メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS LeMans 2010「Ford GT #60 "MATECH"」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2011/02/19 20:28   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6


年明け早々1月発売されたスパーク/ミニマックス製レジンキャスト・モデルは、予算の都合上まったく購入対象外だった筈なのに、妖しいブルーメタリックの輝きに魅せられ一発KOされちゃいました。
レーシング仕様の一段と平べったく獰猛なスタイル、ホント癖になりそう (^_^;)




ワイパー、アンテナ、そしてリアウイング・ステー・・・繊細なパーツを組み付ける中国人労働者(多分、パートのオバさんたち)の凄技を侮れません。
もちろん、過去に製造上の失敗作も多数遭遇実体験してますが、良個体に当たれば満足度はかなり高いのも事実。
そこが未だスパーク/ミニマックス製品に付き纏う良さと怖さの表裏一体、定まり切らぬブランド評価の実態でしょう。

例によってデカール貼りを駆使したマーキング仕事ですが、ブルーメタリックと鮮明なコントラストを描くホワイト、フロント&リアのセンター部分は微妙に盛り上がる塗装仕上げのようです。
境界部分に沿って貼られるシルバー・ラインのステッカー、実に細かい作業に感服しましたが、これってホワイト部分との一体デカール・パーツなんでしょうか?
それにしても、ブルーメタリックの色調と発色は素晴らしいクオリティだと思います。

実車の低く構える精悍なスタイルを再現して、ベタベタに落とされたシャコタン・デフォルメやボリューム感たっぷりに演出された造形は、非常に満足行く出来栄えです。
前述したリアウイング廻りは、ステー薄板の複雑な形状再現に止まらず、スリットを持つ分割二枚ウイングへの見事なデカール貼り技術など、見飽きることがありません。
反面、一見繊細に見えるホイールや足廻りの意外に凡庸な造形、エンジンルーム視界の1/3を占めるサージタンクの雑な表現&彩色など、幾つか嘆息する箇所もあります。

それでも総体的評価として十分合格ラインに値する、値頃な価格も魅力のお買い得モデルだと思います。


フォード100周年記念事業の一環として、1960年代後半のル・マン24時間レースで活躍した「フォード GT40」復活企画から誕生した「フォード GT」は、2005年〜2006年に限定生産されました。詳しい経緯は過去記事「フォード GT 2006」をご覧ください。
その「フォード GT」をベースにレーシングカー開発したのがスイスに本拠を置く「matech-concepts」。
2010年は「FIA-GT GT1世界選手権」を主戦場(優勝2回)にした一方、ドライバーも含めほぼ同一マシンのチーム体制で、ル・マン24時間レース「LMGT1」クラスにも参戦しました。

フォードの全面協力で「matech-concepts」が開発した「FIA-GT GT1」仕様は、市販車の5L・V8・DOHC・スーパーチャージド・エンジン(550馬力)を5.3L・V8・DOHC「Ford Cammer」エンジン(無過給・公称560馬力)に換装、軽量高剛性なハイブリッド・アルミニウム・フレームと、拡幅したフェンダー&大型ディフューザーで戦闘力UPしたボディが特徴です。

2010年ル・マン24時間レースに参戦した「#60」は、171周走行して総合41位/クラス5位(但し、総合上位入賞下位カテゴリー車多数あり)の戦績でした。
僚車のサイドミラーが識別用に赤く塗られた「#61」は、火災により59周でリタイヤしています。
決勝レースが60分スプリントで行われる「FIA-GT GT1世界選手権」用にチューンされたマシンですから、24時間レースを戦うには、過去に製作経験のあるGT3仕様で参戦すべきだったかも知れません。



ル・マンとは関係ありませんが、これと同型(同一)マシン相手に「FIA-GT GT1世界選手権」でガチに競り合うのが「NISSAN GT-R」・・・CS放送「J SPORTS」でレース映像を観るたび思うのは、これが同じ「GT1」なのか?と言う疑問。
だって、併走する「フォード GT」のルーフが「NISSAN GT-R」のボンネットと同じ高さなんだもん (-_-;)
まあ、それは、GT-Rのライバルすべてに対して同様なんですけど。

レース運営部門の「Matech Competition」から2011年「FIA-GT GT1世界選手権」撤退のコメント出てますが、この素敵なカラーリング、もう見られないかも。

Ford GT "MATECH" Matech Competition
#60 Thomas Mutsch/Romain Grosjean/Jonathan Hirschi
2010 Le Mans 24h
1/43 Spark/MINIMAX S2574






その他の話題はインデックス・ページから









スパークモデル 1/43スケール フォード GT マテック・レーシング No.60/2010 ルマン
ミニカーとF1の店FORZA
■2011/01/17入荷 modelcar■ディスプレイケースはこちらから


楽天市場 by スパークモデル 1/43スケール フォード GT マテック・レーシング No.60/2010 ルマン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

待ってましたFord GT LM!
この深みのあるブルーメタリック+ホワイトストライプが最高にCOOL!
私は完全にカラーリングに惹かれて購入してしまいました(^^ゞ
そしてその勢いであのhpi製Ford GTをポチったというのは…ココだけのお話です!?

とにもかくにも、モデルの魅力がビンビンに伝わる写真の数々、堪能させていただきました(^^♪
ぬっぺほふ
URL
2011/02/19 23:26
moonwalkerさん こんばんは。
良いですね〜FORD GTのル・マン仕様。
カッコ良すぎです(^^)
実車はメチャクチャ燃費が悪いみたいですね。
BSフジのTop Gearでフェラーリ430とパガーニ・ゾンダと比べてました。

そうなんですよね〜。
GT-RのFIA GT1 Ver.不格好ですよね〜(ToT)
今年からJ-SPORTSの加入を見合わせようかと悩んでます。
kenken
URL
2011/02/19 23:35
こんばんは、ぬっぺほふさん。

そろそろ、そちらのブログで先に記事UPされると思ってました (^^ゞ
ストック画像を記事化する順番がシッチャカメッチャカ状態なんですが、そうです、すべて自己管理出来ない私の責任です。

>完全にカラーリングに惹かれて購入してしまいました
まったく同感!これは見ちゃったら絶対ダメです (T_T)

>その勢いであのhpi製Ford GTをポチった
私は何とか踏み止まりました・・・今のところ (^_^;)
moonwalker
2011/02/20 01:24
こんばんは、kenkenさん。

>BSフジのTop Gearで
私もしばらく前まで見てました。面白い(=バカバカしい)企画を懲りずにやりますよねぇ〜 (^^♪
BBC製作と言うことは、日本で言えば天下の「NHK」が作ってる事ですよね?
日本じゃ絶対あり得ない番組だぁ (-_-;)

>今年からJ-SPORTSの加入を見合わせようかと
同じこと考えてます!
でも、CTVの基本セット・チャンネルだから外せない・・・(T_T)
moonwalker
2011/02/20 01:33
moonwalkerさん、今晩は。
深みのあるブルーメタリックの発色が何とも言えないですね。
mooonwalerさんの撮影技術に依るところも大きいと思いますが、抑えた感じのメタリック表現が素晴らしい一品です。自分もhpi製やこのモデルようなブルーメタリック+ホワイトストライプのFord GTが欲しいとは思っていますが、なかなか辿り着けません(今のところ以前moonwalerさんのところで紹介されていたPMA製Gulfカラーのみ)。
テルタイン
2011/02/20 21:37
こんばんは、テルタインさん。

このカラーリングはフォードGTに映えます (^^♪
それにしても、マテックの今季GT1撤退は残念・・・でも、GT3復帰するから、いずれスーパーGT300クラスに登場する可能性ありますね。
moonwalker
2011/02/21 00:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LeMans 2010「Ford GT #60 "MATECH"」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる