メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「NISSAN FAIRLADY 280Z-T/S130 1980」EBBRO 1/43

<<   作成日時 : 2011/02/14 00:22   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6


超弩級フェラーリの次に「フェアレディZ」・・・自画自賛のアン・バランス感覚 !(^^)!
諦めていた絶版完売モデルが先月突然、大阪の「モデルガレージ・ロム」さんからネット蔵出しされた一瞬を見逃さずにゲットしました。
2代目Z「S130型」、黒銀ツートンに塗り分けられた「マンハッタン・カラー」のエブロ製モデル。




アメリカを中心に急激に厳しさを増した排ガス規制や衝突安全基準の影響で、初代Zに比べ肥大したボディ・スタイルが日本ではイマイチ(?)感のある「S130」ですが、私は大好きです。自分も乗ってました (*^_^*)
生憎このモデルカーを買い逃していた為、以前から小まめにリーズナブルな物件を探してました。

艶ありブラックは当然、シルバーの色味も合格点な塗装がまずはキモ。
独特なフロント廻り、アイアンを樹脂で覆うバンパーの表現、Tバールーフ、意外に個性的なクウォーター・ウィンドウ形状、そしてZ独特のリア・スタイルなどが絶妙なデフォルメで造形されたクオリティは、手にとって見る者に与える視覚的満足度の高いモデルと言えるでしょう。

エブロ製ダイキャスト・モデルは素材が醸し出す重量感を上手く活用して、ダイナミックに実車を再現してます。
パーツの接合など部分的に粗さはありますが、全体としての勢いと言うか、製品からのオーラ(存在感)は最新作を凌ぐものを感じるのはどうした訳でしょう?
それは多分、作る側に迷いがなく、日本最高のモデルカーを目指して製品化する気概に溢れた、幸福な時期のエブロだったからだと思います。
チマチマとスケール(縮尺)順守にこだわるだけの(そのように感じる)エブロ製最新モデルカーたちには、残念ながら殆んど魅力を感じません。


初代「S30型」Zのイメージを踏襲した「S130型」は1978年8月デヴュー。
日本初のガラス・ルーフ「Tバー・ルーフ」装備と、国内向けS30型で叶わぬ夢だった2Lオーバー「L28型」SOHC・直列6気筒・2.8L・エンジン(155馬力/JISグロス)搭載モデルがラインナップに加わりました。
その両方を併せ持つトップ・モデルが「280Z-T T-BAR ROOF」です。
当時、高校時代からの悪友「A氏」が20代前半、若造の分際で乗り回してました・・・(^_^.)

S130で特筆すべきもう一点は、対米輸出仕様で好評を博した2トーン・カラー塗装の導入。
シルバーのボンネット以外を黒or青に塗り分ける通称“マンハッタン・カラー(マンハッタン・トーニング)”と呼ばれた仕様(モデル末期には黒ボンネット/銀ボディの逆転パターンも追加)があり、中でも人気は銀ボンネット/黒ボディの組み合わせでした。
日本経済が高度成長の果てに迎えるバブルの足音を聞きながら、アメリカ社会に追いつき追い越せの気負いがみなぎる時代、マンハッタンのネーミングはひどくグローバルな気分に酔わせてくれました。



色褪せ始めたアルバムから、昔の愛車の写真をスキャンしました。
A氏の280Z購入から数年、私はマイナー・チェンジ後のS130後期型「Z-T」オーナーになりました。
A氏からは“真似っ子”と疎まれた記憶が微かにありますが・・・別に気にしませんでした。
だって、2シーターのマンハッタン・カラーがどうしても欲しかったんだもん (^_^)v

ベースは2L「L20型(125馬力/JISグロス)」エンジン搭載のノーマル・ルーフで、一応フル装備仕様の「Z-T」です。
2トーン・カラーは「T」だけの専用オプション。
ノーマル・ルーフを選択した理由は、ボディ剛性と雨漏りが心配だったから・・・事実、次のZ31型でTバー・ルーフからの雨漏りに悩まされました。
モデルカーでもある前期型との相違点は、前後バンパーの全面樹脂整形化、ボンネット・スリットの形状変更(縦スリットから横スリット・ボンネット同色化)&NACA型ターボ・ダクト追加、リア・コンビランプ形状など、実は細部にかなりの変更を受けています。

何故か輸出仕様に憧れ、当時は横浜の三ツ沢にあった「ジャパン・ダットサン・サービス」に通い、ライト・カバー、“リスの前歯”のように無粋なナンバーを移動するフロント・ライセンスプレート・コンヴァージョン・キット、ロングノーズをより強調する輸出用Rhd電動ドアミラー、リア・“DATSUN”ガーニッシュ&ライセンスプレート・コンヴァージョン・キット等を取り付けています。
リア・スポイラーは、懐かしの“Zの柳田”「セントラル20」オリジナルです。
足回りは吊るしの14インチ・70扁平タイヤ(確か195?)から、ホシノ・インパル製メッシュ・ホイール+ポテンザの15インチ60扁平タイヤ(205)にインチアップしてますが、この後、当時「ポルシェ・ターボ・サイズ(前205/後225)」と呼ばれた15インチ50扁平「ピレリ・P7(元祖)」とビルシュタイン製ダンパーをセットで換装、フェンダー・アーチとの干渉に苦労させられました。

今から30年近く前にしては、結構まともなセンスでドレスアップしてませんか?
エンジンは最期までド・ノーマルだったので、抜群に遅かったです (^_^;)



期待に違わず、元オーナーが諸手を挙げて喜べるモデルです。内装も良く雰囲気を捉え再現されてます。
繰り返し書きますが、最近のエブロ製品でこんな満足感味わえる製品を知りません。
もっと真剣に低コストでシンプルな、モデルカーの基本(デフォルメ&見栄え)に徹した戦略を練り直して欲しい (^_-)-☆

NISSAN FAIRLADY 280Z-T T-BAR ROOF S130
1980 Silver/Black "Manhattan color"
1/43 EBBRO 417






その他の話題はインデックス・ページから



フェアレディZ―ニッサン (CAR GRAPHIC選集)
二玄社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェアレディZ―ニッサン (CAR GRAPHIC選集) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



フェアレディZストーリー―DATSUN SP/SR&Z (Motor Sports Books)
三樹書房
片山 豊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェアレディZストーリー―DATSUN SP/SR&Z (Motor Sports Books) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
moonwalkerさん こんばんは。
更新首を長くして待ってました(^^)

面白いですね〜実車とモデルカーへの思いの対比。
本当に本を読んでいる感覚で、のめり込みました。
実車の「Z」カッコ良いです(^o^)
歌、本、映画、服、モデルカー、女性、世のオヤジ等々
本当に良いものは何年経っても色褪せないですよね。
実車の「Z」を見て改めて感じました。

エ○ロさんに対する辛らつなコメント、的確ですね〜(^^)
「あーなるほど」「そうそう」と頷いてばかりです。
私も同社のモデルカーの購入台数激減です。
有能な社員が抜けたのか、担当者加齢によるピンボケか。
モデル表現力の低下、箱デザイン性の悪化、
一言で言うと「ダサい」というトコに落ち着く気がします。
買いたくなるようなモノを今年は期待したいです(^o^)



kenken
URL
2011/02/14 18:26
moonwalkerさん、今晩は。
久し振りの更新ですが、この「フェアレディZ」は良い感じですね。非常に懐かしいです(遠い目)。Tバールーフのこいつと言えば、スーパーZですね。
自分はトミカ以外のフェアレディZのミニカーを何故か持っていないのですが、やはりS30型かS130型が欲しいと思います。
エブロ製品で最近購入したのはダットサン17型セダンですが、この後、トラック、フェートン、ロードスターと発売予定なので、パーツが共通化されてしまって、日産で保管されている実車と比べるとバンパー形状やミラーの有無等、細かい部分の再現が省略されているのがちょっと残念です。ミニカー自体は可愛くて良い感じなんですが・・・。同じ1938年式の770Kグローサーメルセデスと比べると、親亀と子亀くらい大きさに差があります。
「model cars」の社長のコラム等を拝見すると自画自賛されていますが、最近のエブロは外箱もチープな感じになったし、もう少し頑張って欲しいですね。
テルタイン
2011/02/15 00:15
こんばんは、kenkenさん。

>実車の「Z」カッコ良いです
いやぁ〜、嬉しいなぁ〜 (^^♪
実は私も、褒められて伸びるタイプなんです。

>買いたくなるようなモノを今年は期待したいです
一向に改善しない不景気を逆風に、中途半端な製品展開を続けるエブロ離れがかなり深刻化しているようですね。
限られた個人予算(お小遣い)の配分を考えれば、いっそうの選択と集中が必要な警鐘として、kenkenさんのブログを拝見してます。
でも、欲しいモノは無理して買っちゃうんですよね (T_T)
moonwalker
2011/02/15 01:20
こんばんは、テルタインさん。

>Tバールーフのこいつと言えば、スーパーZ
西部警察に登場した、2by2ベースの“ガル・ウィング・ドア”に改造されたゴールド/ブラック・ツートンのアレですね (*^_^*)
確かアオシマさんが1/43・スケールでモデル化してましたよね?
すいません、あまり興味なくて・・・。

>ダットサン17型セダン
細部がそんな残念なことになってるとは知りませんでした!
(-_-;)
木谷さんの意向を反映した(と、思いたい)貴重な製品ラインナップは認めますが、完成品の出来栄えにはかつての志が感じられなくなりました。
エブロさんの現状は、ユーザーからかなり乖離した状態に陥っているよう感じます。
moonwalker
2011/02/15 01:34
280Z AZも 大好きです!
−雰囲気が いいんですよね!
漫画『コブラ』の スペースカー…。
image 1980 だもんっ!

AZ家には ブルーのマンハッタンが います。
いつか 近未来 の イメージを撮ってみたいな。。。
AZ
2011/02/18 00:31
こんばんは、AZさん。

>AZ家には ブルーのマンハッタンが います
ブルーのツートンも綺麗ですよね〜 (*^_^*)
AZさんのブログ記事更新楽しみにしてます
moonwalker
2011/02/18 19:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「NISSAN FAIRLADY 280Z-T/S130 1980」EBBRO 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる