メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「SKYLINE GT-R/KPGC10 ハヤシストリート」Ignition 1/43

<<   作成日時 : 2014/06/22 06:09   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0



塗装品質とか細かいこと抜きに一目瞭然、エブロ製との違いに愕然とするイグニッション・モデル製KPGC10型スカイライン2000GT-Rカスタム仕様、所謂走り屋風“シャコタン”モデルカー。
定価は倍違うけど、なんだ、この価格差以上に埋め難い圧倒的リアル感は・・・(-_-;)


パッケージはこんな感じ。
発売当時の税込定価10,500円(メーカー直売限定、代引き送料込)に相応しい台座・ケースのパッケージングだと思います。

旧hpi時代から嬉しい進歩改善。



シボ再現した本革調ビニールレザーにステッチ加工された台座は、高級感演出に大成功。
いや、単純に“所有する喜び、良いモノ感UPに貢献”が適切かな。

クラシックなロゴが印象的な小さめのネームプレートも、まずまず好感持てます。




あ〜〜、この端整かつワイルドな佇まい見て興奮しないなんて、男じゃない!(^_^;)
派手に“鬼キャン”切った画になるリア・タイヤの存在感、奥手な私には少々やり過ぎな気もしますが、このモデル最大のウリ「ハヤシ・ストリート・ホイール」が発狂寸前に決まりすぎ。
正に“精緻”と言う表現が相応しい出来栄えです。
ホントにホントに、あざーす! m( _ _ )m

何が素晴らしいかクドクド書く前に、素の原型車モデリング&デフォルメに賞賛贈りましょう。
土台ありきのカスタムです。
フロントマスクの丁寧な造形、グリーンハウスのバランス、絶妙な“垂れ尻”加減、ワイパーの細かなエッチングパーツ組み付け、艶やかに滑らかな塗装・・・こんなマトモな1/43「KPGC10」、お目に掛かったことありませんでしたよ。
厳しい制約の中、取材結果を見事に結実したイグニッション・モデル/TK・カンパニーさんに拍手 (*^_^*)

前述した涙モノ「ハヤシ・ストリート・ホイール」は、最新作でパッケージ裏に「ハヤシ・レーシング公認シール」貼付される折り紙付き“目玉商品”に恥じないクオリティ。
タイヤも、当時扁平化の走りだった「70」サイズを納得させるボリューム感で、多分、実際の縮尺は扁平率70%以下で再現(?)・・・他社さんと大違い、上手く調整されてます。
マスト・アイテムな純正オプション風リア・スポイラーと、好みが分かれる(私はあまり好きじゃない)フロント・チン・スポイラーのコンビは実戦的走り屋スタイルを醸し出し、“吊るし”と同じリアのみオーバー・フェンダーに孤高のダンディズムを感じます。

スラリと細身の日本刀とは一線を画す“子連れ狼”拝一刀の「胴太貫」剛刀オーラを発散させる、カスタム仕様KPGC10モデルカーの逸品に間違いありません。
以下、イグニッション・モデルさんの商品説明。

ハヤシレーシングタイプのホイールにフロントリップ、リヤスポイラーを装着したカスタム仕様です。
リヤのオーバーフェンダーに収まる深リムタイヤにネガティブキャンバーを再現。
フロントフェイスの造形には特にこだわり、幾度となく修正を重ね完成しました。
モデルはレジン素材を使用し、ハンドメイドで作りあげた精密モデルカーです。
薄い塗装、シャープエッジにこだわり内外装に至るまでワンランク上のクオリティをお楽しみいただけます。



実車については、エブロ製モデル記事を再掲載します。ハイ、手抜きです (^^ゞ

旧プリンス自動車技術陣が精魂込めて開発した「R380用GR8型」のデ・チューン版「S20型」ストレート・シックスは、当時としては異例のDOHC・24バルブを持つモーターファン羨望の国産エンジンであり、それを惜しげもなく搭載した「スカイライン GT-R PGC10/KPGC10」の存在は、正に公道に君臨する王者でした。
また、モータースポーツの世界においても、運動性に勝る2ドア・ハードトップ・ボディのKPGC10が発展型として登場したからこそ、“不滅のスカイライン50連勝”神話が誕生しました。

ただし、公道走行を前提とする市販車としては、3基のソレックス・ツインチョーク・キャブレターの完璧な同調を常時行うことは至難の技に等しく、街中の信号GPで「ゴホッ、ゴボボッ」と咳き込む不幸なGT-Rを見た記憶があります。
最新の「NISSAN GT-R/R35」のようにコンピュータが運転アシストしませんから、運転下手は情け容赦なく恥を掻く時代の“男のクルマ”でした。




実車もさることながら、どこから見ても死角の無いモデルカー。見惚れてしまいます。
このモデル、2013年9月22日開催「カートイズミーティング2013」会場で100台を先行販売した後、9月30日午後9時からパッケージ替え版限定60台ネット販売された希少品。
瞬殺状態で即完売しましたが、悪運の強い私、無事ゲット出来た次第 (^^♪

1年数ヶ月ぶりのブログ更新、お楽しみ頂けましたでしょうか。
振り返れば、一世を風靡したhpiがミニカー業界からまさかの撤退。エブロや京商、PMAの凋落ぶりは目を覆いたくなるほど・・・一方、hpiから独立した新興「イグニッション・モデル/TK・カンパニー」の躍進、スパークの日本法人設立と積極展開など、今後、まだまだ期待出来そうな気配も感じられます。
個人的には、久々の撮影で要領を得ず、セッテイングから片付け終了まで4時間掛かって若干鬱 (T_T)
記事を付ける時間を模索しつつ、ヤル気を奮い立たせるのが目下最大試練なmoonwalkerです。


NISSAN SKYLINE 2000 GT-R KPGC10/Silver
Hayashi Street Wheel EDITION
1/43 ignition model 0008


その他の話題はインデックス・ページへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「SKYLINE GT-R/KPGC10 ハヤシストリート」Ignition 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる