メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4」FrontiArt 1/43

<<   作成日時 : 2013/02/24 04:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


キャッチーじゃないのは重々承知・・・現ランボルギーニ艦隊フラッグシップであり、少し前に紹介した「フェラーリ F12」宿命のライバルは、数多の高評価に背中を押され初購入した「フロンティアート製」レジンキャストモデル。
これ、大正解でした !(^^)!


がっちり厚紙仕立ての外箱に、特別、高級感は狙っていない風情の台座&クリアカバー。

どっかの“文具店”包装紙みたいな外箱“柄”は、一刻も早く要改善だと思います。


某メーカーのようにスカスカで、スペース有効活用とデザインに知恵が廻らないネームプレート。
やや小ぶりなエンブレムは良しとして、少なすぎる文字&情報量の真意は?

モデルカー本体以外の品質にも、商品パッケージとして気を使って欲しい。




ルーズな版権無断使用で問題になった「LUCKY MODEL」を前身に、その精巧な技術力を継承した香港の新興ブランド「FrontiArt」製品は、レジンキャストのキレキレな造形が素晴らしい (^^♪

LS(ルックスマート)製のアヴェンタドールと比較しても、1.5倍の価格差を埋めて尚アドバンテージを感じさせるクオリティと完成度で、正直、LS製に付けられた値札(1万5千円前後)を見る度、ボッタクリに思えるほど。
ただ、人気に比例して、オレンジレッドの初期生産ロット“ブラック・ホイール仕様”は、オクを含め今現在市場で見掛けることは皆無な状態・・・追加生産(?)ロットの銀ピカ“メッキ・ホイール仕様”なら入手可能みたい。

フロントの“顎”周辺やサイド・インテークを見れば一目瞭然。とにかく、実車イメージ以上にエッジを効かせた造形&デフォルメは文句無し!
鋭角なランボルギーニの現行ラインナップ全般に当てはまりますが、スパイスは強めなほど似合います。
シャープなモデリングと繊細に走るモールディングの実現は、到底1万以下のクラスとは信じられません。
価格の近いTSM(トゥルー・スケール・ミニチュアズ)製は、全体に少々ダルな印象、かな。

足回りも大のお気に入りポイント。
艶有りブラック塗装のスケスケ・ホイールと、奥に丸見えなブレーキ・ローターは見応えあります。
薄く巻かれたタイヤのデフォルメ加減は、一度エブロさんの造形担当者が参考にして欲しい絶妙さ。
ホイールハウスのタイヤ・クリアランスが空き過ぎとの指摘を散見しましたが、走る公道走行市販車のモデルカーとして、LS製やメイクアップ製のギチギチ拡大したタイヤの方が、不自然に感じませんか。

オレンジレッドが映えるこのモデル、コストパフォーマンス抜群です (*^_^*)


スリット状の透明カバー越しに見える、V12・ミッドシップ・エンジン。

エンジン・ヘッドカバーや補機類、フレームに加え、一部配線配管まで再現されてます。


勇猛なスペインの雄牛の名を冠した「アヴェンタドール」は、永く君臨した「ムルシエラゴ」後継として2011年3月開催「ジュネーヴ・ショー」で華々しくデヴュー。
日本でも、同年末から4千万円を超えるプライス・タグを付け、正式販売開始されました。

VWグループ「アウディ」傘下のプレミアム・ブランド「ランボルギーニ」に相応しく、最新かつ高精度の技術が惜しみなく投入されています。
カーボン・モノコック+アルミ・サブフレーム・シャーシにカーボン製ボディを被せ、時代を逆行するように新開発された6.5L・V12・DOHC・自然吸気エンジンは、伝統的に加えられる車名どおり“700馬力”を発生し、7段セミ・オートマチックとハルデックスカップリングのセンターデフを介した4WDシステムにより、0-100km/h加速2.9秒以下、最高速度350km/h以上のポテンシャルを発揮します。
尚、大柄なサイズと巨大なエンジン搭載にも拘らず、車重は、比較的軽量な「1,575kg(乾燥重量)」に収まります。

V12エンジンですが、VWグループには、フェートン(日本未発売)用に開発され、トゥアグレや“ベントレー”も利用する「6L・W型12気筒」や、ブガッティ・ヴェイロンの「8L・W16気筒(クワッド・ターボ)」がすでに存在するわけですから、古典レイアウトのV12開発に投資する必要が本当にあったのか・・・(-_-;)



実車のスポーツカー/スーパーカー・オーラは、確実にライバル「 F12 ベルリネッタ」を凌ぎます。
ただ、決定的に埋められないのは、「フェラーリ」エンブレムが放つ威光・・・創業者フルッチオ氏から続く憧憬と敵愾心は、「ランボルギーニ」永遠の課題でしょう。

まだしばらく、長期在庫記事が続く予定 m( _ _ )m

P.S.
この素晴らしく出来の良いモデル、私の“ランボルギーニ愛”不足から手放しました (^^ゞ
人生いろいろ。


LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4
Orange Red
1/43 FrontiArt F003-18




その他の話題はインデックス・ページから



FRONTIART 1/43 Lamborghini Aventador LP700-4 (ブルー)
京商
2013-02-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FRONTIART 1/43 Lamborghini Aventador LP700-4 (ブルー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



FRONTIART 1/43 Lamborghini Aventador LP700-4 (イエロー)
京商
2013-02-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FRONTIART 1/43 Lamborghini Aventador LP700-4 (イエロー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「LAMBORGHINI AVENTADOR LP700-4」FrontiArt 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる