メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS GT300 2007「triple a ガイヤルド RG-3 #66」EBBRO 1/43

<<   作成日時 : 2008/06/07 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



2007年「SUPER GT」シリーズ、JLOCがGT300クラスに走らせた「ランボルギーニ ガイヤルド RG-3 #66」。

JLOCとは「Japan Lamborghini Owner's Club」の略。
つまり、日本のランボルギーニ・オーナーのクラブ組織(!)で、そこが、日本のトップカテゴリーレースに3台(ガイヤルド2台&ムルシェラゴ1台)マシン出してます。
また、2006年からルマン24時間レースにも「ムルシェ」で参戦・・・なんと言うお金持ちクラブ!(^_^;)

triple a GALLARDO RG-3
SUPER GT300 2007 #66
EBBRO 1/43





#66」は「古谷直広/栗原宗之」組がドライブ。

ガイヤルド RG-3」は、FIA-GT選手権用「ガイヤルド GT3」をベースに、「SUPER GT」GT300クラス規定に合わせてJLOCが改造製作したオリジナル・マシンです。
「ガイヤルド」の表記は、エントリー時のチームオーナー意向で決定した名称であり、通常の日本語表記は「ガヤルド」が一般的だと思いますが、登録されている以上、このマシンの正式名称は「ガイヤルド」が正解。

余談ですが、ランボルギーニの歴史上初めて国際格式レース優勝を記録したのは、2006年「SUPER GT」第1戦「鈴鹿 GT 300km」GT300クラスにJLOCがエントリーした「マルコ・アピチェラ/桧井保孝」組の「アクティオ ムルシェ RG-1」です。


2007年シーズンを戦った「オレンジ/ブラック」カラーは実に魅惑的で、見た目だけで買う価値あり!(^^♪

メインスポンサー「triple a(トリプル エー)」は名古屋に本社を置くアミューズメント(パチンコ)業界向け情報企画会社で、ルーフ上に大書された時計が印象的なサブスポンサー「セクター」は、知る人ぞ知るイタリアン・スポーツウォッチ・メーカー。
ランボルギーニには、今だバブリーで怪しげな匂いがプンプン漂う感じ (^^ゞ



この製品、発売前に価格改定するしない、発売延期など紆余曲折を経て、やっと5月出荷された曰くつきレジン・モデルですが、デカール類も綺麗に貼り上げられ、シャープな造形に大満足 (*^_^*)
色々待たされた甲斐ある良い出来です。





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GT300 2007「triple a ガイヤルド RG-3 #66」EBBRO 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる