーリングが間違いなく面白味に欠ける要因のひとつ。

2011年2月からデリヴァリー開始予定のFIA-GT3用市販マシン「SLS AMG GT3」ですが、ワークスチームによりテストカーが2010年9月25日開催の「VLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)」に実戦投入されました。
開発ドライバーを兼ねる元“DTMの帝王”ベルント・シュナイダーらのドライブで予選3位からスタート。途中降雨の悪コンディションやアクシデントに見舞われながら、決勝レースを89位でフィニッシュ。
その実力は、まだまだ未知数な開発途上です。

ちなみに、2010年8月に正式受注開始された車輌本体価格は33万4,000ユーロ(1ユーロ110円換算で約3,674万円)だそうです。
縁遠い話だけど (^^ゞ



Mercedes-Benz SLS AMG GT3
Presentation
1/43 Spark/MINIMAX S1024






その他の話題はインデックス・ページへ






SPARK 1/43 メルセデス ベンツ SLS GT3 2010 (ホワイト)
ミニカーショップ ロードサイド
■全長約10cm(2010.11.6)


楽天市場 by SPARK 1/43 メルセデス ベンツ SLS GT3 2010 (ホワイト) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「Mercedes-Benz SLS AMG GT3 Presentation」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる