メトロポリスの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「NISSAN FAIRLADY 240Z-G/HS30 RSワタナベ」Ignition 1/43

<<   作成日時 : 2014/08/06 02:55  

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0


全盛期のイチローでさえシーズン打率10割(全打席ヒット)は不可能なら、気鋭のイグニッション・モデルにも“失敗”はある・・・初の“残念賞”は、2014年5月発売「フェアレディ 240Z-G RSワタナベ仕様」レジンキャスト・モデル。




“顔”の違和感にアラーム発動!
多くのブロガーが、何故イグニッション・モデル製「フェアレディ 240Z-G/HS30」シリーズを手放しに賞賛するのか、私には理解不能な領域へ (-_-;)
悪い意味で、スマートな二枚目フェイスへのデフォルメが、“光るセンス”を曇らせたとしか云いようがない。

ピンポイントに、問題は2点。
ボンネット・フード前端からバンパーへ繋がる部分「Gノーズ」が“膨らみ感”に欠け、薄く尖り過ぎ。
視覚的に、延長部はややダルなデフォルメでバンパーに収束するくらいが、良い塩梅なのでは?
もうひとつ、手入れが行き届いた見目麗しい女性の薄い爪のようなヘッドライト・ハウジングの“浅い抉り”・・・まったく、らしくない形状。
うずらの卵のような、ライト側にもっと大胆に深く抉らなければ。
かくして、路上で見掛ける実車と異なる、ツンと澄ましたよそ行き顔の240Z-Gが誕生したのである。

“顔”に関してだけは、廉価なエブロ製ダイキャスト・モデルの方が、まだ実車イメージ掴んでると思う。
それでも、フロント・タイヤから後方の出来は文句無し・・・だからみんな目を瞑って、不満書かないのかなぁ?
人によって感性は違うし、私以外“些細なこと”なのかも知れない (^_^;)


俯瞰で見るかぎり何の不満も感じないベリーグッドな造形と、やはりな問題を再確認。

赤を購入しましたが、正直、素晴らしい「RSワタナベ・ホイール」に塗られたガンメタ単色との相性はイマイチ・・・足元が暗〜い印象で、ラリーorオフロード・カーのような雰囲気。
勝手に歴代Zと赤はテッパンと思い込んでましたが、どうやらGノーズとの組み合わせも間違いだったみたい。
白を選択していたら、もう少し気分が救われたかも・・・(T_T)

実車に関しては、実用車(大型セダン)以外で国産初の2L超・2シーター・スポーツカーであり、頑丈かつチューンナップに適したL型・6気筒エンジンの名声を加え、日本の自動車史に残るクルマと云えるでしょう。



上の画像だけ見たら、何の不満も見当たらない?写真映り、抜群に良いかも知れない (^^ゞ
いや、マジな話、このクオリティが定価1万円強クラス標準になると、他社の商品開発は間違い無く苦しい。

ヤフオクで早期処分も考えましたが、今後、イグニッション・モデル製「240Z-G/HS30」カスタム仕様の比較サンプルとして価値を認め、手元に保管することに。
その代わり、打ち止め決意したS30Zをもう一台、11月発売予定「ブルーメタ」予約・・・あれ、減らずに増える?

NISSAN FAIRLADY 240Z-G HS30/Red
RS-Watanabe Wheel EDITION
1/43 ignition model 0028



その他の話題はインデックス・ページへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「NISSAN FAIRLADY 240Z-G/HS30 RSワタナベ」Ignition 1/43 メトロポリスの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる