メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS LeMans 1964「Jaguar E-type L.W. #16」Spark 1/43

<<   作成日時 : 2012/09/12 00:28   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4


空力の怪物化した現代のル・マン参戦マシンとは、言わば対極にある「ジャガー Eタイプ」のピュアなカッコ良さ (^^♪
ジャガー・ワークスのル・マン撤退後も、総合優勝を狙える存在として、少数精鋭プライヴェーターに供給されたスペシャル・マシンは、昨年12月発売のSpark/MINIMAX製レジンキャスト・モデル。




抑揚を効かせたレジンキャストのシルバー・ボディに、緻密に施されたモールディングと、効果的に映える墨入れ・・・たとえ、定価9,800円に設定しても、十分見合う内容と価値を持つクオリティ&完成度です。
当たりハズレ落差が大きいと、巷で評判のスパーク製品ですが、ごく稀に放つ、宝くじ並の特大ホームランは魅力。

まず大前提として、素晴らしい基本造形が成されています。
Eタイプ、そのレーシングカーとして思い描くスタイルを、1ミリの狂いなく再現したと言ったら、言い過ぎでしょうか?
夜間走行用にビルトイン装備された補助灯はまったく違和感無いし、深リムのリア・ホイールと極太レーシング・タイヤからは、遥良き時代の匂い漂う気がします。

相変わらずルーバー/スリットの類は抜けていませんが、ボンネットのバグ・スクリーンやトランク・フードのガソリン給油口、ゼッケン照明灯など“小物”も省略せずに再現され、ややオーバースケール気味な“リベット跡”すら、格好のアクセントに見えます。
運転席側“下げ状態”サンバイザーが、妙にリアル。

今回、出血大サービス?
大満足に破格なスパークさん大盤振る舞いは、噛みしめるまでもなく、良い味出てます (*^_^*)


ほとんどスポンサー・ステッカー貼られないアルミ製ボデイは、一見「プレゼンテーション」モデルと間違えそうなほど、クリーンかつシンプルすぎる (^^ゞ
ナンバー付と言うことは、もしや、自走して来た?
1964年ル・マン24時間レースに参戦したドイツ人コンビ(Peter Lindner/Peter Nocker)操る「#16 Jaguar E-type Lightweight」は、スタート後16時間経過した149周目、ヘッド・ガスケット吹き抜けトラブルでリタイヤしました。

当時のライバルは、名車の誉れ高い「フェラーリ 250 GTO」。
3L・SOHC・V12エンジンの「250 GTO」に対して、3.8L・DOHC・直列6気筒「XK型」エンジンを積む「Eタイプ」がスペックで上回りながら、実際には歯が立ちませんでした。
ジャガーの対抗手段は、エンジン・ブロックとボディのアルミ化による大幅な軽量化と、ルーカス社製機械式インジェクション導入のパワーアップ。
1963年から実戦投入された12台の「ライトウェイト」仕様マシンは、920kgまで車重をそぎ落とすことに成功しましたが、レースでは、操縦性や走行安定性に優れる「250 GTO」に惨敗しました。

2座席ロードスターにデタッチャブル・トップを被せる、通常のEタイプ・レーシングカー同様の単なる「ライトウェイト」と異なり、ドイツのジャガー・ディーラー経営者兼ドライバー“ペーター・リンドナー”の依頼で製造された通称“リンドナー・クーペ”は、Eタイプの開発に係わった元航空技師マルコム・セイヤー自らライトウェイト・ベースにリデザイン、ルーフからテールエンドまでなだらかな空力形状を持つ「ロードラッグ・クーペ」に発展しました。1964年ル・マン参戦した本モデルカー「#16」が、該当します。
手叩き加工されたアビィ・パネルズ社製アルミ・ボディ・パネルの組み付けは、高度なアルミ溶接の代用策として、無骨かつ特徴的な“リベット留め”された・・・ようです。



現在と違い、70年代以前のジャガーには、得も云われぬ雰囲気を感じます。
それは、存在感などと表現するより、オーラと呼んだ方が直感的に分かりやすいモノでした。
伝わらない、かなぁ・・・ (-_-;)

比較の意味で、近いうちに、最新(?)のレーシング・ビッグキャットも、ご紹介したいと存じます。

Jaguar E-type "Lightweight"
#16 Peter Lindner/Peter Nocker
1964 24H Le Mans
1/43 Spark/MINIMAX S2107






その他の話題はインデックス・ページから









【スパーク】【1/43】☆ジャガー Eタイプ #16 ル・マン 1963
モデルカーshop ブランドナンバー
【品番】 S2105【メーカー】 スパーク  【サイズ】 1/43【レース】 #16 ル・マン 19


楽天市場 by 【スパーク】【1/43】☆ジャガー Eタイプ #16 ル・マン 1963 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
シルバーボディーandレジン製^^
魅力的ですねえ!

手がでませ〜ん、ヨダレがでま〜す。
^^アハハ・・。
轟 仙次郎
2012/09/12 19:27
こんばんは、轟仙次郎さん。
お久しぶりです (*^_^*)

某ショップで予約購入しましたが、実売価格5千円少々でしたよ。
物凄くコストパフォーマンス高いモデルカーだと思います。
moonwalker
2012/09/12 22:13
moonwalkerさん、こんばんは。

自分は最初、このE-typeの良さが分かっていなかったようですが、以前、両親と四国自動車博物館に行った時、母親が「私はこのジャガーが一番好き」と言っていたのがようやく分かってきた気が(^^;
シリーズIが欲しくて探し、ファーストモデルのixoを購入しましたが、あれ箱がちょっと・・・。でもこの頃の車って、本当に美しいですね。このル・マン仕様も格好いい!(^o^)!
テルタイン
2012/09/17 23:59
こんにちは、テルタインさん。

E-typeの引き締まった曲線美、良いですよね。
お母様も、お目が高い (^_^;)

シンプルなシリーズ1も好きですが、私は、ゴージャスなシリーズ3の2+2クーペが大好物で、Aaのグリーンを入手しました。
moonwalker
2012/09/18 16:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LeMans 1964「Jaguar E-type L.W. #16」Spark 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる