メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS F1 1987「ロータス 99T/ホンダ #12 アイルトン・セナ」MINICHAMPS 1/43

<<   作成日時 : 2010/01/09 00:38   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


実はブログUPするタイミング計れないほど順番混乱。それじゃあ、前記事「黄色」繋がりF1モデルカー登場。
ミニチャンプスさん企画「セナ没後15年アニバーサリーモデル」は、数モデル同時発表(予約開始)した内とりあえず1台だけ昨年11月発売されました。

LOTUS 99T/HONDA RA167E
#12 Ayrton Senna
1987 
1/43 MINICHAMPS/AYRTON SENNA RACING CAR COLECTION 540-431502
"Commemorative edition of the 15 years of Institute Ayrton Senna"
Limited Edition 6,624pcs.




スリーブケースは、まんま見慣れた「アイルトン・セナ レーシングカー・コレクション」シリーズ。

問題(?)は、今回「セナ没後15年アニバーサリーモデル」専用台座カバーに描かれる“セナ財団マスコット”イラスト!
個人的に、このセンス断固いただけません。企画趣旨に反して軽すぎる。
さらに、この台座カバーには致命的エラーが・・・。




台座カバーの件、お手数掛けますが一番下画像・右下部分ご覧ください。
マシン名「Lotus 99T Honda」はずが、なんと「Lotus 99T Renault」表記の大エラー!
ホンダとルノーじゃエライ違いやおまへんか?!
いかにミニチャンプス(PMA製)であろうと、この手の間違い“時々”あり得ます。
しかしなぁ、顧客サービス長けた京商さんなら、プロパー商品でなくとも「訂正用シール」無料配布すると思ったんですが、今回それは一切ナシ (-_-;)
以後同じ過ち繰り返さない事願いつつ、寛大なオトナは我慢しましょう。

新規金型の儚い夢破れ、ハッキリ言ってモデルの出来はユルユル“二世代前”です。
確かに元々スリムなマシンじゃありませんが、ボッテリ感強すぎ。前期型モデル化?
理由は多々あれど、原因大半はノーズ廻りに集約されると思います。
ダイキャスト一体成型のフロント・ウイング、今の基準じゃダメでしょ (^_^;)
実車のボディ・カウル自体FRP製ですから、繊細な薄さ求める前後ウイングは、ダイキャスト拘らずプラ製パーツ改変OKでしょう。今だに反対意見あるのかなぁ。
「6,624個」生産するなら、せめて金型改修・改善して欲しかった・・・旧金型再利用であの定価、ボッタクリです。


世界で一番権威と名誉あるF1レース「モナコGP」10戦6勝(!)“モナコ・マイスター”への道は、1987年「ロータス 99T/ホンダ」での初優勝からスタートします。
1.5L・V6・ターボ・エンジンを前年ルノー製からホンダ製へ換装、カラーリングも黒基調JPSから黄色いキャメル・カラーへガラリ変わりました。
そうそう、ホンダのオマケで中嶋悟がロータス入り(明確にセカンド・ドライバー待遇)したのも、この年(マシン)から。

“大食漢”ターボ・エンジンとレース中燃料給油禁止ルールがもたらす大型燃料タンク影響した特徴的「前進型コクピット」は、最新F1マシンと異なるシルエット生んでます。
フロント“プルロッド・サス”も、今のハイノーズ・マシンじゃ採用皆無。

F1初、実戦投入された“アクティヴ・サスペンション”試行錯誤の連続で、突如油圧抜けで底突したり、あるいは制御用CPU暴走でサス機能働かなくなったり・・・ドライバー命がけ甲斐なく、不調のままシーズン終了しました。
加えて、見た目どおり他車に劣る空力性能は、同じホンダ製エンジン搭載ウィリアムズ勢にストレートで置き去りされる始末。
それでも低速コース・市街地サーキットでは、セナ持ち前テクニックとホンダ・パワーの瞬発力炸裂!モナコ&アメリカ(デトロイト)GP連勝が、シーズンすべての勝利でした。
ちなみに、栄光の「チーム・ロータス(2010年新チーム、ロータスF1レーシング別)」最後の勝利が1987年アメリカGPです。



ここまで画像見てお気付きの方、そうです、このモデル“タバコ仕様デカール”貼り替え済み。
オトナの事情で「LOTUS」ロゴ仕様販売されますが、本来の「CAMEL」ロゴへ戻しました。
正直言うと、年末多忙で貼り替え作業する時間的余裕なかったので、今回初めて某ショップさんへ“邪道”加工依頼(デカール代込み3千円)しましたが、出来上がり大満足です (^^ゞ
デカール代込み2千円だったら毎回頼んじゃう!

自己満足の世界ですし、オリジナル逸脱リスクの賛否両論あると思いますが、今のところ“転売予定”ありませんので、末長く愛でたいと思います (*^_^*)





その他の話題はインデックス・ページへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

おお、意外と言いますか、これは押さえていたんですね(^^;
私も既に紹介済みですが、やっぱりフロント周りはモッサリというかズングリですよね…。残念!

しかしやっぱりCAMELマーキングの方がカッコイイ!
頑張って貼り替えようかな…。
ぬっぺほふ
URL
2010/01/09 00:57
こんばんは、ぬっぺほふさん。

>やっぱりフロント周りはモッサリというかズングリですよね
実車画像探すと、後期型は削られたと言うか、不思議と結構シャープに見えるんですよ (^_^;)
それより、旧金型もう十分償却してるはずで、いい加減、新金型移行して欲しいです。

>頑張って貼り替えようかな
正月気分のうちに是非実行しましょうよ!(^^)!
moonwalker
2010/01/09 01:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
F1 1987「ロータス 99T/ホンダ #12 アイルトン・セナ」MINICHAMPS 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる