メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「FERRARI F40 GTE/96 Street」EIDOLON 1/43

<<   作成日時 : 2010/12/26 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4


最後の“野生のフェラーリ”と評される「F40」・・・その究極発展型「GTE/96」を、ハンドメイドの真骨頂で再現したアイドロン/メイクアップ製レジン・モデル。
さあ、「599 GTO」に続く“年末年始フェラーリ祭り”第二弾です (*^_^*)


アイドロン/メイクアップさん御得意のヴァリエーション展開「ストリート(公道走行)仕様」が記される台座プレート。

跳馬のエンブレム、しみじみ良いなぁ (^^♪




「GTE」は、GTカテゴリー参戦用にフェラーリがミケロット社に改造委託して生まれた「GT」を、更に発展進化させた「Evoluzione(エヴォルツィオーネ)」の意。
特に1996年型は、F40の個性であるリア・ウイング形状に手を加え、全幅ギリギリまで大型化しました。
このモデルの購入理由は、正にその過激に迫力を増した外観に魅入られたから (^_^;)
巨大化したリア・ウイング(モデルのセンター支柱は薄いエッチング板使用)の存在感、只モノではありません。

画像から伝われば幸いですが、メタル・ダイキャスト製品では決して太刀打ち出来ないエッジと曲面の見事な融合、ハンドメイド・レジンキャスト・モデルでしか再現不可能な領域の完成度です。
元々公式には存在しない「Stradale(=Street ・公道)」仕様のモデルカーですが、有り得ない“助手席”のバケット・シートも違和感なくセットされ、ミケロットが好んで装着したエンケイ製3ピース・ホイールは、ピアスボルトひとつひとつまで丁寧に再現するツボを押さえてあります。

しかし、このモデル最大の見所キーワードは、間違いなくスケベ心(?)を掻き立てる「アミアミ&スケスケ」。
精緻なフロント・グリル、そして圧巻のリア・エンドを演出する“金網(メッシュ)”・・・宙に浮かんで見える当時のフェラーリ標準「丸型テール・ランプ」の脇に覗く“秘密の花園”は、官能的に三本出しエキゾースト・パイプがうねり、その奥に凝縮するインタークーラーなどエンジン機能美が、まさに“スケスケ”状態 (T_T)
Oh!マンマミ〜ア!

例によって、傍から見苦しいほど陶酔する私の賛辞に何ほどの説得力もないことは重々承知の上で、正直、クオリティにケチをつける理由が見当たりません。


ご存知のようにフェラーリ創立40周年記念企画として誕生した「F40」は、「288GTO」の直系子孫に当ります。
厳密に言うと幻のGr.B「288GTO エヴォルツィオーネ」開発経験を有効活用し、鋼管スペース・フレームをカーボンやアルミハニカムなど複合素材で補強、V8・ターボ・エンジンを縦置きした2,450mmのホイール・ベースは共通です。
フェラーリ創立40周年記念に相応しいプランから故エンツォ・フェラーリが選択決定したのは、12気筒エンジンを搭載する豪華なスポーツカーでなく、サーキット走行前提のスパルタンなV8・スーパースポーツでした。

ノーマル「F40(前後期型あり)」、「F40 LM」、「F40 GT」、「F40 GTE」、そして「F40 GTE/96」の各キャラクターの違い、派生にまつわる裏事情などを知ると、かなり複雑で面白いです。
外観的には、リトラクタブル・ライトのノーマルや「LM」より、固定ライトに改修された「GTE」系マスクが私は好み。

以下、メイクアップさんの商品説明から。

F40GTE登場の経緯は、90年代初頭にF40のGT仕様でイタリア・スーパーカーGTレースやBPRシリーズに参戦していたストランデルのデラ・ノーチェらが、F40の更なる戦闘力アップを目指してミケロットに開発を依頼したことで登場したレース専用マシンです。

1995年にストランデルはチーム名をエネアに変更し、新たにフェラーリ・クラブ・イタリアとジョイント。
その結果、エネアはミケロットの完全サポートを受ける事になりました。
エネアは早速手持ちの2台のF40GTをACOのレギュレーションに沿って徹底的にチューンし直し、新デザインのボディカウルを被せました。そして出来上がったマシンをF40GTのエボリューションモデルと位置付け、F40GTE(エボルツィオーネ)と命名しました。
F40GTEは主な戦いの場をBPRシリーズとし、1995年と1996年にはルマン24時間レースにも出場。好成績を残す事は出来ませんでしたが、高性能フェラーリGTマシンがレースで活躍する姿は当時のGTカーレースに華を添えました。

一線を退いたF40GTEはコレクター等に売却され、またミケロットはF40GTEと同デザインの前後カウルやリアウイング、エキゾーストパイプ等の単品販売も一般ユーザー向けに行ったことで、外見をGTEスペックへとモディファイされたストリートF40が数台出現することになりました。




コレクション中1・2を争うお気に入りモデルの購入理由は、アイドロン/メイクアップ製F40だけで4種4台(!)所有される“ヤンエグ(死語?)”なkenkenさんのブログで見たコンペティション仕様「F40 GTE 1996年 BPR 鈴鹿1000km #29」にインスパイアされたから・・・スポンサー・ロゴはともかく、痺れました (^_-)-☆
で、選んだのは、ロッソ・コルサに塗られただけのシンプルな「ストリート」と言う訳です。

次回(ランダムですが)フェラーリ祭りに、乞うご期待 (^_^)v

FERRARI F40 GTE/96
Red Street Edition
1/43 EIDOLON/MAKE UP EM 138A






その他の話題はインデックス・ページへ






EIDORON アイドロン 1/43 フェラーリ F40 GTE/96 ストリート レッド
ギャロ
●EIDORON アイドロン 1/43 フェラーリ F40 GTE/96 ストリート レッド□製造元


楽天市場 by EIDORON アイドロン 1/43 フェラーリ F40 GTE/96 ストリート レッド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
moonwalkerさん こんばんは(^^)
ヤンエグです(^^)
ていうかヤンエグってなんですか!?

良いですね〜フェラーリ祭。
私もその祭にあやかりたいと思います。

アイドロンは再現力では1ブランドだと思います(^^)

参考までに情報を。
アイドロンの青山ショールームをお邪魔していた時の話。
お客さんから電話を受けた店員さんが、
「ウインドーの修理ですか?1,000円位です。」
と言ってました。
ウインドーが歪んできても、1,000円程度で修理してもらえるなら助かります。
kenken
URL
2010/12/26 22:35
こんばんは、kenkenさん。
貴重な“自由時間”を割いてのコメント、ありがとうございます
m( _ _ )m

>「ウインドーの修理ですか?1,000円位です」
これはまた実用的情報蒐集任務を全うされ、ご苦労様です。
何かと安心ですね。
次回は“アミ”関係歪み修理の相場情報をぜひ・・・(^_^;)

ちなみに“ヤンエグ”とは、バブルの頃持て囃された「ヤング・エグゼクティヴ」のことでんがなぁ (^^ゞ
moonwalker
2010/12/27 00:55
moonwalkerさん、今晩は。
自分はアイドロン/メイクアップ製F40、ホビダス特注のN.マンセル仕様1989年(前期型)が22050円→13480円だったので購入しましたが、新工場体制で再生産・再リリース品とのことで、「ホイールの5本スポーク部分に真鍮のプレス・パーツが投入され、スポーク部のレリーフを再現」とアップデイトされているようです。通常品との差として、シートがレッドの布張りからタンの皮張りに変更になっているのですが、この価格でこの商品を入手できたので満足しています。やはりアイドロンのフェラーリモデルは良いと思います。
自分はエンツォが最後に関わった初期型が好きなのですが、このGTE/96 Streetも格好いいですね。
ところで、“年末年始フェラーリ祭り”と言うことは、アイドロンやBBRが続くことになるのでしょう? 次が何か、何弾まで続くのか?と色々妄想しつつ、楽しみにしております。
テルタイン
2010/12/27 23:05
こんばんは、テルタインさん。

>ホビダス特注のN.マンセル仕様1989年(前期型)
イギリスでフェラーリ販売店を経営するマンセルは、当時、一度自己名義で登録後に付加価値販売して大儲け・・・結果、「F40 マンセル仕様」も世界に数十台存在するらしいですね (^_^;)

>アイドロンやBBRが続くことになるのでしょう?
財力が乏しいので、ごく短期で終了予定です (-_-;)
まあ、祭りはパッと騒いで楽しむものでしょう。
moonwalker
2010/12/28 20:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「FERRARI F40 GTE/96 Street」EIDOLON 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる