メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ルーフ CTR 1987 “イエローバード”」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2010/02/28 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


“イエローバード”をご存知でしょうか?
フェラーリやランボルギーニに後塵を浴びせ、1980年代後半の世界最速ロードカーに君臨した「ポルシェ 911(Type 930)」ベースのコンプリート・カーです。
念願のスパーク製“そのものズバリ”モデルを、先日入手する機会に恵まれました。

RUF CTR "Yellow Bird"
1987
1/43 Spark Model S0702





拍子抜けするほど凄みを感じさせない“ナロー・ボディ”をシンプルに再現したレジン製モデルは、それこそが持てる造形技術の本領発揮と評価出来ます。
ノーマル「911/930」とは微妙に形状を異にする、空力重視の整形施されたリアウィンドウ周辺、特にレインドリップを省いた“背中”に対する違和感が、実車記憶を蘇えらせました。

単に発売済み「911/930」既成品の、前後バンパー・スポイラー&フェンダー修正して黄色く塗るだけでなく、ルーフ(屋根)ラインやヘッドライト・レンズ形状まで実車再現性追及するスパークさんの仕事振り、本気を感じます (^_^)v


1987年にアメリカで行われた著名自動車雑誌「ロード&トラック」の最高速テストで事前予想を覆し、「フェラーリ 288GTO」「ポルシェ 959」など錚々たる超弩級スポーツカーを凌ぐ、最速レコード「339,9km/h」を叩き出したのが「ルーフ CTR」でした。
最高速を稼ぐのに不利なワイド・ボディの「911 ターボ」でなく、スリムな「911 カレラ」をベースにボディ・パネルを軽量なアルミに変更。その上で、必要最小限オーバー・フェンダーにする凝った手法を取り、前述した空気抵抗低減の為の各種フラッシュ・サーフェス化を施しました。非常にスムーズな形状が特徴のバンパー・スポイラーはFRP製です。
一方、エンジンは「911 ターボ」用水平対向6気筒・SOHC・3.2Lをボアアップして3.4Lへ排気量拡大、インタークーラー付ツイン・ターボと組み合わせ、469馬力以上(一説には520馬力!)のパワーを絞り出したそうです。

“イエローバード”の由来は、アメリカを代表する自動車雑誌「ロード&トラック」のテスターが、
「曇り空と黄色いボディカラーのCTRがあまりに対照的だったから」
そう呼んだのが始まりとされます。



さらに“イエローバード”は、1988年にナルド・サーキット(イタリア)で「342km/h」へ記録更新、伝説のクルマへ昇華しました。
現在、最高速度400km/h超を謳う“市販車”も存在しますが、20年以上前に達成された快挙の価値は不変でしょう。
スパーク製「CTR イエローバード」もショップでは入手し難い状況ですが、ヤフオク等で見掛けたならば、是非ポチッとコレクションされては如何ですか?

ドイツ連邦運輸局に認められ、VDA(ドイツ自動車工業会)に加盟する自動車メーカーでもある「RUF(ルーフ)」の最新作、「CTR3」もカッコイイです (*^_^*)





その他の話題はインデックス・ページへ



1/43 RUF CTR Sport 87 イエロー (S0738)
スパーク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



1/43 RUF CTR3 07 シルバー (S0714)
スパーク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ルーフ CTR 1987 “イエローバード”」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる