メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ベントレー ステート リムジン 2002」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2008/08/13 00:11   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


エリザベス女王即位50周年祝賀記念として、2002年5月29日にイギリス自動車業界協会から献呈された、イギリス王室史上初のベントレー製公用車。
伝統的にデイムラーとロールス・ロイスを公用車として愛用したイギリス王室ですが、ベントレーの親会社はドイツのフォルクスワーゲンです。
ロールス・ロイスの親会社もBMWだけど (^^ゞ

BENTLEY STATE LIMOUSINE 2002
MINICHAMPS 1/43







クルマがクルマなせいか、豪華特製ボックス仕様。
ロイヤルな雰囲気だけど、その大きさが保管時気になる・・・。




一応「アルナージ」ベースだそうですが、外観はまったく別物の専用設計。
全長6m以上、全幅も軽く2mオーバーする堂々たる体躯を、400馬力を発揮するV型8気筒6.75Lツインターボ・エンジン(但し、LPG仕様)で208km/hまで引っ張るそうです。

何故か、サイズも車格も真っ向勝負な我が皇室御料車「トヨタ センチュリー ロイヤル」同様、庶民には理解し難いデザインについての意見は自粛させて頂きます (-_-;)



ある種、衝撃的画像な「スバル 360 ヤングSS」との2ショット。
間違いなく両車とも同スケールの1/43です。悲しい事に (^_^;)

「ヤングSS」の全長は約1/2、ルーフが「ステート リムジン」ウィンドウ下端とほぼ一緒。
まあ、庶民を代表するクルマ(のイメージ)と、もっとも庶民から縁遠いクルマですから、諦観するのがデフォ・・・。


世界で2台しか存在しない実車を忠実に模した、そのビッグでゴージャスな俯瞰姿態をとくとご覧あれ。
当たり前ですが、一般向けの市販および量産されないので個人所有は不可能、と言うより許されるわけがない。
リアドアノブ脇に王室紋章(エンブレム)が描かれてます。
実車にエリザベス女王乗車の際は、ルーフ先端にもエンブレムが掲げられるそうです。

MINICHAMPS(PMA製)の作り込みも気合十分で、画像では確認しづらいですが、室内の木目装飾もしっかり表現されてます。
正直、美しいとは言い難いクルマですが、モデルからも気品と重厚感は伝わる気がします。






その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ベントレー ステート リムジン 2002」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる