メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「SKYLINE GT-R/KPGC10 RSワタナベ」Ignition 1/43

<<   作成日時 : 2014/06/29 03:17   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


銀のハコスカRに8本スポークのワタナベ・・・“進撃の職人”イグニッションさんが戦闘標準装備を放置プレイするはずもなく、2014年1月末に発売したレジンキャスト・モデル。
昔、リアルに街中で見掛けたのは、高確率でコレだった気がする(イメージです)。




イグニッション製KPGC10、間違い無く1/43スケールの決定版と呼べるほど上出来です。
ディティールまで手を抜かない造形、適切なデフォルメ加減、今までのところ購入した個体すべてに満足行く品質管理・・・エブロ京商のアレたちは、一体なんだったのか?
特に“デッサンから狂ってる”CAR・NEL/京商製、冷静に怒りがこみ上げてきます。
時代や技術の進化も影響大だけど、元々“志”が全然違うと思わざるを得ないくらい段違い。
No More やっつけ仕事!

言うまでもなく、忠実に再現された「RSワタナベ・ホイール」こそが、このモデルのアイデンティティー。
特に、別パーツ構成のリア・オバフェン一杯に張り出す“深リム(ワイド・ホイール)”の弩迫力は、ロックだ (^^♪
“顎スポ(チン・スポイラー)”無しのスッキリ・フェイスが好みのはずだけど、改めて画像を見ると、バランス的に少々さびしい気も・・・意外に、オジサンの男心は複雑なんです (^_^;)


左、ハヤシストリート・ホイール仕様。右、RSワタナベ・ホイール仕様。
横顔較べると、案外、チンスポ有りも悪くない感じ。
クルマの潜在的ポテンシャルが、自然に機能部品としての必要性を求めるせいだろうか。

シンプルながら繊細さを併せ持つハヤシストリートに対し、“未舗装路もガシガシ行くぞ!”的野性味溢れる骨太デザインのRSワタナベ・・・いずれにせよ、クオリティは及第点以上。
個人的に、ホイールの好みはハヤシストリートに1票 (^_^)/


ハコスカからの連想・・・桜井眞一郎、高橋国光、国内50連勝、ジュンちゃんとカフェロマンのマスター!
毎度、ボキャブラリー貧困ですいません m( _ _ )m

ジュンちゃんは楠みちはる作「シャコタン☆ブギ」、カフェロマンのマスター・沢木は西風作「GT roman」、各コミックに登場する、どちらも重要かつ硬派な人物。
あ、ジュンちゃんは外観バリバリのスカGにL28改?沢木はハコスカRで間違い無いはず。
イメージは沢木(GT roman)のGT-Rでご飯三杯イケルけど、そうだ、板羽根無し、ほとんど“吊るし”だった (-_-;)



豪快なイメージのハコスカGT-Rに相応しい、まさに拝一刀の“胴太貫(どうたぬき)”を彷彿させる佇まい (*^_^*)
洗練とは程遠いけど、確固たる存在感は今なお輝きを増すばかり。

イグニッション製KPGC10シリーズの素晴らしさは十分認めるとして、スカイラインは銀で蒐集統一してるし、これ以上のバリ展追っ掛ける予定、今のところありません。
私の流儀から、このクルマに前後オバフェンやカーボン柄ボンネットは邪道(?)なヴァリエーションで、完全に守備範囲外の“アウト・オブ・ザ・眼中”お腹一杯。
後は、出来の良いレース仕様(予約済)発売を待つだけ、セーヴ・マニーね (^^ゞ

NISSAN SKYLINE 2000 GT-R KPGC10/Silver
RS-Watanabe Wheel EDITION
1/43 ignition model 0013



その他の話題はインデックス・ページへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「SKYLINE GT-R/KPGC10 RSワタナベ」Ignition 1/43  メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる