メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS ITC 1996「アルファロメオ 155V6TI #10 イエガーマイスター」hpi 1/43

<<   作成日時 : 2008/12/03 00:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6


またしても完売ショップ続出!
11月発売のhpi製アルファ155“イエガーマイスター”第2弾、1996年シーズンITCマシン。
オトナ気無いプチ争奪戦すらしょうがないと、誰もが納得するカッコよさ (^^♪
困った事に、今月(12月)も引き続きITC仕様発売予定なんだよね。

Alfa Romeo 155 V6TI #10
Michael Bartels - 1996 ITC
1 of 2208pcs
hpi・racing 1/43 8076





エンジンマウント位置を大幅に下げた結果、明らかに、発売済み「155V6TI DTM1994 #27」よりシャープなノーズ先端。薄いよ〜。

エアダム両サイドには、“カナード”と言うより本格的“三段仕込みウイング”が出張り、ありがちな“ちょっとしたプッシュ”でも即飛散しそう。
リアも空力的進歩の証にきっちりデュフェーザー形状に整形され、1枚ウイングと併せてヴィジュアル的迫力はむしろ低下しちゃった感じ・・・ (^_^;)


左「155V6TI DTM1994 #27」、右「155V6TI ITC1996 #10」。

ライト下、せり出したエアダムとの間にある「バンパー(?)」部分の厚みが1/2削られた印象。



“顔”は整形手術でエラが張った「ITC1996 #10」、“お尻”は、やはり・・・官能的な上向き4本出しエキゾーストを持つ、「DTM1994 #27」が個人的好み、かな (^^♪

皆さん、如何でしょう?


ITC(International Touringcar Championship)とは、FIA(国際自動車連盟)にそそのかされたDTMが発展的解消して1995年スタート(初年度のみDTM並存)した、改造自由度の極めて高いFIA・D1クラスのハイテク・モンスター・ツーリングカーによるチャンピオンシップ。

ハイテク化による開発費高騰と、国際レース・シリーズ化による巨額遠征コストに参加チーム(メーカー)が耐え切れず、チャンピオン獲得したオペルが1996年限り撤退表明するとアルファも追随、哀れシリーズそのものが壊滅状態に陥り、わずか2年の短命で終わりました。



hpiさんからの公式発表は今だ無いと思いますが、
155V6TI「ITC 鈴鹿」出場車すべて出します
的な噂が先行して、鈴鹿仕様のリアウイングは2枚が正しい云々、巷で色々言われてる様です。
しかし、「日本のレース100選 Vol,004 '96 ITC鈴鹿」掲載画像を見る限り、予選/第1レース/第2レースの明確な区別は不明にしても、「1枚羽根」「2枚羽根」両仕様とも写ってます。
更に言えば、1996年ITC通年モデルとして捉えれば些細な問題な訳で・・・ヴァリエーションとして楽しもうじゃありませんか (^^ゞ

まあ、余談はともかく、出来が良いだけに“カラバリ”出るたびメーカーの思惑どおり踊らされ、誘惑に負け、つい触手が延びそうに・・・。





その他の話題はインデックス・ページへ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜。
来ましたね〜イェーガー!
私も先日無事に確保できました♪

しかし改めて2台がこうして並んでいるのを見ると、DTM1994の方がワイドで、ITC1996の方がスマートというかナロー?な印象ですね。
両車とも甲乙つけ難い魅力がある事に変わりはありませんが(^^)

そしてココを見るまでDTM1994と並べる事は思いつきませんでした…。
両車を購入できた者だけの特権を忘却するとは、不覚orz
あとでウチでもやろう…(笑)

何だかんだで155ラッシュはまだまだ続きそうですね。
財布がもつか今から不安です(^^;
ぬっぺほふ
2008/12/03 09:22
こんばんは!
私も入手しましたよ〜。
んで、店に行くと同時発売の二車も在庫あり・・・


はい、誘惑に負けて服部号を取り置きしてもらいました笑

私は94イェーガーを持ってませんのでラリーニ号と並べて楽しんでます。
いかにも「ハコ」な93年型もいいけど、
96のうすーいフロントはかなりツボです!
HIROKI
2008/12/03 18:57
こんばんは、ぬっぺほふさん。

>DTM1994の方がワイドで、ITC1996の方がスマート
>というかナロー?な印象ですね
う〜〜ん、左右に張り出したカナード分先細りなフロント・マスバランスのせいでしょうかねぇ?
実車は、ITC1996の方が(DTM1993に対して)48mmワイドです。

>財布がもつか今から不安です(^^;
まさしく同感です。お互い耐え抜きましょう!
noomwalker
2008/12/03 23:22
こんばんは、HIROKIさん。

>誘惑に負けて服部号を取り置きしてもらいました笑
分かります、その気持ち。男は誘惑に弱い生き物ですから (^_^;)

>96のうすーいフロントはかなりツボです!
ええ、私も“顔”はITC1996の方がハンサムに見えます。
実車とさらにかけ離れた外観は、如何にもガワを被った純レーシングカーぽい凄みを増したように思えます。
moonwalker
2008/12/03 23:29
こんばんわ。

 オレンジ色の憎いヤツ、ホント大人気ですね。
こんなに人気者になるとは、お釈迦様ならぬ人の子のミハエル・バーテルズは夢にも思ってなかったでしょうね(笑)

 96モデルのカラバリは、まずタルクィーニ赤マルティニがベルテンポ別注で出ますが、私的には純94モデルを出して欲しいですね。
94イェーガーは実質93モデルだし、96イェーガー(と服部ボッシュ、赤マルティニ)は95モデル、白マルティニとシュペールフィルムは純96と、94モデルだけがポッカリ空いてるわけでして。。。
チャンピオンナンバーのラリーニ車だけでも出してくれないかな〜?
350GTS
2008/12/04 02:55
こんばんは、350GTSさん。

DTM1994イエガーは、ワークス放出型落ちだからこそ93ワークスのカラバリとして、すぐにhpiが発売出来たんでしょうね。
ある意味、顧客にも嬉しい戦略ですが (^_^;)

>94モデルだけがポッカリ空いてるわけでして。。。
>チャンピオンナンバーのラリーニ車だけでも出してく
>れないかな〜?
あ、同じです、是非ともチャンピオンナンバーのラリーニ車出して欲しい!
かくなる上は・・・ひたすら祈りましょう(?)。
monwalker
2008/12/04 03:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ITC 1996「アルファロメオ 155V6TI #10 イエガーマイスター」hpi 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる