メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フェアレディ 300ZR 富士スピードウェイ ペースカー Z31」DISM 1/43

<<   作成日時 : 2008/06/14 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


子供の頃に学校教材とプラモデルで散々お世話になった「アオシマ(株式会社 青島文化教材社)」の、ダイキャストミニカー・ブランドが「DISM」です。
国産車には珍しい、貴重なペースカーのモデリング。

今回初めてDISM製品購入しましたが、既に「ニッサン レパード またまたあぶない刑事 港3号 覆面パトカー 被弾Ver.」なんて云う、ホントに危ないマニア向けニッチ・モデルに力入れてる様子 (^^ゞ
「あぶない刑事」シリーズ結構人気で、発売済商品完売らしい。

Z31 FAIRLADY Z
FISCO PACE CAR
DISM 1/43





以下、メーカーHPの製品説明。

1987年、富士スピードウェイにて開催されました「WECinJAPAN」や、「F3000」の先導車を務めたZ31フェアレディZ(ペースカー)が、1/43DISMより発売されます。
ペースカーのシンボルとも言える天井の角型パトランプ、丸型パトランプ、アンテナパーツを新金型にて製作し、ペースカーのカラーリングも出来る限り忠実に再現しました。


まだFISCO(富士スピードウェイ)がトヨタに譲渡される前、三菱地所が所有していた時代の話。


この商品、DISMさんの“売り”機能である三段階「車高調整」ギミック搭載してます。
上記画像のみ車高を最も上げた状態で、他はすべて“シャコタンVer.”画像です。

この機能、果たして必要なんだろうか・・・(-_-;)


白いボディなので、家にあったゴワゴワ“灰色模造紙”を背景に使ってみました。
“溶け込み”防止効果大なので、今後も併用決定!

ミラーコーティング仕様「Tバールーフ」直後に搭載された大袈裟な「パトライト」は、多分ルーフ直付けだったと思います。
Z31にはキャリア固定に活用するレインドリップ・モールが存在しない為、あの位置に固定するのは大変だと思います。
リアハッチも干渉しそう・・・。



昔、真っ赤な2シーターの「Z31(2L・V6ターボ)」に乗っていた時期がありました。
このモデル、少し懐かしい気がします。

DISMのモデルカーは予想より内外装の出来が素晴らしく、モールディング(筋彫り部分)に若干甘さを感じる以外、特に不満ありません。
内装の再現はエブロ「HOT!」より上かも (^^♪
でも、サーキット走行が仕事場の実車にも、ロールバー無かったのかなぁ・・・あり得ねぇ〜。





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「フェアレディ 300ZR 富士スピードウェイ ペースカー Z31」DISM 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる