メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 12h Sebling 1971「ポルシェ 917K #3」AUTOart 1/43

<<   作成日時 : 2007/05/10 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


レーシングポルシェの代名詞、マルティーニ・カラーの「ポルシェ 917K セブリング12時間レース優勝車 '71 ELFORD & LARRROUSSE #3」AUTO art 1/43。
生意気に、前輪がステアするギミック判ります?

前年のルマンから耐久レースに本格参戦したマルティーニ・レーシングは、ポルシェ・ザルツブルグを吸収再編。
1971年シーズンを、JWガルフ・チームとのワークスサポート二枚看板に昇格して迎えた第3戦、「セブリング12時間レース」で新生マルティーニ・レーシングエルフォード/ラルース組917K #3」が見事初勝利を挙げました。

画像

画像

画像


マルティーニ・カラーのヴァリエーションも多々ありますが、その中でもシルバー・ベースの917Kは特にお気に入りです。

AUTO art製に手を出すのは初めてですが、コストパフォーマンスは優秀だと思います。
MINICHAMPSの「マルティーニ 917K #3」は、先日1/43がヤフオクで、なんと19,000円!で落札されました・・・完全に手が出ませんがな (^_^;)
その点、4月下旬発売されたばかりのAUTO art製「ポルシェ 917K セブリング12時間レース優勝車 '71 ELFORD & LARRROUSSE #3」は、今のところ良心的価格です。

ただし、MINICHAMPSと較べると異常に軽く、計測してませんが、感覚的には半分くらい・・・これってダイキャストじゃなく、実はレジンモデルなんでしょうか?

画像

画像


左側は以前紹介したMINICHAMPS 1/43「24 Hours Daytona 1970-Winners:Rodriguez/Kinnunen #2」。

こうして比較してみると・・・どっちも素晴らしい!カッコイイ!
ガルフもマルティーニも、甲乙つけ難い (*^_^*)
ミニカー同士の比較では、AUTO artのフロントウィンドウ天地が若干浅い印象。
でも、エキゾーストパイプ・エンドをちゃんと銀塗装してるから、両車イーブン (^^ゞ

画像


テカテカで安っぽく、余分なスペースが大きい台座はマイナスポイント・・・。

いよいよ次回から“917コレクション”の華、「1971年ルマン24時間レース」編です。



その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オートアートの新製品=現在市場で一番新しい917を購入されたのですね。
実は私もショップに予約を入れてるのですが、同時に注文した他のミニカーの入荷が遅れていて、未だに手元に来ていません。。
先を越されちゃいました(^^;)
'71ルマン編、楽しみにしております。
roran
2007/05/10 02:04
roranさん、こんにちは。
たまたま楽天チェック中に発見してポチッたら、幸運にもラスト在庫+割引+ポイント利用で、ちょっと人に言えないような価格で入手する事が出来ました(^^♪
roranさんも早く手元に届くと良いですね。

>'71ルマン編、楽しみにしております
にわかコレクターなもんで、どうぞこれからもご指導よろしくお願い致します m(__)m
moonwalker
2007/05/10 18:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12h Sebling 1971「ポルシェ 917K #3」AUTOart 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる