メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポルシェ 917K #20 "Movie Le Mans"」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2009/04/25 15:25   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3


2009年4月、突如発売された超希少なモデルカー。
ル・マン、ガルフ・カラー、スティーヴ・マックィーン、そして映画「栄光のル・マン(原題 :Le Mans)」ファン垂涎のマスト・アイテム生産数は、なんと、世界で僅か333台ですが・・・無事ゲット!
そんな殺生な企画したのは「KANEKO OFFICE」さんで、文句なしの完成度を誇るスパーク製。

Porsche 917K #20 "Movie Le Mans"
Steve McQueen Collection 01
Limited Edition "270"/333
KANEKO OFFICE - Spark Model 1/43



ガルフ・カラーをアレンジした専用パッケージ入り。

正面に書かれた「限定 333個」が購買意欲欲刺激します (^^♪



パッケージ中紙を背景にした画像2枚。
どうだぁ〜!文句あるまい!<(`^´)>

ガルフ・カラーの917Kは、実に絵になります。
まして、映画「栄光のル・マン」モデルだからこそ、感慨ひとしお。




赤リボン付きファイヤーストン・タイヤがアクセント。
ヘッドライト廻りに貼られた“黒いビニールテープ”は、夜間走行前の汚れ防止用透明ビニール留め。
映画でお馴染みのマシンを見事に再現したスパークさん、素晴らしい仕事してます。

このモデルは、「917K #20 "Movie Le Mans"」と銘打たなければ、1970年ル・マン24時間レースに「J.W. Automotive Engineering」が実際エントリーした、Jo Siffert/Brian Redman組「Porsche 917 K #20」そのものです。
残念ながら「#20」はスタートから12時間後、エンジントラブルにより156周でリタイヤしました。


映画「栄光のル・マン」は、特別仕立てのカメラカー「ポルシェ 908/02 #29」を1970年ル・マン24時間レースで実走撮影(総合9位!/周回数不足未完走)するなど、レーサーでもあったスティーヴ・マックィーン自らがのめり込み、製作した「ソーラー・プロダクション」潰すほど巨額資金をつぎ込んで完成させた、最高峰のレース映画ですが、あまりにリアルに淡々と進行するセリフの少ないストイックな内容に、商業的失敗作の評価が一般的です。





1〜3枚目はマックィーン出演の映画用撮影画像で、4枚目画像はシフェールがドライブする本戦流用シーン。
フロント前端オレンジ塗り分けラインがモデルカーと異なるのは、触れてはいけない公然の秘密 (^^ゞ

何故か3枚目画像のマシン、フロントゼッケン前「Gulf」マークありません・・・ダウト?



実は「#20」、映画本編中盤にマックィーン演じる「マイケル・デラニー」のちょっとした(?)不注意で、上記画像のような大クラッシュしますが、奇跡的にマイケルは掠り傷だけ (^_^)v

終盤、チームマネージャーの指示で、急遽マイケルは「917K #21」に乗ることに・・・理由は映画(DVD)鑑賞してのお楽しみ。


「栄光のル・マン」モデルカーは、皆さんご存知のようにオートアート製が存在し、今現在も入手は比較的容易です。
ただし、「1/18」スケールなのが大問題。
コレクターの(特に日本の)主流「1/43」で企画した「KANEKO OFFICE」さん、商売上手です。

今回の特注スパーク製モデルの価値は、素晴らしい造形と品質はもちろん、手頃な「1/43」サイズ製品化でしょう。



台座前端に「Steve McQueen Collection 01」の文字、後端には“手書き”「シリアルNo,」記入されてます。
私の購入した個体は「270番」でした。

ところで、わざわざ「Steve McQueen Collection 01」なのは、「02〜」予定あるってこと?



このモデルの数少ない不満点は、ガルフ・カラーのパウダー・ブルー色調です。
画像撮影すると白背景に一部同化するほど薄い(白っぽい)ので、グレー背景で撮り直しました。
今さら騒いでも無意味ですが・・・デジタル・リマスターされたDVDキャプチャー画像の発色が良すぎる(?)としても、やっぱり私のイメージと大きく乖離してます。こんな水色ぢゃない (T_T)

あと、もう一点。
これは、製品化の為のライセンス料転化で止むを得ないと思いますが、定価がスパーク通常品、例えば「ポルシェ 917K #22 LM1971」の2倍・・・オートアート製(1/18スケール)より高いじゃん (-_-;)
発売情報不足で出遅れた人同士の競争率が高く、生産数も少ないから、先週のヤフオクで「2万円台半ば(さらに定価約2倍!)」落札も見受けられました。
あ〜〜、オトロシやぁ〜〜 (>_<)





その他の話題はインデックス・ページへ




栄光のル・マン [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2008-06-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
moonwalkerさん、今晩は。
この車の記事を見つけたので書き込みさせて頂きます。
最近発売になった実際のレース仕様と、このマックイーンコレクションの違いが気になったので、見比べてみたのですが、かなり違っていますね。

1.ガルフ・カラーの色味が濃くなった(ブルー、オレンジとも)
2.カーナンバーの書体変更(より角張ったもの、特にゼロが顕著)
3.左右ドア及びリア上部のカーナンバーでは文字サイズが大きくなった
4.シートが黒から赤に
5.リアエンドのパーツがガルフブルーから金属色(無垢)へ
6.エグゾーストパイプの上部パーツ真ん中がシルバーから黒へ
7.リアのBOSCHロゴが無地から黄色地に
8.ライト縦2灯の間の補助灯にシルバー+クリアオレンジの着色追加
9.左右ドアノブ後方のカウルつなぎ目に丸いマークのデカール追加
10.前輪ホイール内にシルバーの着色追加

という具合で、moonwalkerさんが不満点として挙げられていたガルフカラーの色調は改善されていました。映画の映像を持っていないので、そちらとの比較はできませんが、こんなに違うものなんでしょうかね。
テルタイン
2010/05/17 22:54
こんばんは、テルタインさん。

詳細な比較情報ありがとうございます m( _ _ )m
1970年ル・マン出場モデルとの相違点、結構あるのに驚きました。
かなり改修変更受けてますね。
DVDでスタート前にマックィーンが「#20」に乗り込むシーンを確認したところ、シート色は赤くなく、「9.」は有りませんでした。「5.」のフラップ塗装有無については、多分実車では応急処置的にステンレス板を追加したのが正解だと推測されますが、映画撮影用のマシンは・・・?
まあ、実レースと撮影用後撮りした映像がミックスされた映画の“架空マシン”モデルですから、鷹揚に理解したいと思います。

ただ、近々記事UP予定の「Steve McQueen Collection 03/Porsche 917K #21 "Movie Le Mans"Checker Flag」は、ご指摘頂いた改修モデル・ベースのようです。
moonwalker
2010/05/18 02:13
こんばんは、テルタインさん。
DVD確認の補足訂正です。

シート色ですが、やはり黒でなく暗い色調の“エンジ”に見えました。
「5.」のリア・フラップはやはり「#21」「#22」同様の金属板無塗装でした。
以上です。
moonwalker
2010/05/19 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ポルシェ 917K #20 "Movie Le Mans"」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる