メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「CELICA Turbo 4WD #1 Monte Carlo 1994」hpi 1/43

<<   作成日時 : 2010/12/22 22:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6


シンプルなカストロール・カラーも気に入り、よりラリーカーらしい外観の象徴“6連ライト・ポッド”装着したST185/セリカが欲しい・・・お誂え向きのヴァリエーション、低めの車高が精悍なhpi製「1994年ラリー・モンテカルロ」ナイトラン仕様を10月に予約購入しました。


しっかりカンクネン/グリスト組の名がレーザー彫刻された台座プレート。

毎度の事ながら、なぜ順位を刻まないのか不思議ちゃん。はっきり言って、小さな不親切だ。




それでなくともフロント・オーバーハングが長いのに、さらにその突き出した“アゴ”の先端にライトポッド増設でマス・バランスを崩したプロポーションは、お世辞にも美しいとは言い難い (-_-;)
反面、日本車特有の線の細さをカバーする若干の猛々しさを手に入れました。
その化粧直しの功労者である“6連ライトポッド”+リトラクタブル・ライト全開状態の再現は、hpiさんお見事!
レンズカットとバルブの存在を感じさせるパーツ設計など、実に上手く計算されていると思います。
ナイトラン仕様って、カッコイイですね。

大胆に施されたタンポ印刷にズレやカスレは見当たらず、最近気になるクオリティに問題ない個体でホッと一安心。
不満点は、そもそも実車の問題ですが・・・せっかく薄いタイヤと低めの車高のターマック(舗装路)仕様なのに、あっさりし過ぎるヒトデ型O.Z.製ホイール・デザインの物足りなさ。ダート(オフロード)用と使い分けしないミスマッチが残念です。
それ以外は上出来です (*^_^*)


左、「セリカ ターボ 4WD #1 モンテカルロ 1994」。右、「セリカ ターボ 4WD #5 ツール・ド・コルス 1994」。
どちらもhpi製、1/43ダイキャスト・モデルカー。
画像から判別しづらいですが、「#5」は両サイドとリアのスモーク・ウィンドウを再現してます。

買って(多分)後悔しない、素晴らしいモデリングの2台。


1993年WRCチャンピオンに輝き(トヨタはメイクス・チャンピオンも獲得)、1994年シーズンに栄光のゼッケン「#1」を纏うカンクネンですが、名誉が懸かるラリー・モンテカルロでは、優勝をフランソワ・デルクール操る「#6 フォード エスコート RS コスワース」に攫われ、惜しくも2位入賞の成績でした。
それでもトヨタは1994年のドライバー/メイクス・ダブル・タイトルを2年連続で手中に収め、僚友「セリカ ターボ 4WD #5」のオリオールがチャンピオン獲得しました。

以下、hpi公式HPより

このイベントより投入されたトラクションコントロールの恩恵を受け、ターマックを得意としないカンクネンが快走を見せ2位となった仕様を再現。
ナイトステージ用6連ライトポッド装着仕様を再現。




地味な彩色ながら、この角度からはかなり賑やかなマーキングに見えます。
一昔前までの日本車共通の悲しさ、拡幅されてもまだ足りない、ベース・モデルの幅の狭さが少し残念 (^_^;)

いやぁ、ST185に限って、ラリーカーも悪くないと思いましたよ。ちょっぴり食わず嫌い反省。

TOYOTA CELICA Turbo 4WD
#1 J.Kankkunen/N.Grist
1994 Monte Carlo
1/43 hpi-racing 8173






その他の話題はインデックス・ページへ






hpi-racing 1/43 トヨタ セリカ ターボ 4WD 1994 モンテカルロ No.1
ミニカーショップ ロードサイド
■全長約10cm(2010.11.6)


楽天市場 by hpi-racing 1/43 トヨタ セリカ ターボ 4WD 1994 モンテカルロ No.1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
moonwalkerさん、今晩は。
自分はこの頃までのWRCが好きだったので、ST165、ST185といくつか揃えてしまいましたが、この6連ライト・ポッド、購入しなかったモデルの一つです。
何故かと言うと、hpiさん、モデルの出来は申し分ないというか決定版なのですが、メーカーさんの好みでターマック仕様というか、出すイベントがほぼモンテとコルスのみ。ユーザーの期待などお構いなしで、車には興味があっても、レース内容やドライバーに対する思い入れは少ないのかなと感じてしまいます。RACとかタバコロゴの心配もしなくてよいイベントもあるのですが・・・。
また、moonwalkerさんも御不満な点に挙げられているように、順位が入っていないのは、最近、優勝車の選択が少ないからなのかなと感じています。ただ、旧型のBOXの時は最低でもウイナーとかは入っていたのですが、最近はそれすら入っていません。
自分は1990年のST165、日本車に乗った初の世界チャンピオンであるサインツの1000湖ウイナー(「北欧出身ドライバーでなければ勝てない」というジンクスを破って優勝)を期待しているのですが、無理そうです。サインツ自身もST165の方が好きで、ベストレースに挙げているんですけどね。
ラリーカーの啓蒙活動(笑)ですが、この後、1993年の555レガシィの優勝車(スバルのWRC初、レガシィとして最初で最後)が出ます。そちらもお薦めしておきます。
テルタイン
2010/12/22 23:29
こんばんは、テルタインさん。

>ターマック仕様というか、出すイベントがほぼモンテと
>コルスのみ。ユーザーの期待などお構いなしで、車には
>興味があっても、レース内容やドライバーに対する思い
>入れは少ないのかなと
耳が痛い話です。
hpiさんのターゲット・カスタマーにモロ当て嵌まる私としては
(^^ゞ
ある意味、ラリー=ダートのイメージが強い日本のマーケットでは、車高が低くレースカーに近いターマック仕様+有名ドコロ・イベントの比率を上げ生産して採算取るしかないんでしょうね。
むしろ、その戦略のおかげで、マニアックなサファリ仕様なども発売されていると思います。

>ラリーカーの啓蒙活動(笑)ですが、この後、
>1993年の555レガシィの優勝車
親友に“俄か(ニセ?)スバリスト”がおり、ソヤツの増長を食い止める為にも断固無視します!・・・すいません、本当に興味ないんです (^_^;)
moonwalker
2010/12/23 21:10
moonwalkerさん、今晩は。

>車高が低くレースカーに近いターマック仕様+有名ドコロ・イベントの比率
>を上げ生産して採算取るしかないんでしょうね。
確かにそうなんでしょうね。自分のように考える方が少数派なのかもしれません。ただ、1990年仕様がサファリだけで、しかもドライバーズチャンプのサインツ車が無いのがファンとしては寂しいんですよ(しみじみ)。

>親友に“俄か(ニセ?)スバリスト”がおり、ソヤツの増長を食い止める為
>にも断固無視します!・・・すいません、本当に興味ないんです (^_^;)
手広く集め過ぎな自分のケースを考えると、時にはmoonwalkerさんのように確固たる信念を持つことは大事だと思います。選択と集中ですしね。
元々はスーパーカー世代のロードカーから始めたのですが、今では・・・。まあ、クラシックカーの世界は、この趣味を始めてから知ることが出来て良かったと思っています。
テルタイン
2010/12/23 22:03
こんばんは、テルタインさん。

>元々はスーパーカー世代のロードカーから始めたのですが
キッカケは人それぞれでしょうね (^^ゞ
私は、まず実車の好き嫌いありき。
決して叶う事のない、実車コレクションの夢のささやかな実践です。
moonwalker
2010/12/24 00:06
メリークリスマス。
(ニセ?)スバリストは誤解です。
本当は、(今でも)いすゞマニアです。
(ニセ?)スバリスト
2010/12/25 21:17
こんばんは、真っ赤な“お鼻の”偽スバリストさん (^^ゞ

>本当は、(今でも)いすゞマニアです
今時、マニアックすぎて話になりません ┐(´∇`)┌
そんなにエルフが好きだったとは・・・初耳でした。
moonwalker
2010/12/25 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「CELICA Turbo 4WD #1 Monte Carlo 1994」hpi 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる