メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS GT500「MOTUL AUTECH GT-R #1 2009 本戦仕様」EBBRO 1/43

<<   作成日時 : 2009/08/09 00:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2


エブロさん恒例“手違い(修正?)”で、テストカーより先に6月発売されたNISMO「本戦仕様」モデル。
前回記事「#1 2009 岡山テストカー」製品番号より後の連番ですから、発売順序明らかに逆です。
さて、ここで問題。
1戦毎微妙に変化するスーパーGT(SGT)参戦マシンですが、このモデルは一体何戦仕様?(^_^;)

MOTUL AUTECH GT-R #1
Satoshi Motoyama - Benoit Treluyer
2009 SUPER GT 500
1/43 EBBRO 44172





最近のレーシングカー・モデル殆んどが、ピンポイント参戦レースorテスト仕様明記して発売されます。
現代の、レース毎に細かな変更加えられるシビアな空力対策考えれば当たり前な話で、それを明記しない方が謎を呼ぶでしょう。
で、この製品、GT-R多種類発売で儲け稼ぐエブロさんにしては珍しく、パッケージ・台座とも仕様表示なく不明です。

テストカーでは無かった「ルーフ・ダクト」と、フロント・フェンダー両端スリット状「エア・アウトレット」、そしてリア・フェンダー形状が大きなヒント?
発売時期(6月下旬)考えると、多分、5月4日決勝「Rd.3 富士 GT 400km」リミット?遅すぎる?間に合わない?


今のところ、NISMO・HP公表されてるルーフ形状は3タイプあります。
今回のモデルは「開口部が小さいルーフダクト」該当するようですが・・・頭頂部をもう少し潰し気味、フラットに再現して欲しかった。


ロング・ストレート対策“富士仕様”は、リア・フェンダー形状が“ノーマル”と大きく異なります。

さらに“富士仕様”は、フロント・フェンダー両端スリット状「エア・アウトレット」存在しない“ツルツルほっぺ顔”です。


以上、フロント・フェンダー「エア・アウトレット」とリア・フェンダー形状から、このモデルは“ノーマル仕様”であり、「Rd.3 富士 GT 400km」“富士仕様”除外されます。
また、「Rd.1 岡山 GT 300km」はダクトなし「ノーマル・ルーフ」なので、消去法により「Rd.2 鈴鹿 2&4」仕様推定されます。もちろん、鈴鹿では「開口部が小さいルーフダクト」装着してました。

「Rd.2 鈴鹿 2&4」では、ポールから飛び出した「#1」がトップをキープしたものの、トレルイエ選手ドライブ中の残りわずか7周、タイヤトラブル発生してズルズル後退・・・何とか4番手ゴールしたのも束の間、他車との接触ペナルティにより降格、結局11位ノーポイントで終わりました。
この結果じゃ、エブロさん製品名に明記し辛かった?かも (^^ゞ



ここで、SGT「R35 GT-R」NISMOチーム・マシン、08年型と09年型違いおさらい。

丸囲部分が注目ポイント。



左「MOTUL AUTECH GT-R #1 2009」。右「XANAVI NISMO GT-R #23 2008」。
すいません、比較対照2008年モデルに、カナード無い「Rd.9 富士 300km」仕様チョイスしてしまいました m( _ _ )m

フロント・フェンダーのカナード禁止により09年“ノーマル仕様”ではスリット状エア・アウトレット設けられ、ボンネット上の“こぶ”が無くなり平滑化されました。
分かり難いですが、フロント・リップスポイラーも小型化されてます。


実車エンジンルーム画像。

「1」 エアボックスが効率を下げぬよう薄型化され、ボンネットの“こぶ”解消しました。
「2」 並行して延びる2本のテーパ状エアリストリクターは、吸気部分で口径28.3mm(×2)制限を受けています。

ちなみに、09規定フルクリアする「SC430」は、大径の29.1mm(×2)エアリストリクターが許され、大量の空気流入必要な高回転域(つまり最高速度)で有利となります。



左「MOTUL AUTECH GT-R #1 2009」。右「XANAVI NISMO GT-R #23 2008」。

リア・ウイングの後部オーバーハング認められなくなり、若干小型化され、ボディ後端まで前進してハイマウント。

リア・フェンダー上面も、09型では路面とほぼ水平に延ばされてます。



8月9日現在、「#1」は開幕2戦連続ノーポイントが嘘のように5戦終了して2勝挙げ、定位置とも言えるポイントランキング首位に躍り出ました。
次戦は8月23日決勝を迎える、伝統の“真夏の祭典”「第38回 インターナショナル・ポッカ・サマースペシャル(旧通称名 ポッカ・鈴鹿1000km)」です。
今年から700kmに短縮されても、各メーカー耐久性能試されるシリーズ最長重要レース変わりありませんが、なんと、予選一発タイムで本山選手に勝るトレルイエ選手、「GTAドライビング・モラルハザード防止制度」累積点により出場停止処分!
「#1」エントリー・リストは、本山哲/ミハエル・クルム(クルム・伊達公子さんのダンナ)組となっており、今年からFIA-GT初参戦中「R35 GT-R」で奮闘するクルム選手には、是非、鈴鹿でも頑張って貰いたいと願います。

最後にモデルですが、「#1 2009 岡山テストカー」同様、私は造形・塗装・品質共“価格なり(4千円で予約購入)”満足行く出来だと思います。
幸運にも、連続“当り”個体引けたんでしょうか?

今後、当然のことながら「富士 ロー・ダウン・フォース仕様」etc、「#1」だけでもヴァリエーション展開続くと予想・・・日々節約、貯金しなくちゃ (-_-;)





その他の話題はインデックス・ページへ



SUPER GT 2009 ROUND2 鈴鹿サーキット [DVD]
東宝
2009-06-26
スポーツ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
moonwalkerさん
こんにちわ。
またまた、感嘆の声を出しまくりのブログでした。
2008年のマシンとの比較、勉強になります。
どちらが好きですか?
僕は見慣れたからかもですが、2009年モデルにぞっこんです(死後)。
言われて初めて気付いたボンネットの形状がイイですね!
あと価格、ぼくもこの出来でこの値段なら「有り」だと思ったりしてます。
(これ以上の値上げは厳しいです)
前回記事の2009年テストのモデルもカッコ良いですね。
また影響されて欲しくなってます(ここは我慢です)。

最後に。
遅くなりましたが、リンクを貼って頂きありがとうございます!!
今後とも宜しくお願いします。
kenken
2009/08/10 17:47
こんばんは、kenkenさん。

>どちらが好きですか?
私も2009年型GT-Rのバランス良いスタイルが好みです。
案の定、SGT「Rd.7 富士 300km」限定販売される「エブロ富士限定セット GTセット NISSAN」で#1の富士(L.D.F.)仕様出ますね。
単品発売先行するかも?待ち遠しいです (^^♪

遅れて申し訳ありませんでしたが、トップページMCでスペース広げ、微力ながら7月末からお世話になってる方々リンク追加させて頂きました。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します m( _ _ )m
moonwalker
2009/08/11 00:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GT500「MOTUL AUTECH GT-R #1 2009 本戦仕様」EBBRO 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる